心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS お月見三昧

<<   作成日時 : 2013/09/20 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今週は台風18号が16日朝、愛知県豊橋市付近に上陸し、列島を縦断。夕には東北沖へ抜け、夜までに温帯低気圧に変わった。四国から北海道にかけて激しい雨が降り、河川の氾濫や突風による被害が相次いだ。気象庁は滋賀と京都、福井の3府県に大雨に関する初の「特別警報」を発表した。
私のところも強風や豪雨に見舞われたが、昼過ぎには通過して何事もなかったかのように静かになった。

台風一過の夜は雲ひとつなく群青色の空がとても美しく感じられた。ふと見上げると金色に輝く月が顔を出していて、その美しさにみとれてしまった。前夜の嵐がまるで嘘だったみたいに静かな夜だ。
この日は敬老の日ということもあってか、NHKでは地方発ドキュメンタリー番組「大往生を看取る」を放映していた。深夜番組で日付は変わっていたが、月があまりに美しかったのでベッドに起き上がって月光浴をしながらテレビも観た。
http://www4.nhk.or.jp/chihouhatsu/x/2013-09-16/21/2658/
亡くなる高齢者の半数以上が、病院で延命治療を求めることなく最期を迎える、滋賀県東近江市の永源寺地区。本人が望む最期を家族で看取(みと)る、村の大往生を見つめる。

ほとんどの高齢者が病院で何らかの治療を受けて亡くなる中、延命治療を求めることなく家族に看取(みと)られて最期を迎える高齢者が多く暮らす村がある。滋賀県東近江市永源寺地区だ。延命治療に頼って少しでも長く生きるより、最期まで家族と共にふだんと変わらない生活を送ることを優先する村の人たち。最期を看取ることで死と向き合うきっかけを得る家族。命のバトンが受け継がれていく、村の大往生を見つめる。


この村では3人に1人が高齢者だという。(因みに全国では4人に1人が高齢者になったとニュース有り)
最期まで普段と変わらぬ生活をして余計な医療は受けない選択をした人たちはとても穏やかでまさに大往生だ。とても自然で共感する。昔はそれが当たり前であったが、核家族化した現代では珍しいということか。
ちょうど観終わった頃、月は向かいの建物の裏へ隠れていった。

翌日もそのまた翌日も、昨夜は中秋の名月で、台風一過のもと四日連続のお月見三昧となった。うーん、何と贅沢なことか。台風等の後片付けに追われている人たちにもほんの一時でも疲れを癒すひと時であればいいなと思った。

私は幸いにして何の災害も受けず、相変わらずののんべんだらりの日々を楽しませていただいている。

そうそう、台風の翌日にはIFさんが手作り料理をいっぱい持って来てくださった。
いつもながらその種類の多さや美味しさに驚くばかりだが、どういうご縁なのか本当によくして下さる。きっと過去世でも深いご縁があったのだろうとお互いに話し合うが、本当に有り難いものである。
私が喜ぶことがIFさんの喜びにつながっているという。それでレパートリーもどんどん増えていく。*^-^*

手作りお菓子も、今回はパウンドケーキのほかにディアモンクッキーやハーブと黒コショウのチーズボールを作ってきてくれた。どちらもとても美味しくて思わずにっこりだが、手間暇惜しまず作ってくださるお気持ちがとても嬉しく、有り難い限りです。

その後、今週はS美さん、I子さんとも中華料理やのり巻きなどの昼食を共にし、葛餅やおはぎ等々でおしゃべりを楽しませていただいた。

みんなの笑顔がとても素晴らしく、嬉しくなる。\(^o^)/
本当に本当に、素晴らしい友人たちに支えられ、励まされ、生かされていることに感謝感謝の日々である。


今夜も虫の音を聴きながらお月見をして至福の時を過ごそう。

全てに感謝。ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。<(_ _)> (-人-)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お月見三昧 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる