心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜食は貫けるか?

<<   作成日時 : 2007/04/30 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久しぶりに春らしく、爽やかでのどかな昼下がり。ベランダの窓を全開にしても寒さを感じない。それもそのはず、東京では今年初の夏日だったようだ。例年なら今の時期、軽装で颯爽としてしていたのだが今年はようやくといった感じだ。

今日は先日26日に初孫を授かった弟夫婦に心ばかりのお祝いをと思い、来てもらった。
画像しっかりした顔立ちで目をパッチリ開けている。この写真が生後30分の写真とは驚きだ。
ほとんど泣かず、おとなしい男の子は、「拓斗」と名づけられた。
甘やかされて育った姪が、結婚して子供を産み、へんな言い方だが段々に大人になっていく。これからはこの赤ちゃんが親を育ててくれるのだろう。拓斗くん、よろしくね♪

明日は退院で、ひと月ほどを実家で過ごす予定。ちょうど連休中に帰ってくるので、子ども好きの弟は目を細めて嬉しそうにしている。
みんなみんな、幸せになーれ♪


お昼には天丼をとった。
菜食の私は、衣に使われている卵がちょっぴり気になったが、細かいことを言うと出前はとれないので、目を瞑って野菜天丼を。揚げたての天ぷらは油の香りもよくさすがに美味。
さつまいも、いんげん、ピーマン、なす、蓮根、かき揚げと盛り沢山で、食べきれないほどだ。
最近は出前を取ることも少なくなったが、来客の時は仕方ない。でも、とってみて分かるのがいかに菜食で身体が浄化されているかである。
しかも、「ひふみの食べ方」(ひふみ祝詞を唱えながら47回噛む)をすればするほど、よく分かるのだ。
添加物などが入っていれば不味く、自然であれば美味。この違いは歴然である。


弟の手土産は、チーズパイ包みの洋菓子。
おまけに、試食したら美味しかったからと、ニンニクの臭いプンプンの生餃子。
冷凍しておけば3ヶ月は持つというので、いらないとも言えず「ありがとう」と冷蔵庫へ。
肉入りの餃子は食べないので、餃子も久しぶりだが肉が入っていたらどうしよう・・・


それに、先日の「天の日月の神」の「め」の巻には
これから難なく暮らせる有り難いミロクの世となったぞ。
いつまでもしがみ付いておられなすなよ。手放せば嬉しくなるのじゃぞ。
みなと仲ようしなされ。一人では何もできん。嬉しくならんのう。
ひとりふたりさんにんと友を作りなされ。己、広がるぞ。友とは、己であるぞ。鏡であるぞ。
みなみな友となれる御魂ばかりじゃ。草木、虫けら、友となれるぞ。
獣みなみ仲よういたされ。殺すでないぞ。食うでないぞ。殺すと己殺すことと同様ぞ。
どうじゃ、仲よう出来るかのう。それぞれみなみなうれしたのしなりなる秘文。


( ̄~ ̄;) ウーン
「獣みなみ仲よういたされ。殺すでないぞ。食うでないぞ。殺すと己殺すことと同様ぞ。」
直接的に殺してはいないけれど、食べれば殺したも同然だ・・・
どうか肉が入っていませんように。(^人^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
もともとヒンズー教徒にベジタリアンが多いインドや、精進中華料理(素食)が高度に発達している台湾などはもとより、このごろではヨーロッパや北米でもベジタリアンが一定の市民権を得て、「私はベジタリアンですから」と言えば「じゃあ、こちらのメニューでどうぞ」と言われるようなメニューをそろえている場所が多いそうですね。この点、いちばん遅れているのが日本です。明治の文明開化で「肉を食べてこそ文明人」という思想が普及されたこと、学校給食が「画一的なメニューを好き嫌いなく食べるのがいい子」というイメージを普及したことなどで、肉食の本家本元の欧米がそれを見直しているころに、日本では逆に肉食が増えてしまいましたね。肉食したい人がするのは自由ですが、「ベジタリアンならこっち」といったメニューがほとんど用意されていないのは問題だし、ベジタリアンのためには何と何を除けばいいかなどが、料理人やレストラン経営者にもあまり自覚されていないのが問題。そのため、ベジタリアンのためのメニューをと特注しても、鰹節の出汁を使ってしまったりして気にしない人がいる。

夕凪晴海
2007/05/01 06:40
夕凪さん、コメントありがとうございます♪

不思議の国「日本」は、アメリカナイズされ過ぎて、日本のよさを忘れ(放棄?)てしまったことが多いですね。苦手な学校給食の脱脂粉乳のミルクなどには苦労しましたが、社会に出て自由に外食ができるようになった時には、食生活が子供のころに比べずい分と変わってしまいました。
「料理本」もテレビの「料理番組」も和食よりも西洋料理のほうが多いですね。加えてグルメブーム。

先日の首相訪米の際にも、大統領は「日本の皆さんにぜひ、米国の牛肉を食べていただきたい。非常に健康にいい食事だ」と安全性を強調していましたが、
健康のためには肉はもう卒業です。

>鰹節の出汁を使ってしまったりして気にしない人がいる。

これは大事なことで本当にそうですね。和食なら何でもOKというわけではなく、魚類も一切食べないようにするのがベストですから。我が家から鰹節や煮干などは姿を消しましたが。


氣楽
2007/05/01 14:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
菜食は貫けるか? 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる