心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 笑いは元気の源

<<   作成日時 : 2015/01/21 01:23   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先週末から珍しく時間がゆったりと流れている。1日24時間は誰も同じなので、短く感じるのもゆったり長く感じるのも、その時その時の波長に関係しているのかもしれない。

時間がゆったりと流れていると感じるのはとても心地よいものだ。
今日は大寒だが、窓辺に目をやると明るい陽射しがキラキラと光っていて春の訪れが近いことを予感させる。そういえば確実に日が伸びて来ている。夕焼けを眺めながら「平和が一番」と思う。

毎日些細なことでも、うふっ、にこっ、あはは、うふふ、等々笑いが絶えない私だが、笑うことで体の中から元気が溢れてくるのを、今まで以上に感じるようになっている。
元気とは、元の気と書くように、元々内側にあるということである。あるのだから湧かせばよいということになる。
昨年の今頃までは、棺桶に片足どころか一本半くらい入っていたような状態だったが、それでも笑いは絶えることがなかった。笑いが出ると何故かしら体の内側からエネルギーが湧いてくるのを感じた。それは喜びでもあった。
そのうちに、「この分だとまだ逝けそうにないな」「三次元に引き戻そうとするのは誰?なんで?」なんて思うようになっていった。そして今がある。*^-^*


ところで最近「喜怒哀楽」という言葉がよく浮かんできていた。*^-^*
こういうのは、眠りから覚めた起き掛けの時が多いが、「喜怒哀楽」もそうだった。で、連想ゲームのように「そうだ、間抜けよね」と反応する私。そしてそれがどんどん拡がって自分の中で答えを見い出していく。
それはとても至福の時でもある。
午前中はそういうこともあって貴重な時間なのだが、ヘルパーさんタイムになると昼過ぎまで容赦なく分断されてしまうので複雑だ。早くひとりになりたいよーってね。
でも、そこは私のこと、「よろしくお願いします。」と挨拶して、ヘルパーさんとおしゃべりしながら楽しく過ごす。
やることだけやってくれれば多くは望まない。ヘルパーさんも私との会話を楽しみにして、みんなよく笑う。
笑うことで、みんな元気になって「ありがとうございました」と帰っていく。
お互いに「おはようございます。よろしくお願いします」で始まり、「ありがとうございました」で終わらせると、それはそれで良しとなる。


で、喜怒哀楽と間抜け。
喜怒哀楽のまん中の怒り哀しみ哀れみを抜け(られれ)ば、残りは喜と楽。
喜びは自分を楽に導く。うれしい、たのしいの世界になる。
喜怒哀楽は、人間が持つ当たり前の感情と思うかもしれないが、私の感情の中で一番最初に消えたのが「怒り」だったのだ。もう30年以上前の話だが、それからはあらゆる感情が消えていき、生き方が楽になっていった。

人間も、間抜けになれば、只の人となる。人間から人へ。
ということは本来の人に進化することでもあるわけね。*^-^*

間抜け⇒馬鹿⇒莫迦は、お釈迦様の弟子でもある。*^-^*

お気楽人生は、本当に素晴らしいのです♪♪





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笑いは元気の源 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる