心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 師走

<<   作成日時 : 2011/12/01 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

フリーになって早や1か月。意外に疲れがたまっていたようで先ずは休養を優先。
気の向くままに一日一日を大切に自分のためにだけ過ごす。疲れたら横になるのも良し、遊ぶのも良しで何の制約もしない。

それでもこの1か月のうちにもいろいろなことがあった。素敵な出会いもあったし、別れもあった。
昨夜は久しぶりに登録しているMLに書き込みもした。
そして、「ああ、これがそもそもの問題だったのだ」と気づいたりもした。共通することが多々あったからだ。
善い悪いではなく、ただ見るだけでよい。全ては鏡だから。

今日は先週亡くなった義兄の通夜である。昨今は高齢化も進んで亡くなる人が多くなっているのに、火葬場は増えていないので混んでいて順番待ちである。義兄の住んでいる地域では1週間待ちというから遺族も大変だ。
私はその場に行けないので、自宅にて冥福をお祈りする。

今年もあとひと月。どこまで大掃除ができるかな???



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。お葬式といえば、昨日は私が奈良の東大寺で得度を授かったときの師僧・平岡定海師(26日に88歳でご遷化)のお葬式でした。お葬式は東大寺の山内の自坊で行われました。私も、仕事のない日だったので、朝早く東京を発って新幹線と近鉄を乗り継いで参列。ご高齢でのご遷化ですので、悲しいというよりも「お疲れさまでした」という感じで、小春日和の空の下、頂戴した仏縁に感謝する一日となりました。行き帰りの列車の中では久しぶりに山下京子さん(酒鬼薔薇事件の被害者・彩花さんのご遺族)の本を読みました。「うつ病」になりかけて苦しかったころに出会った本です。その後、うつ病がさらに悪化して、希死念慮に悩まされた時期もありましたが、生き続けてこられたのは、山下京子さんを始めとする多くの人からいただいた尊いご縁のおかげです。
夕凪晴海
2011/12/01 17:50
夕凪晴海さん
コメント、ありがとうございます。
ご無沙汰しております。
お葬式はその方の人生の卒業式でもあるのでしょうね。
昨日は暖かくてよかったですね。
山下京子さんのご本、「彩花へ―「生きる力」をありがとう」ですね。
確か夕凪さんに教えていただき私も読んで感動したことを憶えています。
どのような人生であっても乗り越えて前へ進んでいけるのですから、本当にどの方の人生も素晴らしいですね。
ご縁って、本当に不思議。そして、素晴らしいですね。
氣楽
2011/12/01 19:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
師走 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる