心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚きと理解不能

<<   作成日時 : 2015/11/07 00:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

木曜日は久しぶりに日常の買い物へ。店内がいつも以上に混雑していてなんで?と思ったがレジへ行って分かった。「5日は5%引き」。みんなカード決済でお買物と言うわけだ。私は曜日が決まっているので5の日に当たるのは滅多にないので、私にもラッキーな日であった。\(^o^)/

しかし、家に帰ってしばらくすると寒気がして微熱が出てきて、早めに休むことに。(>_<)


今日は誰も来ない日で、朝はスロースタート。ネットでニュースをチェックしていると、ちょっと嫌な感じの見出しに目がとまった。


http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_286280/?ptadid=4542434_T8J6dsUfS9jXT0
米国の“戦争屋”2人に旭日大綬章…安倍ポチ政権の恥知らず
日刊ゲンダイ / 2015年11月6日 9時26分
安倍政権
どこまでも対米従属(C)日刊ゲンダイ


 今年秋の叙勲受章者が3日に発表されたが、かつての勲一等、「旭日大綬章」の名簿に驚いた。受章した19人のうち日本人は7人。半数以上の12人が外国人だった。

 外国人の受章者数は過去最多。一番多いのは米国で5人が受章する。その面々にはさらに驚く。大義なきイラク戦争を主導したラムズフェルド元国防長官とアーミテージ元国務副長官にまで、日本は勲章を贈るのだ。

 2人への叙勲を推薦したのは外務省儀典官室。授章を決めた内閣府は、「戦後70年の節目ということで、戦後日本の平和と発展の重要な基盤を形成した日米関係の増進に大きな功績のあった方々を特に推薦した、と外務省から説明された」(賞勲局の担当者)と言うのだが、ちっともピンとこない。2人とも「日本の平和と発展の基盤を形成」するどころか、ぶっ壊してきたではないか。

 ラムズフェルドはイラク開戦直後から自衛隊に再三「イラクの治安維持」への参加を打診。日本政府に集団的自衛権の行使をたき付けた人物だし、日本を飼い慣らす「ジャパンハンドラー」として知られるアーミテージは、もっと露骨だ。

 9.11テロ以降、「ショウ・ザ・フラッグ」「ブーツ・オン・ザ・グラウンド」と恫喝し、日本政府に軍国化を迫ってきただけではない。3年前に公表した「第3次アーミテージ・リポート」では、日本の原発再稼働やTPP参加、特定秘密保護法の制定、武器輸出三原則の撤廃を要求。安倍政権は言われるがまま、実現してきた。

「安倍政権が強引に成立させた安保法制も、リポートの中身を実現させたものです。アーミテージは『集団的自衛の禁止が日米間の障害』などと断定的に記しています。今や自衛隊は米軍の下請けとなり、安倍政権も元請けのオバマ政権への従属を隠そうとしない。叙勲制度を利用してまで、米国にゴマをするとは、独立国としての誇りを完全に失っています」(政治評論家・森田実氏)

 かつて「集団レイプする人は、まだ元気があるからいい。正常に近い」とホザいた太田誠一元農相まで旭日大綬章を受章するご時世だ。いくら勲章の価値が落ちているとはいえ、戦争屋2人にくれてやる必要はない。




 2人への叙勲を推薦したのは外務省儀典官室。授章を決めた内閣府は、「戦後70年の節目ということで、戦後日本の平和と発展の重要な基盤を形成した日米関係の増進に大きな功績のあった方々を特に推薦した、と外務省から説明された」(賞勲局の担当者)と言うのだが、ちっともピンとこない。2人とも「日本の平和と発展の基盤を形成」するどころか、ぶっ壊してきたではないか。


( ̄〜 ̄;) ウーン 、私にも不可解。
今回の安保法制で戦争のできる国へ導いてくれたお礼のつもりなのだろうか???
この国は色々な面で劣化が進んでいる?


この記事で政治評論家・森田実氏のお名前が目にとまり、懐かしく思った。
こうした正統派?とも言える、まともな意見を言える人がメディアからもどんどん姿を消していったのはいつのころからだったろうか・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚きと理解不能 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる