心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀世界

<<   作成日時 : 2005/02/25 02:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

明かりを消した部屋の窓の外は
いつになく黄色み掛かって、明るかった。
どうしたのだろうと、空を見上げると
雲が地上の明かりをしっかりブロックして反射させているかのようだ。

視線を下げていくと、欅の大木の枝々に白い華
さらに視線を下げると、眼下に雪に覆われた車、車、車。
そして誰も通らない夜更けの道も真っ白に。

いつの間にか、しんしんと雪が舞い降りていた。
今年初めての雪か。
立春が過ぎ、春一番が吹き、そして雪が舞い、冬が舞い戻る。

2月の雪は決して珍しくはないが
夜が明けたら、どんな景色が見られるだろうか
きっと大気の汚れが洗われて、青空が見られるかもしれない。
偉大なる自然よ、大気の浄化をありがとう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
「銀世界」この詩を読んで4〜5日前まだでは、自分と同じ、思いを見ている人がいる共感!うれし!て事になるのだろ。しかし人の心は一日にして変わる。今の私には、ピシャッ!閉められて胸の奥の方でシクシクしている哀しのでもなく怒ってるでもない(相手がいて、話をしなければ、どうしても答えて貰いたい、相手の考え思っていること聞きたい、私の話したこと間違いでわ?私は、こう思って言ったけど貴方は?)事が起きる度、又同じ後景が見るのがいやになり、話さないまま時が、過ぎて行く。何処にでもある夫婦の光景なのかもしれない(じゃ〜私が、思ったようにいいの?こうしてみたら?)声はナシ、うなずきもナシ、視線は、横向きのまま、時間は過ぎて行き、息詰まりのまま終わる。こんな事は、無かったようになるには、一ヶ月も過ぎる頃。人は年を重ねるごと周りの人間が増えてくる、哀しい事も、嬉しい事も、みんな栄養になって地面に立っているのだから、もっと分け合おうよ!もっと笑いたいじゃないですか!お互いの背中を見ながらの生活、こんな日々を暮らすことは嫌だけれど自分達で作った家族、守っていかねば成らないのだから。こうして又私の一日が終わる。
北のSEVEN
2005/03/01 14:27
北のSEVENさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
何か、この詩があなたの心を傷つけてしまったでしょうか・・・
いつの間にか気づいたら「沈黙の家族」になっている。分かり合えていたはずなのに、何故か心がすれ違って互いに見えなくなってしまうこと。長い夫婦生活を送っているうちにはそんなこともありますね。
お互いの背中を見ながらの生活・・・。きっと背中に向ける視線の中に、相手を責めるものがあるのでしょうね。それが言葉でないだけに互いに痛みを感じるのでしょう。自分たちで作った家族なら、それを修復する力もきっと自分たちの中にあるはずだと思います。
まずリラックスして、あなたがあなたを愛するところから、あなたがあなたを赦すところから始められると、きっと心軽やかになられると思います。素敵な一日を終えていただきたいと思います。
よろしかったら、いつでもお越しくださいね。何でもお話し、笑いを取り戻していただけたらと思います。<(_ _)> *^-^*
自由気ままに
2005/03/01 15:45
早速のお返事嬉しいです。「銀世界」詩は、傷つくなんてとんでも無いです、何度も繰り返し読んでる内に、心の迷い?泣いてる自分を押さえたかった、歳を重ねますと、なかなか心の底にある素直な自分を、外に出しにくいも・ので…何時までも前向き?進化のない生活は、逆に崩れてしまうのでわ、いっそ切れるものなら切れてしまえば、思うときもありますが、しかし世間様の柵とやらが、私の心にへばり付いて離れません…。こんな事までコメントできる今、私!進化してるのでしょうか?キット自由気まま様の『銀世界』体に染みたのだと思います、有り難うございます。



北のSEVEN
2005/03/02 12:01
こんにちは。お返事読ませていただき、なんだかジワーッと心に染みました。
こうして北のSEVENさんと出会えたことに感謝いたします。
どんな状況であっても、人は日々進化していますもの。だからこその出会いだと思います。私も少しずつ成長しているので、神様がちょうどよい時期だと思って引き合わせてくれたのだと思います。*^-^*
もっともっと自分の心に正直に生きたいと思うのは誰でも同じですね。その気持ちがなければ今のテーマがあるはずがありません。生きている以上、いくつになっても進路変更は可能ですね。舵取りはそれぞれの中に居る真の自分ですから。今は、選べる道も二者択一ではなくみっつありますからね。どれを選ぶのも自由です。意識が変わると、見える形(家族や世間という囲いの)はそのままでも一変してしまうと思いますよ。きっと羽ばたく準備が整いつつあるんでしょうね。それを楽しんでいただけたらと思います。
心の底にある素直なご自分を外に出してあげてくださいね。よろしければ私が受け止めさせていただきます。相手が誰であれすっきりさせることが大事ですので・・・*^-^*
自由気ままに
2005/03/02 13:29
夕方5時を過ぎますと、お疲れ様を含みながら近所の人々が「おばんです!」の挨拶!心が痛んでるときは、一言でも暖かく感じるものですね。自由気まま様「おばんです」!東京は雪だそうですが、寒さが戻って大変でしたでしょ?それにしても暖かーいお言葉嬉しいです。(ちょうど良い時期‥意識が変わる)事起きる度ごと、長年の間こうしてみよう、ああ言ってみよ‥繰り返しが嫌になり大きな荷物を引きずりながら、別の世界の美しさに、まどろみ‥切れたのか続いているのも分からず、縦にしてもななめにしても横向きは変わらない(一応私も裾捲り!とやら遣りましたけど‥お恥ずかし)実は子連れの再婚しかし娘が生まれ高校に‥やっと一息!長男で有ることで重い荷物を持たされ例のごとく解決?に成らずこちらに被さってくる…いくら私でもきついよ〜さけんでます。があ〜やらねばならないのかあ〜?チョット疲れました。可愛い自分に戻りたいですね。北は今日晴れ東京とは逆ですネお風邪をめしませんように。
北のSEVEN
2005/03/05 20:29
北のSEVENさん、こんにちは♪
「おばんです」のご挨拶には本当に温もりが感じられ癒されますね。こういうご挨拶は東北から北海道でしょうか。私はなんとなく北海道の方かなと思っていました。*^-^*
お名前からして、北斗七星のイメージが浮かびましたし、昔から人々が方角を知る上での道案内役のお星様ですからね。とても意味深く感じました。*^-^*
あ、でもこれは私の勝手なイメージで、もしかしたら違う意味もあるかもしれませんね。違っていたらごめんなさい。
「疲れたときは休めばいいんだよ」とご自分に言ってあげてください。今だって「可愛いあなた」が見えていますから大丈夫です。そこにいつもいるんですけれど、時には姿を変えて現れているんですね。本質はみんな「可愛い天使」だと思います。*^-^*
お嬢様は、高校生ですか。これから楽しみですね。女同士としても・・
お疲れになられましたら、お茶でも ( ^-^)o旦~~ どうぞ ♪
本当に、お会いできましたらお茶したいですね。*^-^*
自由気ままに
2005/03/06 14:24
自由気まま様「おばんです」夕食の仕度をする前に又お会いしたくてパソコン開いてみたところです。他色々見せて頂いております絵文字がとても可愛い!想像が一人歩きして、笑顔が素敵な人なんだろうな〜なんて‥思っています。実はパソコンでコメント&メール初めてなんです、娘に教わりながらオロオロしながらです(フフ)。あまり私は、小説を読む方でないので文章を綴るのわ苦手、お喋り感覚で書いておりますのでおかしな所有りましたら是非教えて下さいね。もしかして気まま様は、ご本出したりして?もしそうでしたら是非教えて下さい(日本中探します!出されていなかったらゴメンデス!)勝手に盛り上がってますネ私。今日は娘と二人きりの夕食リラックスです。『北斗七星』大好きな星座です、晴れた冬の夜空に悠々と、よこたわっています心が泣いている時は元気もらいます、だから『銀世界』気まま様と出会えた!本当に、ほんとうに嬉しいです。


北のSEVEN
2005/03/06 18:14
北のSEVENさん、おばんです♪
うふっ、この「おばんです」が言いたくて、今日二度目の登場です。*^-^*
「*^-^*」この雰囲気は私に似ていると思ってお気に入りなんですよ。もっとも、私の肉体年齢は折り返し地点をはるかに越えていますけれどね。心はいつも子供のように無邪気でいたいなと思っています。というか、年々子供に返って行っているみたいですね。それだけしがらみから解かれたのだと思います。
世俗的なことは置いておいて、心はいつも自由でありたいですものね。
北のSEVENさんも、きっと心に笑顔を取り戻せると思います。心が泣いているときは、そっと抱きしめてあげてくださいね。涙も浄化ですし癒しです。だから、何も否定せず、ありのままにご自分を愛してあげてくださいね。
そちらは、都会よりも夜空に星がいっぱい見られるのでしょうね。冬の夜空はことのほか星たちが美しいですね。お風邪など召しませぬように。
自由気ままに
2005/03/06 21:24
あ、書き忘れました。
本は書いていません。それほど文才はありませんです。*^-^*
でも、こうして普段のおしゃべり感覚で、おしゃべりするのは大好きです。
私も北のSEVENさんに出会えたこと、うれしく思っています。
パソコンは、慣れたら誰でもできますからこれからもどんどんおしゃべりしましょうね。練習にもなりますからね。*^-^*
では、おやすみなさい。楽しい Zzz・・(ーー*)。。oO(夢) を。
自由気ままに
2005/03/06 21:31
こんにちは。可愛いホッペの自由気まま様一週間振りでしょうか。気まま様からの、とても暖かい言葉と励ましが私の吹雪の夜のように見えない心のわだかまりが少しずつですが、消えていくのが感じております。背中合わせの心もようやく前を向き始めてくれました嬉しい結果です。自分達家族の問題は何やかやあれば背中合わせであろう何であろう逆さになっても頑張ってしまいますが相手の兄弟、親戚となるとここまでで、そこからは踏み入れられない。私が踏み出したら大きな問題が更に大きくなる放っておいたら大が、だいだいになって炎が上がり燃えかすになって互いが傷つきますもの世の中には私達みたいな夫婦、家族、親戚、兄弟、嫁姑、苦しんでいる悲しんでいる人達が沢山いると思います私なんかはまだ良い方だと思いつつ、こうしてお喋りすることで…気まま様の『おかげさま』ですが心に響きます。心軽やかにな〜れにきてから色々な言葉、勉強になります子供に話す時は特に使わせてもらってます、何か心にヤンワリす〜と入っていくようです。北国も春が近づき雪解けは、まだです心の雪解けがうれしくてお喋りしてしまいました。又宜しくです(ニコ)


北のSEVEN
2005/03/14 18:26
北のSEVENさん、おばんです♪*^-^*
本当に一週間のご無沙汰でした。少しずつでもお元気になられているご様子、とても嬉しく思います。家族の問題も兄弟や親戚のことが元になっていると少し厄介というか複雑なのでしょうね。私の方は、もう両家とも両親もいませんし、共に兄弟だけなのですが、兄弟も冠婚葬祭、法事などぐらいなもので何の問題もないんですよ。時々姉が遊びに来るくらいです。以前は多少問題もありましたが、今はとても自由にさせてもらって幸せです。兄弟と言ってもそれぞれ所帯を持てばみなそれぞれひとつの家としてありますから、余計なことに干渉しないのが一番なのですね。私は何もできないので受け容れることだけです。*^-^*
>心軽やかにな〜れにきてから・・
あら〜、そうだったのですか?ホームページの方からだったのですね。それはそれはありがとうございます。なんだか余計に親近感がありますね。*^-^*
こちらこそこれからもよろしくお願いします。*^-^*

自由気ままに
2005/03/14 22:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀世界 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる