心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 驚愕・・・  

<<   作成日時 : 2015/02/02 09:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

静かに観る」について
〜〜〜つづき〜〜〜
テレビを見ながら朝食を済ませたのちメールチェックをすると、Change.orgより「日本人人質救出を求める有志一同」さんより報告が届いていた。まあ、それはそれでよいのだが、facebookを開けてみると、今回の後藤健二さん関連の投稿があって、その中に意外な写真が目に入り、しばし思考停止状態になった。

今回の人質事件では、後藤健二さんばかりにマスコミも注目し報道していた。
なんでだろう?とずっと気になっていた。
その疑問のひとつに、湯川遥菜(はるな)さんはどういう経緯で民間の軍事会社などを運営することになったのだろうか?というのがあった。しかも日本で初の民間軍事会社だというのだから謎だらけだった

で、その意外な写真とは、湯川さんが軍事評論家の田母神 俊雄氏と握手をしているものだった。しかも軍事会社を設立する時期と重なっているようなのだ。そして、ブログにたどり着いた。湯川さんの本名も分かり、そのいきさつも。そして、今までにシリアやイラク等々の渡航歴なども知った。
彼は一体誰の指示で何のために軍事会社など作ったのだろうか?そして何故戦闘地へ何度も足を運んだのか?その経費はどこから出ていたのか???

湯川さんのお父様が今日、マスコミのインタビューを受けて泣きながら詫びていた・・・
心中はいかに? なにか象徴的に見えて複雑な思いがした。

湯川さんも、後藤さんも、拘束されてすぐに政府は対策室を立ち上げていた。
2人の状況を知りながら、何故?何故?と不可解なことが多い・・・

マスコミだってすべてを知っているわけではないだろうが、報道されたことをすべて鵜呑みにすることは禁物だ。テレビも同様だ。


今起きていることを静かに観ること。自分の感性を磨くよい機会でもあるのだから、決して感情に振り回されてはならない。ご用心、ご用心である。


誰のせいでもない。それぞれに起きていることは、それぞれが引き寄せた結果だ。
一国の長ともなれば、それだけ引き寄せた因果が大きいということ。その影響は個人のものとは比較にならない。

これからどんな展開になるのか、静かに見守ろう。ノ―はノーと言えるように。


そうそう、日本で初めては民間軍事会社ばかりではなかった。


http://www.asahi.com/articles/ASH1H43QZH1HUTIL015.html
自衛隊、ジブチの拠点強化 防衛省、有事にも使用検討
福井悠介、三輪さち子
2015年1月19日07時32分

写真・図版
離陸する海自の哨戒機P3Cとジブチの自衛隊拠点で警備に当たる陸自の軽装甲機動車。見送る隊員は「砂漠服」を着ている=18日、福井悠介撮影


 アフリカ東部のジブチに海賊対策で設けた自衛隊拠点について、防衛省が中東有事での哨戒機派遣や緊急時の邦人救出など、多目的に使えるよう施設の強化を検討していることが防衛省関係者への取材でわかった。長期間の使用が前提で、中東・アフリカの活動拠点として新たに位置付ける。安全保障法制の審議と並行して検討を進め、2016年度予算に施設建設などに向けた必要経費を計上することを目標にする。

 事実上の「海外基地」(防衛省関係者)で、安倍政権下で進む安保法制の転換によって自衛隊の海外任務が拡大することを見越した動きだ。

 拠点は、ジブチ国際空港に隣接する12ヘクタールをジブチ政府から賃借。約47億円かけて司令部庁舎や隊舎、P3C哨戒機3機分の駐機場と1機分の格納庫などを建設し、11年6月に開設した。


日本は一体何を考え、どこへ進もうとしているのだろうかか?
備えあれば患えなし(ふだん準備がしてあれば、万一の事態が起きても心配しないですむものである。)とはいうが、万一の事態を想定しているということは、想いは現実化するものだから、この場合は「有事」を引き寄せる結果となりかねない。否、今回のことでそれはすでに明らかではないのか。

海外ニュースだったかで、「日本の9,11が始まった」と言っていたが、憎しみや怒りで平和は得られないのは周知の事実である。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん
既に魚拓しかのこってないけど、湯川さんは中東での活動をHARUNAのブログかいてますけどね。

後藤さんに同行して裏方(カメラ)撮影してることなどの様子などをブログに書いてましたけど。
クライアントの一つはテレ朝の報道ステーションであったこともかいてます(捕まるまえは報道ステーションに売る映像を撮影していた)
なんで以前のイラクやシリアのレポート映像で取材する後藤さんを写しているカメラマンは湯川さん

10分で300万円だそうですが
ジレー
2015/02/03 14:10
ジレーさま
コメントありがとうございます。
そうでしたか。湯川さんのブログは読ませていただいておりますが、まだ後藤さんに同行して撮影を引き受けていたことについては、まだ確認できていません。

ですが、今テレビで後藤さんの取材活動が紹介されていますが、私は、あの笑顔(後藤さん)を撮っているのは誰だろうと関心を持っていたので、裏方をしていたのが湯川さんと知って理解できました。
そういう事情ですと、湯川さんのことはあまり表に出したくない?

まさに明と暗、光と影ですね。
氣楽
2015/02/03 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
驚愕・・・   心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる