心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末の大掃除が少しずつ進んでいる

<<   作成日時 : 2013/12/13 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今日はベランダの窓ガラス磨きをケアマネさんにしてもらった。今までは梅雨明けと年末の2回だったが、段々頼みににくくなって数年前から年末に1回のみになったが、家事が何ひとつできない私にとっては大変有り難い。*^-^*

年に一度だとどれほど汚れているかと思われるだろうが、不思議なことに思うほど汚れはついていない。今年は大型台風で風雨にさらされその痕跡が多少残っていたが、見苦しいほどの汚れではなかった。

まだ私が動けていた頃は車椅子をバックしてベ゛ランダへ出て、柄の長いモップ(水だけで落ちる白いスポンジ)
で月1の割合で磨いていたが、今はベランダに出ることさえできず、すべて人任せだから文句は言えない。

で、なんで年1回でも汚れが目立たないかというと、それはおそらく古新聞で磨くからだと思う。

我が家では10数年前から、濡れ雑巾で汚れをふいた後、古新聞をくしゃくしゃに丸めて艶出しをする。新聞のインクが拭きムラなどの汚れをきれいに落とした上にピッカピカに艶出しし磨き上げてくれる。おそらくインクがコーティングされ、埃が滑り落ちるから長持ちするのだと思うようになってきた。それは何年も古新聞で磨き続けてきた結果であって、洗剤を一切使っていないからだ。もし洗剤を使ったらインクは全て落ちててしまうから年1回のお磨きでは間に合わない(我慢できない)と思う。

新聞紙でのガラス磨きは環境にもお財布にも負担がかからずとても嬉しい。*^-^*
最近ふと思うことは丁寧に磨き続けると、ガラスの劣化も防げているのではないかということ。
勿論、昔のガラスと違って今は強化ガラスだと思うが、大地震で建物がミシミシ軋んでガラスは大丈夫だろうかと気になる時が何度かあったが、ピカピカのガラスはヒビひとつ入らず、室内を風雨から守ってくれている。

ピッカピカでニッコニコ。
綺麗は気持が良くて、私の心は嬉しくてワクワクウキウキしてくる。

ありがとうNさん。
お掃除の後はケーキとコーヒーでお礼のティタイム。
おかげ様で気持よく年を越せそうです。♪ d(⌒o⌒)b♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「気持ちよく年を越せそうです。」って、夢見るのも大概にしとけよ?

年跨ぎゃ社会情勢がマシになるとか本気で思ってんなら、あんたは救いようのねぇクソ平和ボケだ。
…………
2013/12/14 02:06
…………さん、コメントありがとうございます。
確かに社会情勢は今年より来年以降のほうがより深刻になっていくように感じていますが、それとは別に外の景色が見られる唯一の場所である窓ガラスがピカピカに磨き上げれると、とても気持ちのよいものです。それは夢ではなく現実です。
私にとってささやかな喜びであり、掃除してくれた方への感謝の気持ちは、社会情勢とは関係ないものとして存在しています。

来年は一体どんな年になるでしょうか・・・ 個人的には余り夢も希望も持てないような厳しい現実がいつも立ちはだかっている状況ですので、おっしゃる通り年が明けたからと言ってよくなるものではなく、来年はさらに厳しくなることは確かだと思っています。
氣楽
2013/12/14 20:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年末の大掃除が少しずつ進んでいる 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる