心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 想定外の出来事

<<   作成日時 : 2005/12/14 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像ライブも盛会のうちに終わり、BRONZEのみなさんや、お世話になった主催者のアキラさんにご挨拶をして帰ろうと思って会場を出たら、目の前にCDを販売しているBRONZEの仲間がいた。
みんな「やり切った」という満足そうな顔をしていて、その笑顔が素敵だった。
場内は、スタッフの人たちが片付けに一生懸命だった。
「そう、裏方さんあっての表舞台なのよね」と、心の中で呟いていた。*^-^*

なかなか帰れる状態にならなかったのは、ドライバーが車の中で身体を休めていて、それを迎えに行ってくれていたからである。
そのとき、何が話されていたのか分からなかったのだが、とても時間がかかっていた。
そして、みんなが戻ってきた時、主催者のアキラさんが、ホテルに電話をして、空室を探してくれていた。

一緒に帰るはずだった友人のドライバーは車の中で、「危険」を感じていたそうだ。
来る時の、関越道には確かに−1℃、−2℃とそのときの気温が表示されていたのだ。
新潟市内でも時折雪が舞い散っていた。山の方はもっと吹雪いているはずであった。街灯もない真っ暗な凍結した山道を走るのは、不慣れな東京人にとっては自殺行為にも等しい。
誰が考えても、一泊して昼間帰るのがベストであることは明らかであった。
私は、申し訳ないなと思いつつも、ご好意に甘えるしかなかった。

出かける直前のあれは、こういうことだったのかと直ぐに納得した。
こういうときは、成るように成るさ、ケセラセラ〜♪。私は無駄な抵抗はせずに流れに任せることにしている。

それで、急遽私はchihoさんと同室に泊まることになった。
なんだかんだやっているうちに日付が変っていたが、近くのコンビニでおにぎりを買ってきてもらい、遅い食事をとりながら、打ち上げから帰ってくるchihoさんを待った。
戻ってきたのは3時を回っていたが、それから6時過ぎまで私たちはいろいろ話をした。
打ち上げは、いろんな意味で、彼らにとって有意義だったに違いない。

11時にチェックアウト後、私と友人はBRONZEのメンバーに見送られて、一路東京へと向かう。
始めのころはまだ晴れ間も出ていて、快速走行で景色を楽しんだ。どこを見ても広大な田園風景が広がっている。さすが有数の穀倉地帯である。
そして、いよいよ雪が降ってきた。先へ行けば行くほど雪は激しくなってきた。道は整備されていたので凍結はしていなかったが、徐々に雪が積もってきてチェーンを着けるときが訪れていた。
チェーン装着は初めての友人は、説明書を見ながらも苦心していたが、それも無事装着完了。

画像
途中、除雪車が出て、追い越し禁止になったりして、整備車のあとをとろとろと20キロぐらいで走る場面もあった。
それでも、チェーンを装着したことで、走りも安定し、ドライバーもほっとしていた。
トンネルを抜ければ、そのどちらの出口でも別世界が広がる。
往きは、雪国へ。復路は雪など全く見られず、まだまだ紅葉が楽しめる。
画像私たちは、雪国を離れほっとしてスピードを上げて快適走行を楽しむ。やはり、高速道路はこうでなければと、満足の走りであった。
途中、遅い昼食を赤木高原PAでとって、少し休憩ののち、あとは自宅まで休憩なしで帰ったが、既に6時近くになっていた。結局、帰りは新潟から昼食を除いても6時間かかったことになる。
室内は、暖房も何もなくても、何故か暖かかった。それは新潟の寒さを体験してばかりだったからかもしれないが、やはり心が満たされていたからだと思う。

全てに感謝である。
新潟に行くこと自体も12月に入ってから急遽決まったことだったが、日帰りのつもりが思いがけず一泊の旅となってしまったのは、人の心の温かさを感じあう、確認の旅であったからだとも思える。
何があっても、素晴らしい人との出会いがそこにはある。
私は、どこへ行っても素晴らしい人の心に触れさせていただける、幸運に恵まれていると思う。
想定外。それもまた大きくは想定していたことだと改めて思う。
往復私のサポートをしてくれた友人、いろいろと世話をしてくれたBRONZEのchihoさんやメンバーの人たち、主催者のアキラさんご夫妻の笑顔での歓迎、スタッフのみなさん、舞台でそれぞれの音を楽しませてくださった奏者のみなさん、そしてゲストで精一杯のサービス精神で楽しませてくれたCharさん、石田さん、BAHOのメンバーの??さん(お名前を忘れてごめんなさい<(_ _)>)、大きなエネルギーを作り出した参加者のみなさん、そして私。
みんなみんなありがとう。みんなみんな素晴らしかったです。新潟へ出かけて行って本当によかったです。
これも何かの縁ですね。きっと見えない糸に引かれて行かせていただいたのでしょう。(^人^)感謝♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この度は運転手にご使命(誤字)ありがとうございました!
一匹狼の性質上気配りが少々足りなかったかな?とか
反省しております(^^ゞ
また何かございましたら何なりと、お申し付け下さいませm(__)m
勿論ギャラは頂きません(笑)

運ちゃんです!
URL
2005/12/14 23:37
show♪さん、こんばんは。
この間はハイヤーに乗せてくれてありがとうございました♪*^-^*
あら、一匹狼だったんですか?私は首にfox巻いていたんですよ。一匹分は無かったけど。*^-^*
冗談はともかく、本当にお世話になりましたね。
どうもありがとうございました。<(_ _)>
きっと私にとっては、いついつまでも楽しい思い出の一頁として残っていくと思います。本当に楽しかったですものね。
(^∇^)アハハ! 私も貧乏だから上客の乗客になれないけれど、常客になると結構迷惑かもしれないですよね。*^-^*
でも、また何かあったらよろしくお願いいたしますね。  
気楽
2005/12/15 00:08
運ちゃん、気楽さんを無事に送迎でありがとう&お疲れ様でした!(笑)
・・・今度私も「ヘイ!タクシー!」って親指立ててみようかしらん・・・(爆)

chiho
2005/12/20 20:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
想定外の出来事 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる