心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「本当の自由って?」について 〜その2〜

<<   作成日時 : 2005/12/23 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

本当の自由って?」について

つづきです。
>限定してしまうと、それだけ幅が狭くなってしまうのだから。
>でも、「限定した方が、内容が濃い」
>というのもあるかもしれない。
>あるということは、その逆もあるということだ。
>だから、それさえも、「自由に」こだわらなくてもいいのではないか・・・。

*^-^*
言わんとしていることは、分かる気がします。
少し意味が違いますが、「内容が濃い」という言葉から浮かんだのが、
「広く浅く」か「狭く深く」かという言葉です。もう一昔も二昔も前のことになるでしょうか、マルチ人間が求められたのは。オールマイティーであることが評価されました。
今の時代はどうなのでしょうねえ・・・

人と人との関係において分かり合えるということ。誤解されたり、いくら言葉を重ねても分かり合えない時というのも実際にあると思います。
そのときに自分の気持ちをどう扱うか? どう処理するのか?
その扱い方次第で、堂々巡りの時間を過ごすのか、葛藤を繰り返すのか、心を解放しスキッとするのかの分かれ道でもあると思います。
「限定」とは、「ひとつに絞る」ということかもしれないけれど、自由について語りながら「限定」という言葉が浮かんだということは、それで納得させようとしているのかな・・・

昔、作った詩でこういうのがあるんですよ。*^-^*
                                                               
困っていませんか? 

   何か、困っていることはありませんか?
   困るとはどういう状態なのでしょう?

   困るとは、文字が示すとおり
   囲いの中に木があるのです
   四方が塀に囲われて
   根っこも幹も、枝も伸びることが出来ないのです
   正に八方塞がりの状態です

   ではどうしたら困った状態から抜け出せますか?
   それは、囲いを外してあげることです

   囲いがなくなれば、
   根っこは伸び伸びと地中に根をはり養分を吸い上げます
   幹は真っ直ぐ天に向かって伸びていきます
   枝は横へ手を伸ばし葉を繁らせます
   やがて、花が咲き実をつけます

   困るとは、囲いを外しなさいということ
   困難とは、執着し囲ってしまうから難しくなるといこと
   同じように、何かに囚われている人も
   囲いを外すことで執着から解放されていきます

   人も、木も、囲いがあっては成長できません
   どちらも「囲いを外せ」とのメッセージと受けとめて
   こだわりを棄てて心軽やかになってみましょう
   人生に行き詰まりはないと確認できますよ
   全ては、意識が創りだしている世界です


*^-^*
どうですか?「限定」が「囲い」であったら、それは自由ではないかもしれませんね。取り敢えずの納得・・・

で、人と人との間で、分かり合えないもどかしさであるとか、時には思い込みが解けない場合などでは、心が行き詰まりを感じて窮屈ですし、苦しいものですね。
こういう場合は、相手ではなく、自分自身を信じきれるかどうかがテーマでもあると思います。

囲いは外せれば外すに越したことはありませんが、でもすべての囲いが今すぐに外れるわけでもありませんし、それが現状ですから囲いがあってもいいのです。何しろ否定するものはないのですからね。*^-^*
ではどうするか?
囲いの中の自分を、囲いの外から見てみることですね。*^-^*
若しくは、根も幹も枝ものびのび成長できるように、その囲いを大きく広げてあげましょう。
その囲いが今の2倍3倍、いえ、もっともっと大きく広げてしまったら、その枠さえも視界に入りませんね。意識からもなくなってしまうでしょう。
その枠を究極、宇宙の大きさ、無限大に広げてしまえば無いも同然ですね。*^-^*
意識は、どんな状態にあっても自由自在に広げることができますよ。
結局、その枠、囲いとは、自身の心そのものなのですからね。
開けゴマ!開け心の扉!! でしょうか。*^-^*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「本当の自由って?」について 〜その2〜 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる