心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 無限界

<<   作成日時 : 2012/09/09 22:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

昼間の蝉時雨も最盛期より弱まり、夕方から深夜にかけて虫の音の勢いが増している今日この頃。
「秋の日はつるべ落とし」といわれるように、近頃は日が暮れるのが本当に早くなってきた。暑さ寒さも彼岸までというから、あと少しで暑さからも解放されるだろう。

先週は、入浴時に浴槽落下事故に遭い、またまた痛んでいる股関節を打ってしまい、安静を余儀なくされた。
原因は、ヘルパーさんが腕に日焼け止めクリームを塗っていてそれが溶けて流れ出し、組んでいた手が滑って外れたためだった。クリームについては前以て流すように言っていたのだが、肌に触れるのは内側(塗っているのは外側)だから影響ないとそのままにしていたのだ。抱えてもらう時はしっかり手を組んで安全を確認して持ち上げてもらうが、「あ〜、ブルーマンデーだ」と思った。(>_<)

木曜の外出は当然中止だった。無理して外に出る必要もないからそれはそれでよかったが。

土曜日は、初めて「防災訓練」に参加。
区の危機管理室防災課による地域見守り訓練で、担当役員がお年寄りや障害者等の避難時サポートをするために訪問する訓練だ。サポートされる側は玄関を開けて対応すればよいだけだから特に何ということもない。
訪問してきた人は隣室の自治会役員だった。
最近の様子を訊ねられ、年々不自由さが増して今年は外出もままならない旨話したが、「声もお顔も元気そうでそんな風には見えないですね」といわれた。
「そうなんです。友人と電話で話していても、元気そうと言われますし、会っても元気そうと言われるんですよ。」と談笑。
何かあった際でも、ここは各家が避難場所になっているのでおそらく移動することはないので、とりあえず問題なしである。

昔から、どんなに体調が悪くても、声や顔の表情にはそれが反映されないのが私の特徴。
何故かといえば、自身の境涯に憂うところがなく、不安もないから、心はいたって健康だからだと思う。
おそらく、最期の時までそれは変わらないと思う。佳きかな佳きかなである。*^-^*

今日に至るまで、身体の不自由さは年々どころか日々変化して、昨日と今日では全くどうしようもないほど変化することがある。今調子よく起きていられても数時間後にどうなるかも保証の限りではないし、いつ回復するかも分からない。
動きがとれなければ、焦ることもなくのんびり横になって回復を待つというように、自然に任せる。
療養という観点からみれば、自宅に居ても、入院生活とあまり変わらないように思う。
けれど自宅でひとりだからこそ、「誰に依存することもなくできることは自分でする」が基本としてあり続けている。

一体、限界というものが存在するのだろうか?
実際に、痛みがひどくて動けない状態でも、トイレに行かなくてはならない時には行くしかないわけで、自分でもどうしたらよいかと考えてしまうことがよくあるが、そんな時でも慎重に慎重に体に与える負担を極力少なくして移動する。
車椅子からベッドへ移るときも、ベッドから車椅子に移るときも、どうしたら移れるか考えてしまうことがしばしば起きる。また、車椅子に乗ったはいいが、どうやって車椅子を動かそうかと思うこともよくあることだ。
けれど、もう限界かなと思っても、不思議なくらい何とかその限界を乗り越えている。
中心感覚やバランス感覚はおそらく他の誰よりも優れているのだと思うが、孫の手や杖代わりにしている棒やちょっとした小道具を利用して、省エネそのもの。決して力任せに無理しているわけではない。そのことが功を奏しているようだ。
力はないが、応用力や不自由さを補う知恵は自然と身についてきたように思う。

よくよく振り返ってみると、もう限界だ、もう駄目だ、という意識は今までほとんど持たなかったというか、そういう暇もなく、どうしたらよいかを考えて実行する繰り返しだから、ある程度乗り越えて来られたのだと思う。

それでも、形あるもの、目に見えるものには限界がある。形あるものは壊れるし、肉体も例外ではない。
では、限界か?といえばそうではなく、あくまでも目に見えない本体には限界はなく、肉体を離れることによって次のステップへ進化していくだけだ。だから、広い視野に立てば限界のない世界に私たちは生きていることになる。

素晴らしいね♪(^O^)v

そうそう、私は少しも頑張ることをしないことにしている。
がんばれがんばれと言わなくても、御体さんはちゃんとがんばってひと山もふた山も困難を乗り越えてくれている。
そうしたことを理解すれば、御体さんに更に「がんばれ」というのは失礼そのものということになる。
だから私は、がんばるのではなく、ひたすらリラックス。少しでも負担を少なくするために御体さんを労わり、休ませてあげる。決して御体さんは怠けてはいないもの。これ以上がんばったら間違いなく(肉体の)命を縮めることになる。
これが、同行二人の極意のように思う。(^O^)v

肉体を通していろいろなことに気づき学ばせて頂いている。本当に有り難いものである。
語弊があるかもしれないが他人のことはどうでもよい。全ては鏡だから、全てが気づきの種である。
ひとつひとつ気づいて、解放につながっているから、何が起きても動ぜず、笑っていられる。
まだまだ大丈夫。

ありがとう♪ ありがとう♪ ありがとう♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも お元気 でいてくださってありがとうございます。
飯倉片町梅子
2012/09/10 07:35
ブログ、いつも拝見しています。
同行二人の極意、ありがとうございます
よふに
2012/09/13 20:07
梅子さん
こんばんは。いつもコメントありがとうございます。
はい、まだまだ元の気は健在のようですので、ご安心くださいね。
今のうちに断捨離にも励まなくちゃです。
氣楽
2012/09/13 22:41
よふにさん
お久しぶりです♪
コメント、ありがとうございます。とても嬉しいです。*^-^*
お元気でライブ主催等ご活躍のようで何よりと思っています。
お体、どうぞご自愛くださいね。*^-^*
いつもありがとうございます。
氣楽
2012/09/13 22:49
気持玉をありがとうございます。
氣楽
2012/09/13 22:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
無限界 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる