心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 実は、放射線ホルミシス療法も万能ではない!?

<<   作成日時 : 2011/04/16 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前の日記のタイトル「21世紀は放射線ホルミシス療法の時代。緩やかに受け容れよう♪」に何故「緩やかに受け容れよう♪」と書いたかですが、人間の体って順応性はありますが、そんなに器用に対応できるかというとそうでもないということが体験上分かっているからです。「分かる」が言い過ぎなら「感じている」ということです。

地球の進化も何十億年という気の遠くなるような永い歴史を経て今があります。一朝一夕にして出来上がった環境ではないことは誰もが知っています。
また反面、一瞬にして起こる非常事態にもそれなりの対応ができてバランスをとっているというのも事実だと思います。

人間の体も同じです。
私が前述の稲恭宏博士のあの元気な講演を聴きながら、「確かにそうかもしれない」と思いつつも、「万民共通ではない」と素朴にも脳裏によぎるものがありました。
すべてにおいて、その時の勢いにのって「野菜を食べて元気になろう」キャンペーンには乗れないということと、そうはいっても現実問題として逃げられないし、またそこに住んでいる方、農家の方たちのことを思うとすべて拒否もできないということの二つがありました。

私も実は30数年前に放射線ホルミシス療法とは言わないまでも当時あちこちで健康によいということでオープンしたラドン温泉、ラジウム温泉と称した温泉施設に通ったりもしました。
一日に何度入ってもよく、食事や休憩が取れる大広間があったり、ゆっくり体を休める部屋も用意され、家族ぐるみで楽しんでいる人たちも多かったです。そういう方たちはみんな元気で疲れも取れて最高だと喜んでいました。

ところが、私は元気になるどころか益々体が痛み、動きが取れなくなってやっとの思いで家に帰り、何日も寝込むということの繰り返しで、元気になりたい一心で通ったものの長くは続きませんでした。
普通の天然温泉、例えば草津温泉などに行っても気持ちよいというよりも痛みが強く出たり体がだるくなって、湯疲れが激しかったのです。
身体に適応能力がなかったとも言えますし、身を守るための防衛反応が正常に働いていたとも言えると思います。

今回の低線量率放射線療法でも、病気が奇跡的によくなっているということを仰っていますが、反面、リウマチの人が癌になったらこれはもうアウトですというようなことを仰っています。
実は、これが答えなのですよね。

健康な方は、何の問題もなく元気になるのでしょうが、問題は薬漬けになっている方たちです。
どんな薬をどれだけ服用しているかにもよると思いますが、低線量率放射線には薬を無毒化(薬が効かなくなる)する働きがあるようです。
薬で何とか健康を維持している人にとっては、薬が効かなくなるわけですから元気になるどころか押さえていた症状が出てしまうのですから極めて危険ということでもあります。

私がどんなに元気になろうと思って痛みをこらえて温泉療法に励んでも、飲んでいた薬が効かなくなっていたとすれば、痛みが増して動けなくなり寝込んでしまったことも今では頷けることです。

ところで、近年ラジウム鉱石や閃ウラン石が健康によいということで話題になっていましたが、放射線被曝にも効果があって、これを治すには自然界の放射線を使って異常になった遺伝子を元に戻せばよいとのことです。自然治癒力を使うわけですね。

でも、これも万民向けではなく、持病を持っている方は要注意です。

ある方からメールをいただきましたが

ただ、体力が弱まっている方にはあまりお勧めできません。
かなり強いエネルギーを放出しているからです。心臓の鼓動が高まります。

また、血栓のあるかただと血栓が急激に溶け出し、脳の毛細血管を詰まらせる原因となるので簡単にはお勧め出来ません。

ただ、この閃ウラン鉱と姫川薬石を一緒にお風呂に入れるとがんなどの治癒効果が高いとのことです。

最近、放射線が問題になっていますが、自然の放射線と人工の放射線では全く違います。
これらの放射線は毎時0.12から0.13マイクロシーベルトです。

※ご注意
医薬品や化学薬品などのそばに置くと薬効がすべて消えてしまいますのでご注意下さい。
薬を服用されている場合、必ず3時間以上経ってから薬石をご使用下さい。

とのことです。
私の体験からも納得できる答えでした。

医学も日進月歩で進化していますから、化学的な薬物によって治療する医学はやがて過去のものになっていくのだろうと思います。
そうなっていくと放射線ホルミシス療法も、やがては万民のものとして広がっていくのかもしれませんね。

今はまだその過渡期としてあると思いますので、緩やかに受け容れ、体に馴染ませ、体が対応にパニックを起こさないようにする必要があると思います。
健康な方は素晴らしい効果を体験するかもしれませんが、免疫力が弱っている人は本当に注意しないと危険だと思います。
誰もが自分の体験から判断しますから、健康な人(薬漬けになっていない)は絶賛し、人にも勧めるでしょう。
しかし、持病があったり、体力が低下している人にはそれは当てはまりませんので、答えはやはりそれぞれなのですね。
自分の体と対話し折り合いをつけて行くしかありません。

あくまでも自己判断、自己責任です。*^-^*

全ての人が、健康でありますように。

いつもありがとうございます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
★放射線ホルミシス第一人者・服部禎男先生と
アセンションのエハン・デラヴィさんの共同講演会

「放射能とDNA」
 放射線ホルミシスとDNAの修復能力について詳しく解説。放射能に不安を抱いてる人、疑問を感じてる人は必見です!http://www.ustream.tv/recorded/17862990
f4
2011/10/20 21:04
f4さま

はじめまして。

今訪問してきました。
ゆっくり拝見させていただきますね。
情報をありがとうございました。<(_ _)>
氣楽
2011/10/20 22:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
実は、放射線ホルミシス療法も万能ではない!? 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる