心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 終戦の日

<<   作成日時 : 2015/08/15 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日はテレビで、政府主催の全国戦没者追悼式を観ていた。
戦後、70年。長いようだが、わずか70年で日本は戦争のできる国へと歩みだしていると思う時、情けない気にもなってきた。70年は確かに大きな岐路となっているのは確かだ。
なんとしても審議中の安保法制案を廃案にしなければいけないと強く思った。



http://mainichi.jp/select/news/20150815k0000e040170000c.html
終戦の日:天皇陛下「深い反省」…全国戦没者追悼式
毎日新聞 2015年08月15日 12時05分(最終更新 08月15日 15時31分)


 70回目の終戦記念日の15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で正午前から開かれ、天皇、皇后両陛下や遺族ら約7000人が参列した。安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を決して繰り返さない」と不戦を誓った。天皇陛下は、おことばで「さきの大戦に対する深い反省」に戦没者追悼式で初めて言及された。

 安倍首相は、歴代首相が言及してきたアジア諸国の戦争犠牲者への加害責任や「哀悼の意」「深い反省」には一昨年、昨年に続いて触れず、世界の国や地域の繁栄のために歩んできた戦後日本の姿を強調。「今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切り開いていく」と述べた。

 正午の1分間の黙とうの後、天皇陛下は、日本が「国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識」に支えられ平和と繁栄を築いたと述べ、初めて「さきの大戦に対する深い反省」を語り、「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べた。続いて、遺族代表らが追悼の辞を述べ、その後の献花には9歳から17歳の遺族6人が青少年代表として初めて参加した。

 14日に閣議決定した戦後70年の首相談話は「我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきた」と述べたうえで、「歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」としている。

 1937年7月に始まる日中戦争と41年12月開戦の太平洋戦争の戦没者は軍人・軍属約230万人と民間人約80万人の計約310万人と推定されている。厚生労働省によると、参列を予定する遺族のうち戦争を直接知らない戦後生まれは1109人(20.1%)と初めて2割を超えた。一方で戦没者の妻は14人と過去最少で、遺族の世代交代が進んでいることを印象づけた。【古関俊樹】





http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0815/mai_150815_2231857560.html
<終戦の日>
天皇陛下おことば全文…全国戦没者追悼式
毎日新聞8月15日(土)12時8分

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。


 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。


 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。



http://mainichi.jp/select/news/20150815k0000e040176000c.html
終戦の日:安倍首相の式辞全文…全国戦没者追悼式
毎日新聞 2015年08月15日 12時33分(最終更新 08月15日 12時59分)


 安倍晋三首相の式辞全文は次の通り。

 天皇、皇后両陛下のご臨席を仰ぎ、戦没者のご遺族、各界代表多数のご列席を得て、全国戦没者追悼式を、ここに挙行致します。

 遠い戦場に、倒れられたみ霊、戦禍に遭われ、あるいは戦後、はるかな異郷に命を落とされたみ霊の御前に、政府を代表し、慎んで式辞を申し述べます。

 皆さまの子、孫たちは、皆さまの祖国を、自由で民主的な国に造り上げ、平和と繁栄を享受しています。それは、皆さまの尊い犠牲の上に、その上にのみ、あり得たものだということを、わたしたちは、片時も忘れません。

 70年という月日は、短いものではありませんでした。平和を重んじ、戦争を憎んで、堅く身を持してまいりました。戦後間もないころから、世界をより良い場に変えるため、各国・各地域の繁栄の、せめて一助たらんとして、孜々(しし)たる歩みを続けてまいりました。そのことを、皆さまは見守ってきてくださったことでしょう。

 同じ道を、歩んでまいります。歴史を直視し、常に謙抑を忘れません。わたしたちの今日あるは、あまたなる人々の善意のゆえであることに、感謝の念を、日々新たに致します。

 戦後70年に当たり、戦争の惨禍を決して繰り返さない、そして、今を生きる世代、明日を生きる世代のために、国の未来を切り開いていく、そのことをお誓い致します。

 終わりにいま一度、戦没者のみ霊に平安を、ご遺族の皆さまには、末永いご健勝をお祈りし、式辞と致します。

(共同)




ご高齢の両陛下のご心痛がひしひしと伝わってきて、胸が熱くなる。

安倍首相は、どのような気持ちで聞いていたのだろうか?いまのあなたの耳には届かないのか?
 同じ道を、歩んでまいります。と聞いて、一瞬耳を疑った。誰に言っているのか?戦争の惨禍を決して繰り返さない、国の未来を拓いていくと言いながら、戦争のできる国にして地球の裏側だろうがどこへでも行って同盟国と行動を共にするってどういうことなのか?

あなたはご自分の言っていることの矛盾に全く気付いていらっしゃらないようだ・・・


*謙抑(けんよく)・・・へりくだって自分をおさえること。「常に―を心がける」



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「戦後70年談話」と「終戦の日」
「終戦の日」について 終戦の日の前日の「戦後70年談話」については、違和感があったが、談話をめぐって宮内庁もやきもきしていたようで、全国戦没者追悼式で陛下が述べられるおことばの原案に大きく影響していたことはよく理解できる。 ...続きを見る
心のまま大らかに
2015/08/21 23:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
終戦の日 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる