心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 誕生月そして誕生日

<<   作成日時 : 2015/10/23 00:42   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

神無月は私の誕生月。そして今日22日は誕生日。
毎週お友達がお祝いに遊びに来て下さり、幸せな時をプレゼントしてくれて感謝感謝。来週もお祝いに「ランチしましょう」のお誘いが来る。
この歳でこんなに大事にしていただけるとは、本当に有難いことである。大切な大切な友人たちへ心から感謝です。

高齢者としては、とにかく少しでも人様に迷惑をかけないようにしなければとは常に思うことだが、自活を維持するためにはボケないよう、毎日計算クイズやクロスワードパズル、四字熟語、ことわざクイズなどで遊びながら脳トレに勤しんでいる。

そこでちょっと嬉しい情報が目に入った。↓

http://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_283441/
頭が働くのは50代半ばから 脳の「出力性能」上げる3つの条件
日刊ゲンダイ / 2015年10月22日 9時26分

 一生のうち、最も頭がよく働くのは50代半ばから――。人工知能の研究で導かれたこんな理論が注目されている。人の脳の出力性能が最大になるためだという。

「生まれてから最初の28年は脳は『入力装置』の役割を果たします。試験勉強や仕事を覚えるといった単純記憶の機能です。次の28年(28歳以降)で、脳は回路の優先順位を付けていきます。脳の回路が成功や失敗を経験し、何が重要か判断できる力を付けていきます。そして、次の28年(56歳)から84歳の間に脳は出力性能を最大にすることが分かっています。瞬時に正解が分かるのです」

 こう解説するのは、「感性リサーチ」代表取締役社長の黒川伊保子氏だ。

 このデンでいくと、定年間近のサラリーマン世代こそ、脳の働きが人生の中で一番活性化し、今まで以上の活躍が期待されることになる。黒川氏によると、出力性能を上げるためには次の3つの条件が必要だという。

(1)睡眠の質を上げる

「毎日お酒を飲んで夜中よく眠れない状態だと、性能が上がっても“出力”できません。夜中24時をはさんだ22時から26時の4時間は、脳はさまざまなホルモンの分泌計画を練り、重要なホルモンを出すのです。この時間にぐっすり寝ていないとホルモンバランスを崩します。また、眠りに入ると、失敗や成功の脳への書き込み、運動センスや知識の書き込みができるので、眠りが上質であることは重要です」

 朝5時半くらいに性的能力や好戦的な感情をつかさどるテストステロンが充填されるという。せめて24時には眠りにつくよう努めたい。

(2)たまにパニックになれ

 身を持ち崩さない程度の浮気やギャンブルもテストステロン活性の源。ハングリー精神を呼び起こすための追い込まれる経験も大事だという。

「生理的にパニックになるとテストステロンが出るので、やる気が戻ってくるのです。妻や部下のOLさんに理不尽なことを言われて責められるのも、たまに仕事でパニックになって徹夜するのもテストステロンが放出されるという点では“スイッチ”になります」

(3)散歩
      
「ドーパミンとノルアドレナリンという、好奇心と集中力のホルモンはある程度汗ばむくらいの有酸素運動で出てきます。脳のために運動してほしい。会社の帰りに1駅歩く程度でいいので、定期的に軽い運動を取り入れてください。成功者の多くは体を動かす習慣がある人たちなのです」

 黒川氏によると、ファッションや歌など流行をつくり出す「大衆の感性」は“56年で一巡する”のだという。

「たとえばヒット商品です。『メルセデス・ベンツSLS AMG』(2010年発売)は『メルセデス・ベンツ300SL』(1955年生産開始)以来、ほぼ56年ぶりのガルウイングです。また、『通天閣』(竣工56年)、『東京タワー』(同58年)と『東京スカイツリー』(同12年)もほぼ56年。約56年前とよく似たデザインで、人々はそれを好意的に受け入れています。56年前の感性現象が未来予測に使えると言ってもいい。一方、50代後半以降のサラリーマンは物心ついた時に、この時の流行を見ています。となると、彼らベテラン社員こそ、商品開発で活躍できると思いますね」

 脳が冴えるのは定年間際から。もうひと花咲かせるチャンス到来だ。



うんうん、どれも納得だけど

(1)睡眠の質を上げる
は、ほとんどできていないかも。
というか、できる日とできない日のムラがある。熟睡もできているのかどうかわからないし、自然に任せている。
どちらにしても目醒めはいつも爽快だから、良しとする??

(2)たまにパニックになれ
わぁっ、これは無理だ。パニックなんて本当に無縁に等しいもの。
あっ、でも、
生理的にパニックになるとテストステロンが出るので、やる気が戻ってくるのです。ということならば、テストステロンを別の形で出せるようにすることは可能だ。

(3)散歩
これは完ぺきにできない。外へ出られても電動車椅子だから有酸素運動にはならないもの。

でもね、確かに若いころよりも今の方が「脳は出力性能を最大」になっている実感はある。
これからの人生は如何に? 楽しめますね♪*^-^*




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
誕生月そして誕生日 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる