心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 以心伝心、シンクロだー♪(^O^)v

<<   作成日時 : 2012/10/27 14:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

今朝、ヘルパーさんがポストから一通のハガキをとってきてくれた。
みると、あけびの絵が描かれた絵ハガキで、季節を感じた。

表を返してみると、なんと広島のお友達からだった。
すごいすごい!!消印を見ると 12.10.25.12-18 とあって驚いた。
何故って、その日の朝、私は目覚めの直前にイザナギTaROさんの“慈しみのアリア”が聴こえてくると同時にこのお友達が浮かんできていたからだ。一瞬にして目が覚めたが、それからしばらくじっとして彼女に想いを馳せた。

それで、その時聴こえていた“慈しみのアリア”のCDを送ってあげたいと、単純に思い、即注文依頼をした。
私のところへ送ってもらって、それから広島へ出すとすると時間がかかるので、直接送ってもらおうとしたが、それよりも今手元にあるCDを送るのが最善策だと思った。やはりね、人間横着してはいけないと思った。

自分が出すということは、CDが傷まないように包装して封筒にあて名書きをして、一筆箋にほんの一言でも気持を記して・・・と、そのひとつひとつに些細ではあるけれど気持がこもっていくものね。
そんな贅沢なひと時を端折って、ひとに「私の名前で送って」と頼むなんて、なんて勿体ないことをしたのだろうかという気になった。
それに、思い立ったが吉日ということもあるし、お友達が私に何かを語りかけて現れたのだろうから、できるだけ早く届けるのがよいに決まっている。
結果的に、翌日来たヘルパーさんに郵便局へ出しに行ってもらって、早ければ今日友達の元へ届くはずだ。

消印に感動したのは、ポストに投函したのは午後だから、その日の午前中にはハガキは準備されていたことになり、「わあ〜、つながっている!」って、嬉しくなったからだ。最近はなかなか電話に出られなかったりで、音信は途絶えているものの、私は時折彼女のことが気になったりしていたので、きっと引き合う何かがお互いの内にあるのだと思う。


いのちのシンフォニー



でね、私は何故CDを送ったのだろうか?と。
日ごろ思うところがあったので、ふと思いを巡らしてみた。
結論としては、それもひとつのツールでしかないということだ。

どんなに素晴らしいものでも、それを必要としない人にはつながらないし、メッセージを受け取ることはできないし、まして、自分の中にあるエネルギーを引き出すことなんてできはしない。
だから、自分の価値観を押し付けてはいけないと思う。ただTaROさんの歌を通して何かを感じ、受け取っていただけたらそれで十分。仮に、そうでなくてもそれも善しである。
やはりね、ここにも依存と自立がテーマとして潜んでいるように思う。

アーティストは確かに、素晴らしいエネルギー、浄化のエネルギーや、人に勇気を与えたり、生きる喜びを与えたりと、素晴らしい能力をお持ちだ。またそれなりの天職というかお役を引き受けているのだと思う。
だから、ファンがいようがいまいが関係なく、自分の中から発するエネルギーで、世の中に貢献していただければそれでよい。
その波動を心地よいと感じ、共感する者は、自ずとつながり、共振し、それを拡げようと思って行動するかもしれないし、そこまで行かなくても、自分の中に眠っている、あるいは燻っているエネルギーに火を点け、自らを輝かすかもしれない。

私は、そういう意味で「ひとつのツール」だと思う。ツールを生かせるかどうかはあくまでもそれぞれにある。

よくね、テレビなどを見ていても、例えば震災などのチャリティイベントや、スポーツ競技などで「勇気を与えたい」という言葉を耳にするけれど、聴衆からの大拍手や祝福の言葉などに「みなさんから逆に勇気や元気をもらった」と感想を述べる人も少なくない。
人に何かを与える、与えている、あるいは与えるのが仕事、使命と思うのも、決して悪くはないが、それは受け取り手の問題だから、一歩下がって「元気を出してもらえたら」「喜んでもらえたら」という謙虚さも有りではないかと思う。*^-^*

その証拠に、ファンはファンでなくなった時に、その人の曲からもその人からも興味を失い、エネルギーを受け取ることはないのよね。「もう、いいわー」なんてことは、誰もが経験済みだ。熱狂的なあの頃は何だったのかと思うこともあるのではないだろうか。*^-^*

けれど、良いものはいつになっも良いもので、久しぶりに聴いても心に何かしら響いてきたり、心地よく感じるものだ。
きっとツールとしては、何も変わってはいないからで(感情がないから?)、やはり、受け取る側に全てあるのだと思う。

必要なものはいつでもどこでも手にすることのできる(気づきとして)不思議。だから人生は楽しい。*^-^*

広島のお友達が、“慈しみのアリア”を通して、ご自身の中にあるエネルギーに点火し、無理せずに元気になられたらうれしいなあと思っています。


元気って、書いて字のごとく、元々、氣(エネルギー)は自分の内側にあるんだよ。だから、中から湧かせばよい。それを引き出すためのツールは、世の中にはいっぱいあるので、気の合ったものを自由に選び、生かしてねっていうところだろうか。(^O^)v

AYさん、お葉書、ありがとうございました。やはり、以心伝心ですね。とても嬉しかったです♪\(^o^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
つながってるから伝わるっていいなあ、うれしいなあ。
種類は違うかもしれないけれど、約2週間後の静岡県でのイザナギTaROさんのライブ実現への展開と重ねています。
想いが伝わるってすばらしい!
飯倉片町梅子
2012/10/27 17:34
梅子さん、こんばんは。

はい、想いは強ければ強いほど現象化しますね。
静岡のライブでは是非とも「富士」を唄ってもらってくださいね〜
氣楽
2012/10/28 19:10
葉書、届いたんですね。
お返事かまわず、と、書きそびれたなあと思ってたら、こんなに早くたくさんお返事いただけてうれしいびっくりです。
以心伝心といっていただければ、とても嬉しい。
季節をお届けしたくてお送りしたけど、結局、いつも元気をいただくのは私なんだなあ、と、笑ってしまいます。
依存と自立、私にとってもテーマであること、またひとつ気付かせていただきました。
CD,楽しみにしてますね。
よふに
2012/10/28 22:42
よふにさん、こんばんは。

>いつも元気をいただくのは私なんだなあ、と、笑ってしまいます。

いえいえそんなことはありません。私もとても嬉しくて元気をいただきましたよ。お互いにエネルギーのキャッチボールですね。*^-^*
CD、早くお手元に届くといいな♪♪ d(⌒o⌒)b♪

いつもありがとうね〜♪
氣楽
2012/10/29 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
以心伝心、シンクロだー♪(^O^)v 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる