心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS なんだかサプライズ続き

<<   作成日時 : 2014/12/28 00:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

なんだかね、サンタさんが次から次とやってきて、私はひとりでわくわく、にこにこしています。
だから、やっぱり「クリぽっち」はいいものだ〜。\(^o^)/
一日遅れ、二日遅れでもプレゼントがいっぱいです。(物質だけではありませーん)

先ずは、昨日。
ヘルパーさんが階下のポストからメール便を持って来てくれたの。
あら、Hちゃんからだと思って封を開けたらCDで、ちょっとニタニタしながら(これは決して変な意味ではなく、喜んだというのではなく彼女の気持がダイレクトに伝わって来たのがおかしかったからだ。)まあ、とりあえず聴いてみようと、CDをとりだしたら≪2014.12.24付けのサイン入り≫で二度びっくり。
CDプレーヤーが不調というかガタがきているのでPCでと思ったのだが、こちらもご機嫌斜めというか再生できない。データーはとりこんでいるみたいだったが2曲にエラーも出て、仕方なくポンコツプレーヤーをなんとかなだめて聞くには聞けたが、ヘルパーさんにはピンとこなかったみたいで、少しだけ説明した。

やはり、あれはどこのジャンルに入る音楽なのか?馴染みのない人には理解不明?かもしれないなと。
大体、アーチストの名前からして、「何?」って思われても不思議ではないからね。

で、ヘルパーさんが帰った後パソコンに取り込んだファイルがどこへ行ったのか分からなくて少し手間取ったが、何とか見つけ出し、MediaPlayerの再生リストに納めることができた。再生してみるとエラーの出ていた曲も全部再生できて、さっきのは何だったの〜?っていう感じ。
で、聴きながらHちゃんの想いにつながって感じてみる。
私にとって、CDはあくまでも媒体だと思った。人の想いって凄いなーとしみじみ思った。
で、早速お礼メールを出した。

すると、このブログから「ブログ気持玉通知」というメールが届いて、またまたびっくり〜なのである。
気持玉は2007年の記事でよくこんなに古い記事を読んで下さったと思いながら、読み返してみる。

「守護霊」について
http://hikarinooka.at.webry.info/201201/article_254.html

絶妙なタイミングに、もう笑うしかなかった。*^-^* だって、全部つながっているんですもの。*^-^*
気持玉もリンク付けして下さっていたので、訪問してみると、なんとここでもシンクロしていて、二度びっくり。

もうね、いろいろな現象が起きてくるので、それをその日のうちにブログに書くことは無理。*^-^*

  (あー、今夜も日付が変わっちゃったよ〜(>_<))

で、朝起きてみるとよふにさんがコメント入れて下さっていて嬉しかった♪
すぐお返事をと思っても、ヘルパーさんが来るのでなかなか思うようにはいかず、涙。(T_T)

それから、夜には電話がかかってきて、これも一つの大きな流れからの節目というか、新たなステージに移る?否、移ったのだなと感じられた。

どれもね、表面上は何も変わっていないように見えるが、見えない深いところで大きく変わり始めている。というか、別に停止していたのではなく、流れが速くなったのだろう。次の段階に行くためにね。

ありがとうございます。全てのつながり、出来事に感謝します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
昨日は私のブログにコメントをいただき、
ありがとうございました。
すてきな「クリぼっち」を過ごされたようですね。
「ぼっち」も受け止め方次第で、
淋しくもなり、最高にうれしくもなり、
人の心を反映して、
それぞれかもしれませんね。
本来、人間って誰しも
「ぼっち」ですよね。
一人で生まれ、一人で体験し、
一人で意思を決め、一人で味わい、
一人で年老い、一人で去ってゆく。
その中で出会い、喜び、感謝し、
支えあって社会を形作る。
素敵な仕組みですね。
これからもどうぞよろしく。
ありがとうございました。
ひろ
2014/12/28 09:44
こんばんは。
コメントありがとうございます。
本当にそれぞれの人生ですね。
生ある限り存分に味わいたいものです。
こちらこそよろしくお願いいたします。
氣楽
2014/12/29 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんだかサプライズ続き 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる