心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS BAHO(Char&石田長生)のステージより

<<   作成日時 : 2005/12/12 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像


BRONZEの演奏が終わって、感動の余韻を楽しみながら、BAHOのための準備が始まった舞台を眺めていた。それぞれにギターを何本か用意しているのも目に入ってきた。
正直言って、私はBAHOの三人の方々も知らないし、全くの初めてである。
私はその時代、全く別のことに熱中していたし、全く知らない世界である。*^-^*

まあ、強いて言えば、Charさんは、最近某テレビ局の日曜番組で、Charさんの大ファンであるちびっ子と遊んであげている優しい姿を拝見している程度。友人に訊いたら、昔から凄い人で「ギターの神様」って言われているという。
石田長生さんのことは先日、横浜・関内にある「ストーミー」というライブハウスで石田さんのライブを見に行ったという友人からメールをもらって、一緒に撮って貰ったという写真も添付されていたので、ほんの少し情報がある程度である。

だが、場内のほとんどがCharさんやBAHOの演奏が目当てで来ているという。
確かにそうかもしれない。Charさんは主催者の親友というし、今回の「AMATEUR NIGHT VOL.7 "rock'n roll SUMMIT"」はゲストが凄いという触れ込みなのだから、それは当然であろう。
また親友だからという理由だけでは、ゲストに呼べるということもないだろうから、とにかくいろいろな意味で凄いことは凄いのだと思う。*^-^*
けれど、あくまでもAMATEUR NIGHT なのだから、アマチュアがメインであるという認識の下に、BRONZEを聴きにいった私である。*^-^*

さて、私はBRONZEのステージにとても満足して、心が温かく楽しかった。心がいつにも増してとても軽やかであった。場内には、バンドとバンドの合間に懐かしい童謡などが流れていた。
私は、二匹のわんちゃんの瞳を見ながら、わんちゃんに歌ってあげた。
♪みかんのはーなが さーいている おもいでのみちー おかのーうえー・・♪
♪明りをつけましょ ぼんぼりにー お花をあげましょ 桃の花ー・・・♪エトセトラ、エトセトラ。
どれもこれも子供の時に歌ったもので、イメージ的にはふとその時代へタイムスリップしている感覚である。
それが、今回のライブとミスマッチなのかというとそうでもない。まさにジャンルを超えているということか・・・主催者が選曲しているのか?誰かの意図がそこにあるのか?と思いつつ、とにかくその場に合わせて私は歌っていた。これぐらいなら歌えるから。*^-^*
まあ、それぐらい気分がよかったということである。
それに、そのときの私は、アマチュアがあれだけがんばった演奏をしたあとなのだから、プロであるBAHOは、それ以上に気合が入るだろうな。一体どんなステージを見せてくれるのかなと興味を持っていた。*^-^*

案の定というか何といったらよいかわからないが、確かに気合、乗りが違うと感じた。
それは、いつものステージでもそうなのかも知れない。何しろ初めてなのだから私には分からない。でも、気合だけは凄いと感じたのだ・・・明らかに刺激を受けているな・・・と。*^-^*

童謡を何曲も何曲も織り交ぜての歌と演奏とトーク、Charさんと石田さんとの出会いや歩みなどのエピソード・・・・
そして、新しい曲なのかどうか知らないが、
「壊れかかった地球・・・・あなたも私も出会っている・・・」みたいな詩を歌っている。

( ̄~ ̄;) ウーン、やはりみんなこの地球のこと、しっかりハートにあるんだなと思った。
あの幕間の童謡は、もしかしたらBAHOのアイデア、要求だったのかもしれないと思った。
彼らのステージを見ていて、それが解けた感じがした。
世の中に目をやれば、いとも簡単に幼い子供を殺して棄ててしまう心の痛む事件が横行し、企業は企業で、人の命などどうでもよい無責任な儲け主義の病巣を丸出しにしている昨今である。
一体この国はどうなっているのか・・・・
そういう無責任で荒廃した心にも、届くであろう幼き日に歌った童謡の数々・・・
せめて今宵は、この会場に集った人々の心に、呼びかけたかったのか、それは癒しの歌にも聴こえた・・・そこにBAHOの温かなメッセージを聞いた気がする。

私の痛んでいた身体に、いつしか奏者の熱い思いのエネルギーが流れ、循環し、暖かくなっていた。痛みが消えていることを感じていた・・・もはやそれは奏者のということではなかったかもしれない。それは舞台と観客席と、スタッフの方々やそこにいるすべての人々の思いのエネルギーが溶け合って、ひとつになって循環していたのだから。それが私の身体にも流れていたことになる。

だから、最後の最後までメッセージに耳を傾けたかった。もし、それが私の勝手な解釈であっても、私が感じたということは少なからずそういう波長で振動しあったのだと思う。
そういう思いにプロもアマもないと思う。
アーチストといわれる人たち、ミュージシャンといわれる人たち・・・
いろんな人がいろんな所で、それぞれのハートを発信し続ける。そういう表現の場を与えられている彼らを羨ましいとは思わないが素晴らしいことだと思う。

よく、オリジナルと言う言葉を耳にする。
そのこだわりはあってもいい。
突き詰めれば、この世にある形ある物は、誰かのオリジナルなのだ。
それが素晴らしければ素晴らしいほど、後世にも語り継がれたり、歌い継がれたりで作品として残っている。生き続けている。
語り継いだ人々、歌い継いできた人々、そのひとつひとつは、始めは真似するところから始まったかもしれないが、それを超えるだけの度量・技量・表現力、素晴らしい感性等々を持った人たちは、それを自分たちの物にしているのだ。
クラシック音楽などはそのいい例だと思う。○○の指揮するオーケストラとか○○の演奏するモーツアルトとか、それはその人のオリジナルになっているところもあるのだから。
評価とは、きっとそんなものなのかもしれない。受容されてこそオリジナルなものも本望というものではないのか・・・

こだわり方を間違えれば、そこは小さな世界になる。自分だけの世界。それも基本にあって当然で素晴らしいのだが、すべては振動するものである。
波長の世界なのだ。振動数の問題?どこまでどれだけ共振させることができるか・・・
捉われのない心は、それをきっとキャッチして、増幅させ振動数を上げる役割を担っているのかもしれないと思う今日この頃である。

今回のライブの成功には、主催者の熱き思いが先ずあってのことだ。その方の発する振動数に共振する人たちが集まり、協力をする・・・。批判する人もいたかもしれない。嫉妬する人もいたかもしれない・・・。しかし、熱き思いの振動数を持つ波動は、びくともしない。ただただ自分の振動数を上げていくだけだ。それを楽しみながら。
いろいろな苦労もあとで思えば、みんなみんな今の成功につなげるためのエールであったことに気づくのかもしれない。いろいろなことがあればあるほど、それをはね返すだけの力に変えてきたのだから・・・。だから、全てが順調だったのだろうと思う。
あの素敵な柔和な笑顔・・・ 
だから、スタッフの方々も本当に気持ちのよい人たちばかりで、協力を惜しまなかったのだろう。そこに一体感も感じた。なんだか温かいものが流れていた。

そうそう、Charさんが舞台でBRONZEのchihoさんの詩の朗読のことをいいねと褒めてくれた。
そして、「本当に悲しいときは 涙では無くて 心の中に雨が降る」と、詩を暗唱しながら「死」についても触れていた。そのあとどなたかだったか、亡くなられた人のために演奏をした。きっと天国で聴いているんだろうなと思った。人の思いはどこまでだって届くのだから・・・
ね、素敵な話でしょ!!(←誰に言っている?*^-^* )

そうやって時間はあっという間に過ぎていった。アンコールにも応えてくれたので終了した時は10時半にもなっていた。
それから、ゆっくり会場を出てBRONZEのところへ行った。彼らはCDなどを紹介していた。
あとは一路東京へということなのだが・・・何しろ気温が下っている。高速道路も凍結しているはずなのだ・・・
                                               〜〜〜つづく〜〜〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新潟ライブレポートその6(Charさん&打ち上げ編)
「BAHO(Char&石田長生)のステージより」について ...続きを見る
BRONZE〜音のある風景〜by Ch...
2005/12/13 09:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いろんなこと、そして初めてのことも、どんなものでも楽しめちゃう気楽さん*^-^*
私達のライブだけではなく、楽しんでいただけてとても嬉しかったです。
(音響とかにもよってちょっと辛かったときもあったと思うので^^;)

気楽さんなりにいろんな角度から見て感じられたこと、そしてそれをまた、気楽さんの心の栄養になって、更に素敵な・・・*^-^*←これこれ!(笑)
になって、私は嬉しいです。
また少し暖かくなったら、ライブを見に来てくださいね!
chiho
2005/12/20 20:39
chihoさん、コメントありがとう♪
そうなのね、私ってなんでも楽しめちゃうみたい。*^-^*
昔昔はそれなりにこだわりというか、好き嫌いはっきりしていたところもあるんですけれどね。
この年になって、こんなに楽しめるなんて、素敵なことだなと大満足です。
なんだか世界が広がっていく感じですよ。幸せ、しあわせ♪
そうね。また来春を楽しみにしていますね。*^-^*
気楽
2005/12/21 00:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BAHO(Char&石田長生)のステージより 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる