心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 加速する時間

<<   作成日時 : 2007/03/20 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

子供のころに比べて時間が短く(速く)感じられるようになったのは何年も前のことであるが、ここ数年は特にそれを感じるようになっていた。
それに同調しているときは、睡眠時間が短くなってもコントロールがきいていた。体調も何とかついてきてくれた。

けれど、障害を持つ身なので、いつまでも無理してはいけないと思ってもいた。大体が気力で持っている体なので充分な睡眠を必要としていたのだが、忙しさに任せて極端に睡眠時間が少なかった。案の定昨年あたりから体調が急下降していった。

ところで、先日ネットで「ケムトレイル」のことが話題となり、参考にサイトが紹介されていた。
私も何度となくその不思議な飛行機雲を見ていたので、そのサイトの説明を読んで納得した。
けれど、その前に書かれていた「時間の加速」への適応についてのほうがより身近な問題としてあった。
それは、全くその通りの体験をまさに今、リアルタイムで体験中だからである・・・
http://www21.0038.net/~gaia-as1/current6a.html#adaptation-to-acceleration

それによると、
私たちが属する物質宇宙のこの領域で、星や惑星の運行、そして時計が刻む時刻など、あらゆるものが同時に加速している。

実際のところ地球は、時間の加速に合わせて、自らの波動レベルを上げていくことによって、宇宙のこの領域で現に進行しつつある「大異変(アセンション)」の動きに着実に追随しており、事実上地球と一体になって生きている大半の自然界の生き物も、同様とみられる。

しかし、地上の人類だけは(現状をみれば誰でも納得できるように)、それには該当しない。

そこで、そのギャップが拡大してきて、「間に合わない」状況が目立つようになってきている。

私たちの1人ひとりは、人類全体のオーバーソウルに繋がっているので、1人の努力だけで時間の加速に追随することには限界がある。

ほぼ20年前から始まったこの加速によって、現在の1日は約3分の2になっているとみられる(時計の時間は相変わらず1日24時間ですが)。

これについての感じ方に個人差が出る理由は、いくつかあって

まず、「カレンダーや時計は絶対的なものだ(なぜなら太陽を回る地球の運行にリンクしているから)」という先入観があり、それに囚われた判断が、感覚的に物事を捉えることを妨げている。

また、それぞれの人が、この変化に、ある程度は適応しているので、感覚だけでは真の変化率を捉えることができないという事情もある。


そこで、ほとんどの人は今のところ時間の加速に対応できていないので、十分な睡眠をとるには、従来以上の「時計時間」を必要とすることになる。例えば、以前は7時間で十分だったものが、今や10時間を必要とする。残りの時間は14時間。
その14時間は「時計時間」なので、時間の加速(圧縮)を考慮すると、実質的には9時間強しかないことになる。

換言すれば、以前と同じペースでは、「1日に9時間強分の仕事をこなすのが精一杯」ということになる(もちろんこれは、職場での実働時間のことではなく、睡眠以外の全ての活動に充当する時間のこと)。


この状況に対処するには、これまでのパターンを抜本的に変える必要がある。


と言っています。
確かにその通りなのです。加速する時間についていけなくなったら寝るしかないのが実情のようです。
私自身も実際に睡眠で補うしかない状態に陥っていました。というか、今も現在進行形ですが、それでも少しずつ良い方向へ向いてきていると感じます。
起きているよりも、横になっているだけでも遥かに負担が軽くて済みますが、いつの間にか眠っているのが実情です。
しかし、それが良いとか悪いとかではなく、眠っているときに細胞は修復され、活性化するようですから、私は睡眠を多くとることで細胞に協力することが要求されていると感じています。それを無視したら赤信号となるのでしょう。*^-^*

今の時代は、特に地球と同調することが大事なことだと思います。
では、どうしたらよいでしょうか?
少し抜粋してみますと、

典型的には、日々に(あるいは週間または月間に)行うことの優先順位を、適切な価値判断に基づいて徹底的に絞り込んで、その他のものを切って捨てることでしょう。

当然ながら人間関係も、従来通りのパターンではやっていけないことになるでしょう。

不義理や礼節を欠くことについて、お互いに寛容であることが必要になります。

過度の潔癖性や完全主義、あるいは自分の流儀へのこだわりなどは、結局は自分自身を、そして周囲の者を加害することに繋がります。

これまでのように物事を処理できないことについて、決して自分を責めないことです。寛容と同時に忍耐が必要です。

その延長として、これまで取り組んできた物事や人間関係などについての「整理」が進行するかもしれませんが、それは自然な流れです。

企業も、こうしたことを十分に認識して、人手に頼る部分が多い生産や作業そして研究開発などの領域で、従来通りの成果を要求することをせず、むしろ事業の目的や範囲、そして運営の方式などを抜本的に見直すことが必要になります。



この時期に、私たちが置かれている困難な状況は、上記だけではありません。

時間の加速、つまりはアセンションに向けて急速に適応しようとする地球の動きは、その肉体つまり物質地球の様々な局面で、予想外の出来事を引き起こしています。

例えば、昨年から今年にかけて北半球で見られたハリケーンや台風の多発、異常に多い降雨や降雪、それに伴う洪水、冬季の極端な低温など。こうしたことは南半球でも例外ではなく、天秤のバランスを取るかのように、対称的な異常気象が見られました。

これらが、一過性の異常で終わる可能性はほとんど考えられません。世界全体として今後も、気象に加えて、海底を含む火山活動や地震が活発化することは避けられないでしょう。

私たちは、少なくとも気象については、従来のパターンを、記憶から消去しておくのが賢明です。

1日の中でも、気象が激変する可能性を常に考えておく必要があります。

ーーーー中略ーーーーー

以上のように私たちは、宇宙や地球から大きな課題を与えられています。

また、この世界の巨悪も、ここを先途と最後の「お努め」に精を出しているようですが、彼らがコーナーに追い詰められて身動きできなくなる日が来るのは、それほど遠くはないでしょう。

堕落したメディアに篭絡されてきた多数の市民も、そこで始めて自らの不明に気付き、「大いなる目覚め」が急進展するでしょう。

単なる物質の塊ではない地球というものの本質について、人々の理解が行き渡ってくれば、私たち地上の人類と地球との同期が、少しずつ回復していくでしょう。

そうなると、時間の加速への適応はずっと容易になり、私たちは、むしろそれを楽しむようになるかもしれません。

ともかく全体として人類は、歴史上空前のエキサイティングな時代を生きていることは間違いありません。

この先に展開するドラマも楽しみにしながら、地に足をつけて、日々の得がたい体験を積んでいきましょう。


ということで、困難はあってもわたしたちの未来は明るいのです。
時代の波に乗ることは大事なことですが、スピードに追いつかなくなったら、無理せずゆっくり休むことで体制を整えればよいですね。夜更かしは禁物。早寝早起きを心がけましょう。
そして、生活スタイルもシンプルに整理して、ゆとりをもって楽しみましょう♪


詳しくは↓をどうぞ。
http://www21.0038.net/~gaia-as1/current6a.html#adaptation-to-acceleration

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
氣♪楽♪さ〜ん♪
こんばんは。不規則ってまさに私のことですね^^;
加速する時間は実感します。いつも、カレンダーを見ながら「??まだ3月だっけ?あ〜よかった」なんて見ています。でも速い、本当に速く感じます。自分の中ではもう4月という感覚だったり・・・。

>従来通りのパターンではやっていけないことになるでしょう。
そうですね、私の生活の中でもそうなってきています・・・。普通に仕事しながらというのは無理が来ていますね・・・。今日はもう休みます^^久々にゆっくり眠れそうです(ーー;) ではまた!
chiho
2007/03/20 22:38
はじめまして!
まさに相対性理論の世界ですね^笑^
ロビンソン
2007/03/20 23:28
氣楽さん こんにちは。
時間の加速は、ますます速くなってる気がします。2月のカレンダーが子犬だったのです。気にいって眺めていたのですがすぐに3月の子猫に変ってしまいました。こちらもかわいいのですが、そのあまりの速さに『えーもう2月が終わってしまったの』思わずそう言っていました。

嬉しいこともあって書いてある通り自分のすることが整理されてきて本当にしたいことだけするようになってきました。

眠りの時間もたっぷりとっています。そうすると身体の調子もいいようです。
頭よりも身体のほうが地球の状況を知ってるみたいで身体に聞いたほうが早い気がします。

次元上昇とかアセンションのことは職場でもわたしの周りでも話題にあがることはありません。とても不思議なのですがそれだけみんな知らないみたいです。
全ての人にかかわりのあることなのに残念です。

ネットに繋がるとこういうお話ができるので本当に嬉しいです.(*^_^*)

とおこ
2007/03/21 13:47
Chihoさん、こんばんは♪
今夜は練習日ですね。お疲れ様です。<(_ _)>
いつもいつもハードワークのchihoさんには、特に無理をして欲しくありませんね。*^-^*
どうぞどうぞくれぐれもご自身を労わってあげてくださいね。
たのみますぞ〜〜〜♪*^-^*
氣楽
2007/03/21 22:28
ロビンソンさん、はじめまして。ようこそ♪

コメントありがとうございます。

>まさに相対性理論の世界ですね^笑^

そうですね。否しかし、それを超えているかもしれません。*^-^*
一昨年だったか、NHKで「ひも理論」と言ったでしょうか、2回にわたって特集を組んでいて、とても興味深かったです。
どちらにしても、理論上で理解できる頭脳は持ち合わせていませんが(笑)、直感的&体験的に理解するのは楽しいものです。*^-^*
氣楽
2007/03/21 22:37
とおこさん、こんばんは♪

今年もあっという間に弥生三月。それもお彼岸です。本当に早いですねえ。
生活習慣も整理していくと、本当にシンプルになって行きますね。

>眠りの時間もたっぷりとっています。そうすると身体の調子もいいようです。
>頭よりも身体のほうが地球の状況を知ってるみたいで身体に聞いたほうが早い気がします。

本当にその通りですね。
私も、今までになく睡眠時間を多くとっています。時には一日中寝ていることもあったり、夜も8時9時にはベッドに入っているということも今では珍しくありません。

当然、あれこれしようと思っていたこともできないわけですが、別段困るようなことは起きませんね。
最近気づいたのですが、睡眠時間を多くとることで加速化を中和することができるのではないかと感じます。
上手く表現できませんが、速くもなく遅くもなく「ゼロ」・・・
うふ。睡眠は覚醒の救世主だったりして・・・。*^-^*
(きっと、どこまでも頭が良くて理論的な人からは笑いがとれそうですが。*^-^*)
氣楽
2007/03/21 23:05
おはようございますΘ^^Θ
わたしは以前は時間に追いつけない自分を無理やり時間に追いつかせようと無駄な労力を使っていましたΘ^^Θ
今は自分のリズムをたいせつにして、疲れたら眠るように身体がそうなっているようで、ほんとにぼちぼち生きておりますΘ^^Θ
泪のしずく
2007/03/24 08:52
泪のしずくさん
☆お(^O^)☆は(^o^)☆よ(^0^)☆う(^ー^☆ございます♪
ご無沙汰しています。

>今は自分のリズムをたいせつにして、疲れたら眠るように身体がそう
>なっているようで、ほんとにぼちぼち生きておりますΘ^^Θ

やはり流れに沿ってマイペースがいいようですね。
無理してもそのツケは全部自分に回ってきますから厳しいですよね。*^-^*
私も、ぼちぼち生きているって実感していますよ。*^-^*
いや本当によく生きています。やっぱり生かされているんですよね。
自分で生きていると思ったら、とっくに死んでいるでしょうね。生きていけないですもの・・・*^-^*

お互いに、健康第一でp(*^-^*)q がんばっ♪ ですね。
くれぐれもお大事になさってくださいね♪<(_ _)>
氣楽
2007/03/24 09:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
加速する時間 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる