心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 振り返ってみれば・・・

<<   作成日時 : 2007/12/30 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

毎年ながら、今年もあっという間に時は流れ残すところあと一日と7時間。体調は昨年から下り坂であったが年が明けても留まることを知らずか益々加速して行った。しかし、ブログをふり返ってみると元日もその次の日も淡々と綴っている。

年の初めと終わりに近づいてる今とを比べると、不自由さは増したものの、今は少しずつ回復してきているという実感からか、下り坂だった始めのころとは気力の充実度は全く違う。
一喜一憂もなく淡々として過ごしてきた事は変わらないのだが、体力がなくなれば自ずと気力も萎えていくもののようだ。
年頭に書いたように今年は変化の多い年だった。

身体的に言えば、今までできていたことが徐々に徐々にできなくなっていく。対処法などというものはまったくない。薬断ちした影響も強かったと思うが今まで抑えていたものがすべて噴出した感じだった。免疫抑制剤や副腎皮質ホルモン剤なども飲んでいたのだからそれを一気にやめるということは、火山の爆発にも等しい。
自分でまともにできることなんて一体、いくつ残されていただろうか・・・いやー、何ひとつとしてなかったというのが正直なところである。愕然とすることもしばしばだった。
それでもずっとひとり生活を維持できていたのは、時間がかかっても工夫しながら如何にこなすかを考え難問をクリアしたり、ヘルパーさんや友人のサポートがあればこそであった。
それでもできないことについては、執着せずに放っておいた。諦めるというよりも執着するゆとりもなく捨て置いたというところだ。

病院では行くたびに入院を勧められたが、数値が悪化し続けていたころは、必死にあとひと月様子を見てからと延ばし延ばしにして改善に努めた。

天然塩と水2リットルと菜食。そしてBL(ボディライトニング)。

ようやくその効果が出て来たのか、検査結果の数値が下がり始め入院は避けられた。
ただし、医師は今も尚、よくなっている今のうちに入院して新しい治療薬を投与し一気に改善をと考えているようだから、もっともっと良い結果を出し続けなければと思う。
医師の立場からすれば、数値はよくなってはいるものの、見える形ではあまり変っていないので、無理もない話であり、善い悪いの問題ではない。
私の立場からは、薬を飲んでいないのに入院などしたらそれこそ命取りになりかねないのである。
今も数値は下がり続けているので、それは維持し続けなければならないと思っている。
いつの日か、病院と縁の切れる日が訪れることを信じている。
アハハ 薬を飲まないということでは既に縁は切れてるのと同じである。介護保険の書類だけのために繋がってる関係なのだから、これほど矛盾しているものもないであろう。

本当に、こんな最悪(=最善)の状態の中でも、神様は私を引き上げては下さらなかった。
まだまだ、今生でやらなければならないことがあって、卒業証書はいただけずお迎えにも来てはくださらないのである。
と、同時に、神人さんのライブの企画やサポーターとしてのお役も、取り上げようとはなさらず、やらせてくださっている。

そのおかげで私は、多くの友人たちの励ましと支えによって氣力を充実させることができてきた。それは、筆舌に表せない貴重な体験であり、感謝してもし切れないほどである。
秋には、神人ネットワーク東京事務局の話をいただき、今ようやく仲間と共にMLを作ったり、ホームページも形にすることができ、実質的にも動き始めている。

こんな私の状態を知ってか知らずか・・・否、見抜き見通しの神ゆえに授けてくださったのだと理解している。
昨年初めて、守護霊様から伝えられた御言葉が示したとおりの展開になっていると、客観的に観て思えるからだ。

生かされていること。
これを、今年は徹底的に教えられ、学ばせていただいた。
そして、限界もどん底もない世界に生かされている自分に気づかせていただいた。

だって、「もう駄目だー!」「限界だー!」「どん底だー!」と思ったところで、心臓が止まるでもなく、時間が止まるでもなく、私の状態に一切関係なくそこに在り続けている私がいるのだから。本当に限界なんてあるのだろうか?どん底なんてあるのだろうか?という疑問すら浮かんでくる始末である。すべては思い込みであり自分が作った枠である。
不思議な感覚だが、肉体という入れ物に入っている私という者には、永遠の中のつかの間の体験であり、自分が描いたシナリオを演じているに過ぎないのだという感覚、自由意志自由選択の結果だという感覚なのだ。
そして、その結果としての今は、未来に向けて新しい選択をし、自らの意思により歩み始めているように思う。

ありがたきかな わが人生♪ すべてに感謝致します。<(_ _)>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
氣楽さん、今年1年、おつかれさまでした^^
今反省会?から帰ってきたところです。秋田(私のところ)は真っ白になりました。

>ありがたきかな わが人生♪ すべてに感謝致します。<(_ _)>
何だかんだとあっても、最後にはこれに尽きますね。

来年もよろしくお願いします、そして氣楽さんにとっても更に!よい年になりますように♪

chiho
2007/12/31 04:40
chihoさん、こんばんは♪

今年はchihoさんにとって実りの多い年でしたね。
来年は、更に飛躍の年となりますように。

来年もどうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
どうぞよいお年をお迎えくださいね。*^-^*
氣楽
2007/12/31 21:47
気楽さん  謹賀新年 

今年も、お互いに支えあって、軽やかになっていけたら嬉しいなと思います。
どうぞ、よろしく御願い致します。*^-^*

昨年は、本当に頑張られましたね。比較的近くで、そのお姿を拝見してきた私ですが、自分だったらどうだったろうと考えると、頭が上がりません。それも、本当に淡々と、周囲を輝かせながらでしたものね。
周囲を輝かせる喜びが、気楽さんを支え抜いて下さったのかなーとも思います。
私のように、お掃除が忙しい者の相手は、時にとてもお疲れになったのではないか、いつも、伺えば夜遅くまでいついちゃって、ご迷惑だったろうかとも反省もしたりです。m(__)m

「もう駄目だー!」「限界だー!」と思いながら、その昔、某所で5日間頑張りぬいたことを、よく、思い出します。
本当に、『人』には、自分が思っている以上の力があるものなのかもしれませんね。
真子
2008/01/01 15:29
真子さん、こんばんは♪

いつも身近で私の生きざまを観ている真子さんは、私のお氣楽度を楽しんでくれているところもあって、私もわが人生を楽しめているんですね。
絶望ではなく希望を、同情ではなく同調し自然に溶け合って光の世界でいつも遊ばせていただいていることを嬉しく思います。

私のあるがままをそのまま受け容れてくださる友がいることが、私の大きな支えになっていると思います。
何人も何人も周りにそういう方たちがいてくれることは奇跡に等しいですね。

真子さんは長年のお付き合いの中で通じ合うものがいっぱいあって、本当に姉妹のようですね。私の大切な宝物です♪*^-^*
氣楽
2008/01/01 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
振り返ってみれば・・・ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる