心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS これからのテーマは?

<<   作成日時 : 2005/11/21 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

「「天上のシンフォニー」〜Symphony of the Golden Temple 〜 その...」について
>こんな感じですけど、シスター、どう思う?(笑)なーんて、振ったりして・・・(ウヒ)

ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

久々に↑の絵文字。*^-^*
早いもので、もうクリスマスモードに入っているんですねえ。
と、ちょっと話題を逸らしてみる。*^-^*
クリスマスツリー、可愛いですね。
ああ、それもメッセージのひとつかな?って思ったりして・・・

3000冊達成で、取り敢えずは一区切りですね。
但し、手元に残っている人もいると思うので(私も、今週友達に会うので、その時に読んでもらおうと思ってとってある)、全員に渡るのにはまだ少し時間がかかるのでしょうね。12月にという人もいらしたし。

>天上のシンフォニー日記の中でちらりと目にしたことを思い出しました。
>「3000人の読者どまり」という話。
>
>これは全く違うと思います。
>「3000人止まりじゃないの?」と言える根拠がわかりません。
>なぜなら、まだ「お知らせ」さえしていないのです。

えーと、これはちょっと思い違いかなと思うのですが、
多分、「3000人委員会」は、3000人達成でその役目を終えると言う意味だったと思います。
けれど、それがそれで終わるのかと言えば、どうもそうでもなさそうですよね。
ここは、ちょっと微妙な感覚なのですが・・・

つまり、支部の話とか、「3000人委員会」のリアル編(ネット世界だけでなく、現実に会って交流を深める)もお考えのようですからね。
そしてそれはもう既に、一部ではそういう展開になっているのも事実ですね。
それ以外にも、ある(?)。

私は、そういうのも自然体でいいのではないかと思っているのです。
つまり、私(エゴではない)流の表現で言えば「ジグソーパズルの論理」が基本ですから。*^-^*
だから、これからの関わり方は、今までどおり一読者でありたいですし、何かお役に立てることがあれば喜んでやらせていただく。そういうフリーな立場でありたいですね。

この世は、二極性の学びの場ですから、これからは益々その二極対比の場面が多く出てきますね。人の心の闇も益々浮き彫りにされてくるでしょうし、物質的、環境的にも貧富の差は益々広がっていくのでしょうね。
そういう時代だからこそ、心の豊かさが求められるし、必要になってくると思います。
けれど、それは外に求めても決して得られないものですよね。それに気づくこと、「ああ、そうなんだ」と納得すること、そこへたどり着くプロセスが、それぞれにあると思うのですね。
それが今とっても大事なことなのだと思います。

そう。chihoさんが仰るように、
「いかがですか?」と提案する、提供することはできると思います。
気づきのお手伝いと言うとおこがましいですが、押し付けではなく、お互いに気づき合ういい関係を、広げていきたいですね。
私はそういう仲間が増えていくこと、手をつないでいくことをイメージしています。
本当・・・それだけなのですよね・・・・

どんな時にでも、誰にでも、万民に与えられている“自由意志・自由選択” これをそれぞれがどう扱うか? ここら辺に鍵があるのでは?

それから、二極性だからこそ出てくる問題として、「本物」「偽物」という対比は避けられそうもないですね。それを超えるまでは・・・
私は、「本物」って何?って感じがするんですよね。
こういう価値判断をしていると、必ず迷い道にはまる気がしてならないのです。*^-^*

そう、伯宮さんの金曜コラムに出てきたアンソニー・モーガンの言葉。あれはおもしろかった。
アンソニーの言うこと、言いたかったことも分かったし、あの時あの場面で登場させた伯宮さんの意図も見えていたし・・・。常に両極を見るというか見えているのだから見ればいいという感じです。
阿吽の呼吸で、息が合えば更なる展開もありましたしね。*^-^*

結局、「これは本物ですよ」と言えるものはないのですよね。
勿論、ブランド品など、物に対しては言えることかもしれません。コピー商品がいくらでもある時代ですから。
けれど、見えないものについては、自分の価値判断であるし、どう受け止めるかで、本物にも偽物?にもなってしまう・・・
だから、「本物」と思える自分の心を大事にすることだと思うのね。「こんなもの、偽物だ!」と落胆しないようにするために・・・これからは、益々心眼・神眼を養わないと見えるものも見えなくなりますね。

究極の問題は、「善と悪」だと思いますが、このことも人類が超えていかなければならないテーマです。
そのことも、いろいろな段階の意見があって当たり前だし、赦す赦さないも、すべての二極性を超えるためのテーマが人それぞれによって違うわけですが、それぞれの体験からの真実をお互いに付き合わせることで、理解も深まっていきますね。
そういういろいろな機会に恵まれてこそ、歩を進めることができるのだと思います。
自分だけの考え、捉え方に、固執すると堂々巡りを繰り返すだけですから。*^-^*

だから、これから時間の許す限り、機会あるごとに語り合って、気づきを深めていきたいですね。
あら?問いかけの答えになっていたかしら?
なんだか思うままに、浮かんでくるままに書いてしまいましたが、いろんなテーマで話し合って、確認し合っていきましょうね。*^-^*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ、私の書き方悪かったかな?「3000人とまりの本じゃないですか?」って出版社が言ったというお話なんです。そこで、日記で「皆さん、そう思いますか?」って問いかけていた内容についてだったんです。
だから、出版社側がそれを判断することは違うのではないか、というお話でした〜^0^
chiho
2005/11/22 00:00
おお!11/22/00.00。すごーいタイミング!!

あ、そうだったのね。なるほど、それは失礼しました。<(_ _)>
出版社ねえ。確かにそういうのありましたね。
出版社も売れるかどうか見極めての契約ですよね。見る目があるのかどうかでしょうか。
あと、売り込み方?どういうビジョンを見せるかもあるでしょうね。*^-^*
でも、勘違いしたお陰で、いろいろ思っていたことが話せましたよ。
要は、私の心の投影だったのでしょうね。いろいろ感じることがあるので。SGTで語り合ったことの続き、まだ残っていますからね。*^-^*
ということで、よろしくね。
自由気ままに
2005/11/22 00:15
補足です。
>自分だけの考え、捉え方に、固執すると堂々巡りを繰る返すだけですから。*^-^*

これね、chihoさんのことではないのよ。一般論としてお話しています。
というか、折々にそういうものを感じることがあるので、出てきた言葉なんですね。
私って、こういう風に書いているとき、始めは個人に対する返信と言う意識なのですけど、その内に「みんな」になっちゃうのね。
だから、特定の人ではないの。波動で感じているものに対して語ってしまう感じなのね。
chihoさんもそういう感覚持っていると思うけど・・・
自由気ままに
2005/11/22 00:28
遅ればせながら・・・なかなか書けないでおりますです^^;
了解です、大丈夫で〜す(笑)私のことなの!?なんぞ思っていませんよ(笑)問題ないです♪
書いているうちにそうなっていくんですよね。個人あての返答でもそれがキッカケとなって、書きたい自分の想いがあふれてきて・・・うんうん、分かる分かる*^-^* 
ところで、00:00 ほんとだ!凄いなあ(笑)これは気がつきませんでした(笑)
chiho
2005/11/24 17:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
これからのテーマは? 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる