心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS ドミノ倒しのように・・・

<<   作成日時 : 2006/11/25 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像
最近、「そろそろ病気ゲームから卒業しようかな」と思い始めている。
それは日を追うごとに明確になってきているようだ・・・

昨夜は熱が出てきて、全身の関節が炎症を起こし、カッカと熱くなり、またズキズキと疼き始めていた。
ベッドへ入ったものの、羽毛布団が左寄りに、毛布が右寄りにセットされていて、丈も短く肩までかからない状態だった。このベッドメイキングはヘルパーさんにお願いしているのだが、なかなか思うようにならない。「布団は中心に合わせてね」とお願いするのだが、この中心のとり方が分からないようだ。ベッドの中心と布団の中心を合わせるだけなのだが・・・

あいにく昨日は熱も高くて両肩が動かず、布団を上げることさえままならない。
仕方なくウールの薄いひざ掛けを肩にかけて寝たがそれすらきちんと肩を覆うことが出来なかった。「まあ、仕方ないな。神様あとはよろしくお願いします」と目を瞑る。
ふと、夫が健在のときは簡単に布団をかけてくれたのになと思い、だからあとは神さまだけが頼りなのよねと。今までもずっと見守ってくださっていたのだから・・・

画像

眠りの達人というわけではないが、身体も動かないのでそのまま眠った。
途中何度も自分の唸り声で目が覚める。無意識にも寝返りを打とうとして激痛に声を上げるの繰り返しだった。しかしそれは「苦」というのではなかった。
まどろみの中で、今まで体験してきたあるゆる痛みが再現されていく・・・浮かんできたのは本棚の本がズラーッと並んでいて、その背表紙に「○○の痛み」「何年ごろの○○の痛み」などと書いてあるような感じで、それがまるでドミノ倒しのように倒れていく。
身体を動かすたびに、痛み方の違いを感じ、「ああ、これ、前に体験した痛みだ・・」を繰り返す。

「うううーーん」と大きな唸り声に目が覚めると、肩にかけていたひざ掛けが首にしっかり巻きついて、まるでコルセットのようだった。これは神さまの仕業?
そう。首の痛みをひざ掛けがそうやって軽減してくれていたのだ。
私は、こうした現象を体験しながら浄化されていくのを感じていた。好転反応、逆行現象、禊、みそぎ、私は健康な身体に戻っていくのを感じた。
決して、病状に対し悪化とは思えなかった。

画像「病気を卒業しよう」という意識が自然な流れで強くなってきている。意識は現象化するわけで、最近はその現象化が早まっているので、身体にもいろいろな現象が現われるのだろう。

法の華にいたころ、理事長様(福永氏の母親)に「今年は車椅子から立とうと思います」と挨拶したら「そんなことしたらいけません。あなたはそのままで・・・」と言われ、「天は車椅子の私を必要としている」と思い込んで、このままでいいと思った。その後何度か車椅子を卒業しようと試みたが、理事長のその言葉がいつも蘇りそれを阻む。
天は健康な私ではなく「車椅子の私」を必要とし道具としてお使いになられるなら、喜んでお受けしよう。そういつも思った。一種広告塔の役を担った。

その後も、ワークに行ったときに、何かの療法、ヒーリングというもので病気を治すというのに抵抗を感じた。「このおかげで治ったのよ」と言われること、広告塔になることを無意識の内にも避けるようになっていた。
病気に関しては、「業報」という捉え方もしていたので、治る治らないは神様任せ的なところもあったからそれほど私には重大ではなかった。
自分のすべての禊が終われば形はどうでもいいと思っていたからだ。

けれど、今は今までと意識が変わってきている。
大きなうねり、大きな変化がやってきているように感じる。
今感じていること・・・・ いつか話せるようになるといいね。そのときはこのブログでと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

以前、僕は氣楽さんが今の体の状態から抜け出せるように、有志で祈ろうかと提案したことがあります。
傲慢かもしれませんが、氣楽さんは素晴らしいエネルギーを持った方なので早くみんなの前に出て、輪を作るときではないかと思ったのです。
それに身体的な不自由はもういいだろうと思ったのです。
その企てはなぜかうまく進みませんでした。
と同時に、それでいいのだと感じている自分もいました。
それが天の采配だろうと…

有我
2006/11/26 09:30
(続き)
その後で、長谷本にめぐり合わせていただいたり、自分の体のこと(些細なですが)からいまだに地球も痛みに耐えていることに気付いたりしました。
だから、本人が望まない限り、余計な手助けはいらないのだと改めて感じたのです。
それで、微力ですがいつでも氣楽さんが使えるようにと、愛のエネルギーを送るだけにしました。念じただけですが…(笑)

そして、今、変わるのですね。
氣楽さんご自身がその氣になられたのなら、それはきっと起こります。
心の中はあまりにも広大で、すべてを他人が推し量ることは不可能だと思います。
しかし、その人が焦点を合わせたものは形に現れると思います。
さらにうれしたのしとなっていくようですね。

本当にありがとうございます。

P.S. タケさんのCD、何回も聴いてます。ついつい一緒に歌いたくなります。ついつい嬉し涙が出てきます。地の日月の神さま(=氣楽さま)、ありがとうございます。
有我
2006/11/26 09:31
こんばんは♪。たくましい精神力ですね!。

ホンニ、ホンニ、自分は甘ちゃんだと思いました。寒ければ寒い。痛ければ痛い!。
最近寒く体の芯まで冷えて、アルミが裏面になっている敷き物を使って寝ています。これは優れものだと思いますが。
布団と毛布の四方スナップで合体出来ればいいのにね、ずれない方法無いかしら?なんて余計な事を考えてました〜(ヘルパーさんお願い)

「スゴロクのあがり」どなたが一番かしらん。卒業旅行もありますよ〜
軽くなる日が待たれます。

「神人」さんは泣けませんでした〜私の感性はズレテイルノカシラ?。

おお〜^_^;です。

明日元気になあれ〜☆彡(*^_^*)


羽衣
2006/11/26 19:55
大丈夫です。
呼吸ができている限り、病気は治せます。
なぜなら、人間には自然治癒力があるからです。
あきらめてはいけません。

おせっかい屋
2006/11/26 21:44
先日は大変失礼なことをしてしまいました。
温かい言葉をかけていただいたのに、言葉が読めなくてごめんなさい。
病気からの卒業はとても素晴らしいことですね。
思えば、願えば、意識すれば叶うのですね。
体が思うようになりますように私も願っています。
神人さんのメッセージはおもしろいです。
少しずつ読んでみようと思っています。

うさぎ
2006/11/26 22:16
みなさん、深夜にこんばんは♪

有我さん
いつも有我とうございます♪
あ、間違えた!!「ありがとうございます」でした。(^∇^)

>その企てはなぜかうまく進みませんでした。
>と同時に、それでいいのだと感じている自分もいました。
>それが天の采配だろうと…

うふ。私の知らないところでコソコソやってはいけませんですよ。*^-^*
でも、嬉しいですね。お気持ちに心から感謝致します。<(_ _)>
そうですねえ・・・私が決めていることですからね。私以外が制限をかけているわけではないんですね。時期が来ないとなかなか制限も外せなかったということかもしれません。

さてさて、どんな形で卒業を迎えるでしょうか?私自身も楽しみです。
CDですが、私はいつも一緒に歌っちゃいますよ。おかしなもので寝ていても歌声聞えてきます。*^-^*
氣楽
2006/11/27 02:40
羽衣さん

>「スゴロクのあがり」どなたが一番かしらん。卒業旅行もありますよ〜

はーい(^O^)/ 私が先ず上がりましょうか。いえいえ、これはみんなで一緒にゴールがいいですよね。
羽衣さんも、うさぎさんも、みんな手をつないでゴールですよ〜〜ん♪
だってね。卒業旅行ってひとりじゃいけないんじゃな〜い??
ね、ね。だからみんないっしょですよ〜〜〜♪
うふふ。楽しいわねえ。みんな早くお気楽菌に感染してちょうだいね!!
そうすれば、はやく卒業ですからね〜。ヾ(^▽^)ノ

神人さんのは、理屈抜きにただ聴いてください。
きっとそのうちに、羽衣さんのハートに語りかけてくる声が聴こえてくると思います。それまで焦る必要はありませんからね。*^-^*
氣楽
2006/11/27 02:59
おせっかい屋さん
はじめまして。コメントありがとうございます♪
大丈夫です。私の身体、こう見えても結構タフなんですよね。*^-^*
普通の健康の人よりも耐久力もありますしね。
好・不調というか、劇的な変化もありますが、だから神さまが活かしてくださっているということがよく分かるわけですが。

それに、仰るとおり自然治癒力も回復してきているように感じますのでね。
励ましのお言葉、ありがとうございます。心から感謝致します。<(_ _)>
氣楽
2006/11/27 03:01
うさぎさん
失礼だなんて何もないですよ。*^-^*
メールのお返事すぐに出せばよかったのですが、遅くてごめんなさいね。
なるべく早く書きたいと思っています。

>病気からの卒業はとても素晴らしいことですね。

そうですね。だから、あなたも一緒に卒業しましょうね。大丈夫!みんなで渡れば怖くない式で、みんなで手をつないでみんなでゴールですよ。ねっ!!(^O^)v
私まだまだ手をつなぎたい人いっぱいいるの。あ〜、何本手があったら足りるかしら?(笑)
いつも一緒よ!遠くたってそんなの関係ないですからね!ヾ(^▽^)ノ

>神人さんのメッセージはおもしろいです。
>少しずつ読んでみようと思っています。

素晴らしい!! ホント、おもしろいということはあなたの心が開いていることよ♪だから、ねっ!大丈夫。うさぎさんも一緒にきっとゴールできますよ♪\(*⌒0⌒)bがんばっ♪
氣楽
2006/11/27 03:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドミノ倒しのように・・・ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる