心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 毒か薬か? −続編−

<<   作成日時 : 2006/02/27 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

そういえば、日本で発表(2005.8.18付け新聞)される前に、アメリカで発表があったことを思い出し、調べてみたらやはりあった。日本の対応はいつも遅いと感じる。
転載大歓迎ということなので、ここに転載させていただく。
このほかにも、水銀による汚染問題は、今でも深刻な状況だが、あまり知られていないのが実情である。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
世界の環境ホットニュース(GEN) 340号 発行:別処珠樹 転載歓迎 04年3月21日

「水銀、妊婦に害と米当局」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

昨20日は共同通信・時事通信が「水銀、妊婦に害と米当局」などと題する記事を
配信していますので、すでにネットで読まれた方もいらっしゃるでしょう。要す
るに、サメ、メカジキ、サバ、アマダイなどは水銀の含有量が高いので、妊婦や
乳幼児は摂取しないようにと 米食品医薬品局(FDA)と環境保護局(EPA)が合同で
勧告したというものです。それ以外のツナ缶などについても、摂取量を制限する
よう求めています。

これに対して米「水銀政策計画」MPP などの NGOが草稿を読んて、これでは十分
でないとあらかじめ注意を喚起するメッセージを送っていたことがわかりました。
MPP のマイケル・ベンダー代表らが出した文書を読むと、次のような主張が並ん
でいます。

 FDA 自身が示した検査結果によると、ビンナガマグロから 0.358ppm の水銀が
 検出されている。一回の食事量で EPA の参照用量(RfD)を超えることもあり
 うる。[RfD (reference dose) は日本の一日摂取許容量にあたる]
 
 体重10キロの幼児では、ビンナガマグロを2オンス(56グラム)食べただけで
 RfD の3倍になる。体重 60キロの女性が6オンスのビンナガを食べると、RfD
 の1.5 倍になる。[1オンス=約28グラム]
 
しかし、発表された勧告文を読むと、これらの主張は必ずしも受け入れられてい
ない様子です。勧告文の要点を訳出しておきます。

                  *
                  
魚介類は、健康な食事の大切な要素になっています。質のよいたんぱく質やその
ほかの必須栄養素を含んでいます。飽和脂肪酸が少なく、オメガ3の脂肪酸 [オ
メガ3というのは不飽和脂肪酸の二重結合の位置による分類の一つ。からだに良
いといわれる] を含んでいます。魚介類をバランスよく含んだ食事は心臓によく、
子どもの成長や発達にも貢献します。ですから特に子どもや女性は、栄養上の利
益を考えて魚介類を食事に含めるべきです。

しかし、たいていの魚介類は微量の水銀を含んでいます。ほとんどの人にとって
魚介類から摂取する水銀は健康上の問題を引き起こすものではありません。とこ
ろがある種のものは、より高い濃度の水銀を含んでいて、胎児や幼児の発達中の
神経系を傷つけることがあります。水銀のリスクは食べる量と水銀の濃度により
ます。そこでFDAとEPAは、妊娠を予定している女性、妊娠中の女性、授乳
中のお母さん、幼児については、水銀濃度の低いタイプの魚介類を食べるように
お勧めします。

・サメ、メカジキ、サバ、アマダイは高濃度の水銀を含むので食べないこと。
・水銀濃度の低い魚介類を組み合わせて 一週間に336グラムを限度とすること。
・エビ、ツナ缶、シャケ、スケソウダラ、ナマズは水銀濃度が低い。
・普通に食卓にのぼる魚のうち、ビンナガマグロはツナ缶より水銀濃度が高い。
 一週間に168グラム(一回の食事分)までは食べてよい。
・湖・川・海で釣った魚は、その地域の勧告をチェックすること。勧告がない場
 合は一週間に168グラムを限度とすること。この週はほかの魚を食べないこと。
・幼児に食べさせる時は、以上の注意を守り、少量とすること。

(編集者――日本の魚はまた状況が違いますので、これをそのまま日本に当ては
めることはできないと思いますが、魚種によっては同じような状況が生じている
ことも考えられます。いずれにしても、[GEN 337] でお知らせしたことも併せて
見ると、やっと米政府が水銀に危機感を抱き始めたことが推測されます)

▼勧告文(原文)
 http://www.epa.gov/ost/fishadvice/advice.html
▼水銀政策計画が出したFDAへのレター
 http://www.mercurypolicy.org/new/fdaletter022404.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
毒か薬か? −続編− 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる