心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「権力という魔物」についてー苦しい答弁ー

<<   作成日時 : 2013/12/10 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

権力という魔物」について
昨日も今日も都議会集中審議で追及され窮地に追い込まれる猪瀬都知事。

http://www.news24.jp/articles/2013/12/10/07241845.html
日テレニュース< 2013年12月10日 0:52 >

親切な人だと思いました〜猪瀬氏 集中審議
 東京都議会の総務委員会で9日午後、猪瀬都知事が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題についての一問一答形式での集中審議が行われ、猪瀬知事は自らの責任のとり方について初めて言及した。

 猪瀬知事「私なりの責任のとり方として、今後1年間私の知事の給料を全額返上したいと思い、その条例案を本定例会に提案したいと考えております」

 去年12月の都知事選の前に医療法人「徳洲会」側から猪瀬知事に提供された5000万円。これまで猪瀬知事は、収支報告書に記載が必要な選挙資金ではなく、生活のための個人的な借り入れだったと釈明しているが、9日の集中審議ではその目的について、厳しい追及が行われた。

【選挙前に徳田前理事長に会った理由について】
 自民党・高木啓都議 「(徳田前理事長に)『選挙資金を出してほしい』と言いに行ったんではないですか」

 猪瀬知事「大変申し訳ないんですが、一つ一つのことっていうのは意外と覚えてないんですよね」

【この時徳田前理事長と話した内容について】
 猪瀬知事「特に覚えておりません」(ヤジ:覚えてないわけないだろ)

【5000万円の資金提供について】
 高木都議「徳洲会で『落選してもこの金を使え』と言って、あなたが安心して都知事選に出馬できるように5000万円をくれたんじゃないか。徳洲会にとって、あなたが都知事になってほしい理由が何かあったんじゃないですか」

 猪瀬知事「僕は親切な人だと思いました」

 高木都議「ふざけるなと。テレビの前で都民国民はみんなそう言ってますよ」「“5000万円を親切な人が貸してくれた”どこの誰がそれを信じるんですか」

 猪瀬知事「僕自身は、みなさんいろんなことをしてくれるんだとおごりがあったことは確かで、(徳田毅議員も)親切だと思いまして、お金を借りたということです。そういう意味では素人だったんです。政治家としては」

 ヤジが飛び交う中、都議会の追及は3時間以上に渡った。

 公明党・東村邦浩都議「知事がどんなに抵抗しても、これは選挙資金だと思われても私は仕方ない(と思う)」(ヤジ:そうだ!)

 猪瀬知事「選挙後の生活の資金としてとっておくつもりでおりましたので、まったく手をつけずにおりまして」

 結局、従来の主張を繰り返した猪瀬知事。集中審議は、10日も行われる予定だ。


http://www.news24.jp/articles/2013/12/10/07241881.html
“5千万円問題”できょうも都議会集中審議日本テレビ系(NNN) 12月10日(火)16時35分配信

 東京・猪瀬都知事が医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取っていた問題で、東京都議会では10日も、総務委員会での集中審議が行われている。

 共産党・徳留都議「(会見で借用書に)借用して返済したことも記載してありますと発言したのはなぜですか。(知事が示した)借用書には、返済されたとは記載されていない」

 猪瀬知事「借用書が戻ってきたことは、返済された意味だというふうに思っていました。誤解があったなら、直さなければいけないと思います」

 10日午後1時から始まった総務委員会で共産党は、猪瀬知事が5000万円を受け取った際に渡したとする借用書について「本物ではなく、裏献金だった疑いが強い」と指摘し、借用書の矛盾点について追及した。

 これに対し、猪瀬知事は曖昧な説明を繰り返した。

 都議会では反発が強まっており、10日は約5時間にわたって共産党や民主党など4つの会派が猪瀬知事を追及する予定。



( ̄~ ̄;) ウーン 、背広の襟もとに滴り落ちる汗、緊張した都知事の表情がテレビでは何度も映し出される。
気の毒にも思えるほど今の都知事は孤立無援で、追いつめられている。健康状態も気にかかる。
ロッキード事件以来何かあると誰もが「記憶にない」を連発するようになったが、果たしてこれで身を守れるのか?
言えば言うほど疑惑は深まる。そんなに忘れるものではないはずだから。

もうはっきり真実を言ってさっぱりすればよいのになと思う。何を聞いても誰も驚かないと思うし、年末の大掃除と思ってきれいさっぱり処すればよいのにね。そのことによって誰にも迷惑がかかるわけではないもの。迷惑を被るとすればそれは「身から出た錆」なのだから仕方ないでしょ。誰も怨めない。
都知事だって、まさか徳田氏の選挙違反から自分に火の粉が降りかかるなんて思ってもいなかっただろうし、身から出た錆としか言いようがないのでは?

オリンピック招致活動に相当力を入れ貢献されたが、今の日本では相当の無理があるし(復興が先)、やはり無理が通れば道理引っ込むで、その負担は全て国民に返ってくるから、本当にこれから大変になってくること間違いなしである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「権力という魔物」についてー苦しい答弁ー 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる