心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「守護霊」について

<<   作成日時 : 2007/01/29 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

守護霊」について
とおこさん、不思議、不思議!!
まるで、私がもうひとり居るようです。

私は、幼いころから見えない存在がいつも見守っていてくれることを感じていました。
それが何か?誰なのか?は分かりませんでしたが、神さまが見守ってくれているという認識でした。

だから、風邪などの病気でひとり寝かされているときでも、寂しくはありませんでした。
私は一人遊びが好きだったのかどうか分かりませんが、そういう機会がたくさんあって、自分と向き合って、いろいろなことを考えたり、思ったり、心のうちを確認することが多かったです。
きっと、そのとき内なる神さまが聞き役で遊んでくれていたのでしょう。
それは、私にとって貴重な時間だったと思います。

世の中の矛盾や、理不尽なことに、耐えきれず大人になりなりたくない自分がいたり、葛藤することが多かったのですが、それでも、必死に生きてこられたのは、見えない存在がいつも私を見守ってくれているのを感じていたからです。

この神さまは、仰るとおり、私の意志を尊重してくれ、私のやることに一切口出しせず、黙って見守るだけ。
時に、手を貸して欲しいなあ、どうしたらよいのか教えて欲しいなと思っても、ただただ見守って、私の学びの邪魔はしない。好きにやってごらんというような声にしか聞えてこなかったのです。

だから、私は懸命にどうしたらよいのか考えて、行動してきました。
どんなに苦境に立たされても、「見守ってくれている」という感覚が、私を支えてくれましたし、ひとりであっても、決して孤独ではなかったのは、見えない存在がいてくれたからです。
私は、神とはおそらくそういう存在なのだろうと思っていました。
そして、いつも私の傍から離れず、共に泣き、共に笑い、共に悦び、共に歩んでくれていることを感じていました。


ところがです・・・・
あるとき、守護霊様が仰るに
「いつもいつも凄いなあと思って見守るばかりで、あなたは私たちに手伝わせてはくれませんでした。もっともっと私たちにも手伝わせてください。今まではひとりでやってこられても、これからは人間だけを相手にしていては危ないです・・・」
「もっともっと、私たちに甘えて欲しいのです」

私は「そんなこと分からなかったもの」と思いました。
第一、甘え方を知らない不器用な生き方をして、すべて体験学習とばかりにがんばってきたんですもの。
意外な言葉でしたが、仰ることの意味は分かりました。

守護霊様は、いわば運命共同体なわけで、もっともっと対話して霊界ともしっかりつながって行かないと、人間の知恵ばかりでこの時代を乗り越えようとしても無理な話なのですね。

それからは、「守護霊様方、どうぞ私に分かるように具体的にご指導ください」とお願いしています。
私のように鈍感なものは、あらゆるところからメッセージが来てもキャッチできずに見逃してしまいがちですから、そういうことのないように、あえて「私に分かるように具体的に」と強調しているのです。*^-^*

すると、本当に具体的に分かるように教えてくださるのですよ。(^O^)v
但し、今は身魂のお掃除お洗濯の時代ですから、「きゃー、厳しい!!」ということも多々あります。*^-^*

「霊主・体従」とは、守護霊様方と共に歩むことでもあったのですね。
今は以前よりももっと身近で一体感がありますよ。
対話に常に心がけています♪*^-^*

守護霊様は、複数いらっしゃっていて、私たちの魂の成長に合わせて変わって行くのだそうです。生まれてからずっと同じ守護霊様ではないそうですね。*^-^*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
なんだかサプライズ続き
なんだかね、サンタさんが次から次とやってきて、私はひとりでわくわく、にこにこしています。 だから、やっぱり「ぽっち」はいいものだ〜。\(^o^)/ ...続きを見る
心のまま大らかに
2014/12/28 00:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
氣楽様 こんにちは。 わたしたちはよく似てるのでしょうか?似たような体験をしてますね。  

私の場合 ふだんは側にいてくださってることをあまり意識していません。

わたしの命が危ないときやどうしても伝えたいことがあるときにはっきりわかるように話しかけられます。

一度はっきりとわかるように波動を下げてわたしの前に来てくれたことがあってそのとき地上でいう愛とはスケールの違う包み込む愛に圧倒されて畏怖の念を持ちました。こちらの反応を見てすぐに気配を断ってしまいましたが
初めて人の言う愛ではない愛の波動というものを実感しました。
忘れられない体験です。それ以後わたしの信頼感は絶対的なものになりました。
とおこ
2007/01/29 15:28
とおこさん、こんばんは♪

本当に不思議なほど、詩集を読ませていただいても私が語っていることと一緒なんですよ。
私が体験したことを書いてもらっているような気になるほどです。*^-^*

感じ方というのは、人それぞれのようですが、はっきり見えるとか聞えるといいですよね。*^-^*
絶対的信頼というのも素晴らしい体験があってなのですね。

最近の私は、一体化してきているのかなっていう感じがします。
これも新しい感覚なのですが・・・
どんな時も、信頼がゆらがないのはとおこさんと同じです。*^-^*
氣楽
2007/01/30 01:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「守護霊」について 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる