心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 花冷え

<<   作成日時 : 2014/04/01 21:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ベランダのカーテンを開けるついでに窓を開けると、家の前の桜並木も満開のようだ。特に入口のところが色も濃く素晴らしい。今年のお花見も朝のほんの数分。これでお終い。
あとはテレビで全国各地の様子も見られるので、それで十分だ。

今日は頭痛や歯痛で体も重い。微熱と花冷えもあってか足下が寒く暖房をつけたり消したりしている。

体のむくみは、漢方薬の副作用だったのか服用を中止すると大分楽になってきたが、左足首から指先までの腫れの引きが遅い。左股関節に疲れがたまりやすいのでそれもひとつの原因だろうと思っている。


増税の春が始まったが、我が家では大騒ぎすることもなく普通どおりで、買いだめなどもしなかった。
ひとつだけ輸入品のサプリが大幅値上げするので、無理のない程度に買い置きした。
今月から年金は下がるし、介護保険利用料は上がるし、その他にもいろいろ負担増となりそうだ。
これからは益々格差社会となり、貧富の差が開くばかりとなろう。
花冷えは懐も寒くする?
私もこれを機に収支の見直しをしようと、出納帳をつけ始めた。昔は家計簿もしっかりつけていたが、ここ10数年は全くつけておらず大雑把であった。お金は天下のまわりものだから、困らない程度に回っていればよい。
贅沢は敵という時代も過去にはあったようだが、特に贅沢をしたいと思うこともなく、「足るを知る」ことで、楽に暮らせていることに感謝である。

何事も執着すると苦しくなるし、よいことなどひとつもないものね。

以前に、
病気は生身だから誰でも体験する。それは悪いことでも何でもない。だが、それを苦にする人を病人という。だから、病気をしても病人にはなるな!
また、人生の中では貧乏することがある。それは悪いことでも何でもない。だが、それを苦にする人を貧乏人という。だから、貧乏をしても貧乏人にはなるな!
と聞いたことがあった。

なるほどとその時も思ったが、私はそのどちらもクリアしているようだと感じる。確かに、病気はしているし貧乏もしている。けれど、病人・貧乏人というのはイメージ的にも当たらない。実際に苦にしていないので病人にも貧乏人にも見えない。だから、不安も付きまとわない。実に有り難いものである。

既に始まっている高齢化社会。余りにも経済優先の現代社会は、いい加減に見直さないと病人も貧乏人も増えるばかりではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花冷え 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる