心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 松飾り

<<   作成日時 : 2014/12/29 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もいよいよ押し詰まって、街中では〆縄や門松なども売られ始めていることでしょうね。
我が家でも夫が元気だったころは、大掃除をして松や南天の入った花を買ってお正月の準備をしました。

今年は、11月の半ば頃にお友達が玄関周りの掃除や台所の換気扇の掃除をしてくれたり、今月に入ってからはベランダ側のガラス磨きをしてもらったり、先週も風呂場の換気扇や排水口の掃除をしてもらったりと、少しずつ少しずつ、何人かの人の手を借りて、お正月に向けて準備をすることができた。
おかげさまで、窓の外が透き通るように見え、すっきりさわやかな気分を味わっている。やっぱり綺麗が一番。

今日は、やっと年賀状のあて名書きを始めることができた。印刷にしようかどうしようかと思ったが、今年は字が書けるようになってきた記念に、思い切って手書きにすることにした。書き始めてしまえばあて名書きは印刷より簡単だ。印刷の場合、はがきが詰まったりすると不自由な体にはちょっと厄介なのである。
あと10数枚残っているが、肩や鎖骨に疲れが出てきたので、無理をせず続きはまた明日にすることにした。

それで、このブログもお正月を迎えるべく背景を「松飾り」にした。
おせち料理はどうしようかといつも考えるのだが、介護サービスでは特別なものは作ってはいけないことになっているようで、「お煮しめ」なんてとんでもないことだ。

そこで、「お煮しめ」とは言わず、「筑前煮」とか「里芋の煮っ転がし」とか言って作ってもらうわけね。
「お雑煮」も作れないというので、では、味噌汁ではなく醤油味のおつゆを作って」と頼む。そして、トースターでお餅を焼いてその中に入れる。これって、普通、お雑煮って言うはずだけどお吸い物を作ったことでOKなわけ。
こういうおかしなことが介護保険制度ではまかり通っている不思議。

だから、毎年蒲鉾や伊達巻等々切って盛り付けるのも自分でやるわけ。なんか変だけど、嫌な思いをするくらいなら自分でする。出来なければ出来ないで良しなのだ。
それに、年末年始はヘルパーさんの人数も少なくなるので、元日は休みにしてひとりのんびり過ごすことにした。
さてさて、どうやってお雑煮作るかな?と。*^-^*

そうそう、今年の年越し蕎麦は、「どん兵衛 天ぷらそば」に決定だ。まあ何でも食べられれば良しである。
つけそばを食べたいところだけど、大みそかは寒そうだから体が暖まってよいかもね。*^-^*



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松飾り 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる