心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ始まった参議院選

<<   作成日時 : 2016/06/22 23:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

都知事問題は辞めたからと言ってもまだまだ終わりそうにないが、お金の無駄遣いは都議会議員にも大いにあって、まさにブーメラン現象。
都議選の候補者選びも各メディアでも騒いでいるが、どうなることか?決して人気投票にしてはならない。

それはそれとして、参議院選が始まった。
昨日は、テレビ朝日報道ステーションで党首討論を観ていたが、???があったりでこれから良く観て判断を間違えないようにしなくてはならない。

よく聞く言葉として「大切な一票だから無駄にならないよう、当選しそうな人へ投票する。せっかく投票しても落選したら一票も生きないからね」がある。
果たしてそうだろうかと私には疑問が残る。人気投票じゃないんだからね。人を観てこの人ならばと思える人にみんなが投票したら、世の中を変えられるのではないだろうか。


http://news.infoseek.co.jp/article/litera_4582/
『報ステ』党首討論で安倍首相が醜態! 終了1分遅れに逆ギレ、「改憲隠し」追及には唖然とする詭弁を連発
リテラ / 2016年6月22日 12時0分

 これがこの国の総理大臣なのか......そう深い溜息をつかずにはいられなかった。昨夜に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日)の9党党首討論での出来事に、だ。

 討論は生放送ではなく当日に事前収録されたものが放送されたのだが、その中身は安倍首相の独演会状態。なぜなら他党代表が話している最中に「簡潔に申し上げます」と言って安倍首相が割って入り、長々と言いたいことをまくし立てたからだ。

 しかも、番組の最後に民進党・岡田克也代表が、安倍首相の都合で党首討論が来週以降開かれないことに反発している最中に、安倍首相はイライラした様子で腕時計を指さし、こう声をあげた。

「ちょっと6時に出なきゃいけないんだよ、飛行機の問題があるから!」

 あれだけ「国民に丁寧に説明をする」と言っていたのに、この有り様。見苦しいにも程があるが、これにはさらに続きがある。時事通信によれば、安倍首相は収録後も「(収録は午後)6時までって言ったじゃないですか。びっしりなんですから、日程が」と司会者に詰め寄ったといい、朝日新聞も同様に〈首相は声を荒らげてさらに激しく抗議を続けた〉と報じている。しかも、収録が終わったのは当初の終了時刻である6時を約1分過ぎただけだった。

 人の話も聞かずさんざん喋り倒して、たった1分遅れただけで激昂し、司会者に抗議するって......。喋って長引かせたのはお前だろう、というより、その時間があるならさっさと空港に向かえばいいのに......。

 いまに始まった話ではないにしろ、大人としてあまりにも恥ずかしすぎる醜態を晒した安倍首相。テレビの前でウンザリした視聴者も多かっただろうと思うが、昨夜はそうした残念感のさらに上をゆく、はっきり言って有権者をバカにしているとしか思えない問題があらためて浮かび上がった。

 それは、安倍首相が選挙の争点からなんとか外そうと躍起になっている、憲法改正の問題だ。

 振り返るまでもなく、安倍首相はずっと憲法改正を「参院選の争点になる」と宣言してきた。たとえば、2014年の総選挙が終わるなり、「憲法改正は自民党の悲願であり、立党以来の目標だ」「憲法改正の必要性を訴えていく」と発言し、昨年、安保法制を強行採決した後も、早々に参院選で憲法改正を自民党の公約に掲げることを明言。今年に入ってからも1月の年頭記者会見で「(憲法改正を)参院選でしっかりと訴えていく。国民的な議論を深めていきたい」と息巻いていた。


http://news.infoseek.co.jp/article/litera_4582/?p=2
 それが、いざ参院選を目前にすると、憲法改正の話題を"封印"。街頭演説では憲法改正に一言もふれないという"争点隠し"を行っている。

 昨夜の『報ステ』では、この言行不一致の理由を富川悠太キャスターが安倍首相に質問。すると、安倍首相は、"演説時間は15分しかない"だの"経済政策も地域再生も一億総活躍社会も外交も訴えなきゃいけない"だのと言い訳を並べ、このように述べた。

「憲法改正しますって言ったって、それはあまりにもアバウトじゃないですか。ですから、そういうことには時間は割いていません」
「しかし、マニフェストのなかに書いてあります」

 アバウトだから時間は割かないと言うが、街頭演説ではたっぷりと時間を費やして野党批判に精を出しているではないか。しかも、自民党がマニフェストで憲法改正にふれているのは、いちばん最後、たったの10行だ。討論中に生活の党と山本太郎となかまたちの共同代表である山本太郎氏は「思い出していただきたい。昨年夏の安保法制、どのような方法で行われたか。マニフェストの最後のほう271番目にちょこんと書かれていただけでも、いちばん国会で時間を使ってそれを達成した」と指摘したが、まさにその通り。安倍首相は、選挙前は改憲の話に口をつぐんでいても、いざ議席を確保すれば「憲法改正は国民の信任を得ている」などと言い出すのは目に見えている。

 だが、安倍首相の屁理屈はまだまだつづいた。とくに失笑を禁じ得なかったのは、こんな詭弁だ。

「これ、ヘンな話なんですがね、憲法改正反対してる人たちが『安倍さん(改憲の話を街頭演説で)言うべきだ』と言うね。なんともこれ、逆転している現象が(笑)。ヘンなんです。ヘンだと思いませんか?」

 いや、全然ヘンじゃないんですが、という話である。そもそも、そうした批判があがるのは安倍首相が国民を目くらまししようと意図的に改憲の話題を避けているからであって、自民党改憲草案が示している人権の制限や個人の個性を否定する内容を隠したまま選挙を行うのは、国民への背信行為にほかならない。やましいことがないならはっきり話せばいいだけなのに、それを「ヘンな話ですね」と混ぜ返すのは、安倍首相お得意の"論点のすり替え"だ。

 さらに、である。安倍首相は憲法9条改正に手を付ける気でいるのかを問いただされると、「自民党は改正案をお示ししている」と言いながらも、つづけてこう話した。

「これまだ賛成してるのは我が党の議員だけですから。(改憲発議に必要な議席数)3分の2、はるか遠いですね? これはいまの段階では100%不可能ですし、我が党が参議院選挙で3分の2とるのも100%不可能ですし、自民党・公明で3分の2をとるのも、おそらくこれ100%不可能ですよ」


うん、うん、私も観ていて安倍首相の巧妙さに騙されてはならないよと強く感じた。ご用心ご用心だ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
予兆?
「いよいよ始まった参議院選」について 急激な温度上昇等々で体調がなかなか安定せず、今夏をどう乗り切るかは課題が大いに残る。きついなぁ… とはいえ、悩んではいない。ただただ坦々と、その場に応じて対処していく。決して無理はしないつもりだが、生活を維持していくために多少のがんばりは必要だ。簡単に寝たきり状態になるわけにはいかないものね。 ブログ更新もなかなか思うようにならないが、世の中は国内のみならず世界中で大変革の時を迎えているようだ。 ...続きを見る
心のまま大らかに
2016/07/03 22:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ始まった参議院選 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる