心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪に想う

<<   作成日時 : 2015/01/30 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

東京は今冬6度目の雪だそうだが、積雪は初。
カーテンを開けると外は真っ白だ。「きれい」の感動よりも「寒っ!」が先に出るとは年のせいかと苦笑する。

そこで雪に関することをいろいろ思い出す。
子どもの頃は、雪を見るだけで、童謡に「♪犬はよろこび庭駆けまわり♪」とあるように、嬉しくてわくわくしていた。

思春期には、窓辺から降る雪を眺めてはちょっぴり感傷的になったり。
その頃の「雪が好き」の理由の一つに、汚いものをみんな見えなくしてくれるからというのがあった。

それから少し成長して、雪は降っているうちはいいが、溶け始めるとぬかるんで歩きにくかったり、歩き方が悪いと泥はねで汚らしいし、始末に悪いということにも気づいた。

これなどは単に現象を捉えてではなく、人の心に結びついて観ていた。

「ああ、人間てなんでこんなに醜いの?」的に、観たくない心や感情に悲しくなることが多かったので、白一色に街や景色を包んでくれる雪に喜びと安堵を得たのだ。
けれど、見たくないからと言って目隠ししても、そのものを無かったものとして隠そうとしても、無くさない限りそれは厳然としてある。嫌なものから逃げようとすればするほど心は縛られ益々嫌になる。それが雪解けのぬかるみにも重なって見えるようになったのだ。それに気づいた時、思わず苦笑した。

見えなくしても有る。見えるものも見えないものも両方有る。先ずはそれを善い悪いではなく認めること。それが初めの一歩だったかもしれない…

表裏一体。メビウスの輪。・・・そして、ゼロを知る。
ここまで来るのに、山あり谷ありたくさんの景色を楽しみながら、長くも有り短くも有りの人生の旅だった。
お疲れさーん♪♪ d(⌒o⌒)b♪

いつの時も、内と外が直結して観えてくる。
何をしていても何が起きていても、一見自分とは関係がないようなことにでも、実はたくさんの答えがある。
今起きている出来事すべてから、メッセージが送られている。それをどう感じ、どういう回答を得るかはそれぞれにかかっている。善い悪いは一切関係無しにである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
表裏一体。心に響きます。
まだまだいろいろな景色を楽しむのでしょう。
痛痒いようなくすぐったいような感覚。
すてきな考察をありがとうございます。
飯倉片町 梅子
2015/01/31 01:05
飯倉片町 梅子さま
こんばんは。
コメントありがとうございます。
コンサートはいかがでしたか?
今日は世界中に衝撃が走った日。
清らかな歌声で愛の波動が大きく大きく拡がっていくことをイメージしていました。
氣楽
2015/02/01 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪に想う 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる