心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 謙虚に国民の声を聞く

<<   作成日時 : 2015/08/30 21:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

残暑はあったのかと思うほどここ最近は涼しさを通り越し肌寒いと感じる日が続いている。なんでも10月半ばころの気温という日もある。おかげですっかりクーラーや扇風機の世話になることもなく窓を閉めていてちょうどよい。8月も明日で終わるがこのまま本格的に秋へ移り変わっていくのかもしれない。

日々世の中が騒がしく、ネットニュースなどを観る時間が増えて、ブログ更新までは追いつかない。今は大事な時だから少しでも記録に残しておきたいと思うが、「編集中」ばかりが増えていく。きっとこれなどは、昔、新聞記事を切り抜いてスクラップブックを作っていたのと同じ行為と思う。今は色々なニュースサイトで新聞・雑誌の記事が無料で見られるので便利でとても助かっている。

今日の取り上げたいニュースは、


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000070-jij-pol
野党4党首、デモそろい踏み=安保法案反対で共闘
時事通信 8月30日(日)20時4分配信

 民主党の岡田克也代表ら4野党の党首は30日、国会正門前で行われた安全保障関連法案の廃案を求めるデモにそろって参加し、共闘をアピールした。
 岡田氏は演説で「憲法違反の法案を通すわけにはいかない。国民が怒っていることを安倍政権に分からせないと駄目だ」と強調した。
 共産党の志位和夫委員長は「自衛隊の戦争参加に白紙委任状を与えることになる。戦争法案は廃案しかない」と指摘。社民党の吉田忠智党首は「立場の違いを超えて安倍政権打倒に全力を挙げる」と訴え、「生活の党と山本太郎となかまたち」の小沢一郎代表は「岡田代表らと力を合わせ戦い抜く」と語った。 


小さな野党だらけだが、この件に関しては一致団結して、この国を絶対に戦争のできる国にしてはならない。
しっかり頑張って欲しい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000029-asahi-pol
安保法案反対デモ「この動き止まらない」 民主・岡田氏
朝日新聞デジタル 8月30日(日)18時22分配信

民主党・岡田克也代表

 これから(国会閉会までの)3週間、さらに力を貸してください。一緒になって(安全保障関連)法案を廃案にしようじゃありませんか。安倍政権の狙いはこの法案にとどまるものではありません。自民党の憲法改正草案を見てください。自衛権の行使を制限なく憲法が認めるようにしよう、限定する集団的自衛権でなく、集団的自衛権の行使を認める憲法に変える。これが自民党がやろうとしていることです。

 安倍政権が続く限りこの動きは止まりません。一緒になって、この安倍政権の歩みを止めようじゃありませんか。厳しい戦いだが、10年、20年経って「あの時、あなたたちは何をしていたのか」と言われないように徹底的に戦う。(国会前で行われた安全保障関連法案反対のデモで)
.
朝日新聞社



http://news.biglobe.ne.jp/trend/0830/bdc_150830_3316285242.html
「フランス革命に近いことが起ころうとしている」安保反対の市民が国会前を埋め尽くす
弁護士ドットコム8月30日(日)16時7分

安全保障関連法案の廃案と安倍政権の退陣を訴える市民たちが8月30日、東京・永田町の国会前に集まり、大規模な抗議活動をおこなった。主催した「戦争させない、9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の発表によると、参加者は約12万人という。

この日、小雨が降っていたにもかかわらず、国会周辺には午後1時ごろから「アベ政治を許さない」「戦争させない」などのプラカードやノボリを持った人たちが多数集まり、国会正門前の道路を埋め尽くした。歩道だけでなく、車道にも人があふれ出した。

⚫︎「廃案と退陣が日本を救う道だ」

国会正門近くに設けられたステージには、政治家や学者らが代わるがわる登壇して、安保法案反対を呼びかけた。

民主党の岡田克也代表は「こんな憲法違反の法案を通すわけにはいかない。普通の国民が怒っていることを安倍政権にわからせないといけない」と強調した。

生活の党と山本太郎となかまたちの小沢一郎共同代表は「こんな場にはあまり参加しないが、今回だけはなんとかして、いい加減でバカげた法案を阻止して、安倍政権を退陣に追い込みたい」と述べた。

池内了・名古屋大学名誉教授は「これほど国民をなめた法案はない。法案廃案と政権退陣が日本を救う道だ」と訴えた。

音楽家の坂本龍一さんは「政治状況ががけっぷちになって、日本人に憲法精神が根付いていることを示していただいた。フランス革命に近いことが今まさに起ころうとしている」と語っていた。

(弁護士ドットコムニュース)



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150830-00010000-alterna-soci
国会前に人の波、安保法案反対デモ「海外NPO活動が危険に」
オルタナ 8月30日(日)15時57分配信

集団的自衛権の行使を容認する安保法案に反対するデモが30日午後、国会や首相官邸、霞ヶ関、日比谷周辺で行われた。午後2時のデモ開始から30分で国会正面には歩道はもとより、車道いっぱいに参加者が詰めかけた。主催者は参加者数を12万人と発表した。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

イラクで活動の医療NPO「われわれも標的に」

「戦争反対」「憲法守れ」「集団的自衛権はいらない」「国民なめるな」。あちこちからコールがうねりのように上がる。学校の制服を着た若者から高齢者まで、様々な年代の市民が詰めかけ、移動もままならない。

「集団的自衛権の行使で、日本が米国の言いなりになるのは明らか。紛争地域でのNPO活動が危険にさらされる」。デモに駆けつけた、JIM-NET(ジムネット、NPO日本イラク医療支援ネットワーク)の佐藤真紀事務局長は話す。

日本で集団的自衛権の行使が可能となれば、主要に想定されるパートナーは米国だ。ところが米国はイラクで戦争犯罪を繰り返している。25日の参院安保特別委で、山本太郎議員はイラク戦争における米軍の市民虐殺について問いただした。ファルージャなどで一般市民が殺害された事実に対して安倍晋三首相は「コメントを差し控える」などと述べるにとどまった。

JIM-NETは、イラクでの戦争に使用された劣化ウラン弾の影響と見られる子供の病気を中心に医療支援を続ける。「活動は日本の外交政策の影響をもろに受ける。IS(イスラム国)の伸長は、米軍やイラク政府に不満を抱く市民が多くいるということ。日本が米国と武力行動すれば、われわれの活動も市民にとっては敵になる」。佐藤氏は法案成立に危機感を深めている。



この危険極まりない戦争法案を何が何でも押し通そうとしている安倍総理と政府・自民党・公明党等は、国民の声をもっともっと謙虚に耳を傾けるべきである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
謙虚に国民の声を聞く 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる