心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 一年ぶりの再会

<<   作成日時 : 2013/05/26 00:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

今までも体調は良くなかったが、最近は特に新たな症状が加わり激変するので人に会うのもなかなか厳しい。

ひとつひとつ挙げたらきりがないが、ヘルパーさんが帰って一休みすると突然激痛に襲われ動きがとれなくなったり、目が覚めたら喉に異変が起きていたり、内臓が硬直したり・・・これらはおそらく骨盤のずれが起因しているものと思われる。最近は左右の坐骨のおさまりが悪く長時間起きていることが負担になる。

そんな中で昨日は、元のキッチンパーティメンバーのIさん、Kさん、Hさんと会う機会を得た。
Iさんとは実に一年ぶり、Kさんも七か月ぶりで、この機会を逃したら体調次第ではもう会えないかもしれないと思って、まさに一期一会の思いで、朝から鎮痛剤を飲み、更に昼にも特別に薬を飲んで備えた。

約束の時間に懐かしい笑顔たちが一人また一人と訪れた。
テーブルの上はたちまちキッチンパーティの時のように沢山の美味しいものが所狭しと並んだ。先ずはIさんご持参の信州大学製の野葡萄のワインで乾杯。これがさっぱりとした味でとても美味しかった。
そして、ヴィーガン用のチーズもどき。これも何も言わなければ誰もがチーズと思って食べたと思うほどチーズの味がした。

私は、おからで作ったココアケーキとツナパン。きゅうりのわさび漬け、そして、豆腐とツナのグラタン等を提供。
豆腐とツナのグラタンは、レシピを見ながら作ったのに何か足りないなと思いながら作ったが、食べる時になって肝心のツナが入っていないことに気づいた。みんなすっかり忘れていてツナ無しになってしまったけれど豆腐のなめらかさとマヨネーズベースのソースが絡み合ってとても美味しかった。今度は忘れずにツナを入れることにしよう。

食べたり飲んだりしながらも話は尽きず、次から次と話のタネはこぼれおち花が咲いた。
夕方になってHさんが帰り、少し遅れてお二人も帰り仕度して立ち上がったが何故か立ち話になってしまった。
「本題はこれから」みたいに、話が始まった。幸いお二人とも時間に余裕があったので、椅子に座りなおしてはなしをすることになった。
私は夕方の薬を飲んでがんばることにした。*^-^*

本当に話は尽きない・・・
今の日本の危うさについて、いつも感じていることをそれぞれが本音で話し始めた。これがとにかくおもしろい。げらげら笑いながら、こんな会話をメディアが取り上げたら世の中もっと早く良くなるだろうにと真面目に思った。

Iさんは、今の日本、これが九分九厘かと。おおー、九分九厘とは懐かしいことば。するとあと一厘で世の中ひっくりかえる??おもしろいではないか。

私もね、本当にこのままではいけないのではないか、せめてあの世に逝く前に原発問題だけは何とかしたい思いでいることを伝えた。今の日本を思うとストレスがたまっていくこと。今まではまだ静観できていたがどこかでどんな形にせよ意志表示しなければいけないのではないかという思いが募る。
決してデモなどで反対運動をしようというのではない。こんな話をするとスピ系といわれる人たちはネガティブに捉えるが、本当は違うのではないかと。

いろいろ話していくうちに、IさんはすでにNPO法人を立ち上げて行動を始めていた。
頼もしいねえ。素晴らしいねえ。\(^o^)/
なんだか三人の中でエネルギーがぐるぐると回り始め、三人とも急に体が熱くなり始めた。すごいよこれは!!
三人三様、それぞれの置かれた環境の中で日々の生き方は違うけれど、意識の面に於いては共通するところがある。きっとその思いをより多くの人の思いにつなげていくと、思いは現実のものとなるかもしれない・・・まさに一厘の現象が・・・


ところで、去る4月12日、村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 」という本が発売され話題になった。ちょうどその日、ふと思うところあってAmazonでチェックしたら買える状態だったので即申し込んだ。
小説を読むなんて何年振りだろうか・・・と思ったが、翌日には届いた。本を手に取りページをめくるが、この体勢はなかなか長く続けられないので毎日数ページずつ無理せず読み続けようやく先週読み終えた。
主人公はある日突然理由も何も聞かされないままかつての仲間に絶交されてしまう。そのショックは大変なものでそこからどのように立ち直っていくのかに興味をひかれた。

ということは、私の中にかつての仲間から「障害者だから」という理由で別れたことについて、まだ完結していないことなのか、確かめる必要があったのかもしれない。多崎つくるは真実を知るためにかつての仲間に会い確かめるが、私は一々そんなことをする気は更々起きない。

けれど、昨日三人と話していたことが深夜に目が覚めた時に甦った。そして、「ああ、そうだったのか」と頷けることがあった。そこにたどり着く為に、多崎つくる君の話を読んだのかと、ようやく一本の線につながった。
善いとか悪いとか、そういうことではなく鮮明に過去の一場面一場面が思い浮かんだ。

どちらにしてももう二度と組織的な関わりを持つことはないし、かつての仲間と会うことはないと思うが、もっと早くに気づけばよかったのにとふと思った。
予定以上に長く語り合った結果として、ひとつの答えを得たことについて感謝であった。
結局、12時30分から始まって21時近くまでの約8時間。よく持ったものだと感心するが、今日は少し疲れ気味で昼寝をして体を休めた。無理せず今日はこれでおやすみである。(^O^)/

あらら、日付が変わっちゃった。(>_<) おやすみなさーい♪



色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
文藝春秋
2013-04-12
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キッチンパーティーのお友達と再会されたのですね。
私は実際にはお目にかかれなかったけど、レシピ集をいただいて、嬉しくあったかく感じています。
エネルギーの交換、凄いですね!
私も意識のもっていきかたに、もっと気をつけようと思いました。
ありがとうございます。
よふに
2013/05/31 21:24
よふにさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
メールのお返事も書けないままでいつもごめんなさいね。<(_ _)>

>エネルギーの交換、凄いですね!

はい、久々にみなさんとエネルギー交流ができ、素晴らしかったです。
元気をいっぱいいただいて楽しいひと時を過ごさせていただけるって本当に幸せなことですね。
感謝感謝です。
よふにさんもお体ご自愛くださいね。


氣楽
2013/06/01 23:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一年ぶりの再会 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる