心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 平穏死(自然死)の条件

<<   作成日時 : 2012/09/05 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

山本晋也(元映画監督)さんがお昼のテレビ番組(テレビ朝日)で尼崎市にある長尾クリニック院長・長尾和広医師を取材していた。
長尾クリニックでは在宅医療に積極的に取り組んでいる。

「平穏死」の条件として
「死ぬ時は医者はいらない。」
「看てもらいたい人にだけ看てもらえば良い。」

を挙げている。
そして、(誰もが)在宅療養を一度は考えたらよいと進めている。
状況によって、施設と自宅を往ったり来たりするのも良いのではないかとも。


実は私も同じことを考えているのでとても共感するところが多かった。
医療現場の第一線で働かれて、「延命治療」を何の疑いもなく善しとしてきた医師が、自然死(長尾医師は平穏死と呼ぶ)に目覚めていく姿は非常に好ましいことだ。
近年はそうした医師が増えてきていると感じるが、これも時代の要請なのだろう。
これから益々そうした医療のあり方が注目されていくことは間違いない事実として、メディアも取り上げていくであろう。


いよいよとなったとき、病院では家族たちを病室から出して最後の医療行為をするケースが多い。
心臓が止まると家族を招き入れて、「力を尽くしましたが、ご臨終です。」と言い部屋から出ていく。
家族は最期の時を看てやれなかったことを、何の疑問も持たず病院とはそういうものと思い込んでいる。
臨終を告げられ、名前を呼びながら泣き伏してももう遅いのだ。

大体、看取りの(死ぬ)場所が病院ということが常識になってしまったことが、そもそもおかしい。
まあ、核家族化して、家族が看取りに自信が持てなくなって、死に場所を病院に引き受けさせている面も大いにあるとは思うが、徐々に今までの常識が非常識になっていくことは好ましいことだと思う。

私が初めて身内の死に接したのは4,5歳の頃で、生後1週間の妹だった。当時はみな家でのお産だったが、隣りに寝かされていた赤ん坊の口のあたりに赤黒い血のような塊があって、窒息死だったようだ。真夜中のことで、廊下をドタバタと走る足音で目が覚めた私は、腹ばいになってじっと赤ん坊を見ていたことをしっかり記憶している。

それから、祖父の死、弟の死、祖母や、叔父や、姉、姑、父、母、夫の死等々、沢山の死に直面し、生き方死に方、看取りについて、必然的に学ばせてもらった。その後も義兄の死にも出合ったが、この時はすでに私の状態も自由に動けなくなっていたので葬儀その他一切関わることが無くなっている。
そのことも含めて、看取り方、看取られ方について私なりの理解と、一つの結論を得ることができた昨今である。


長尾クリニックのホームページを見ていたら、
文芸春秋9月号に

在宅医が教える看取りの常識、非常識
「自分の最期は自分で決める」
 自宅で穏やかな死を迎える方法、教えます

というタイトルで長尾医師の手記が掲載されていた。
http://www.nagaoclinic.or.jp/picture_library/media/bungeisyu1209.pdf

 @ 脱水は友
 A 余計な医療はしない
 B 緩和医療が大切
 C 在宅医療は高くない
 D 在宅主治医の選び方
 E 施設選びのポイント
 F よく考えてから入院を
 G 在宅看取りを阻む原因
 H 葬儀屋とのすりあわせ

等々具体的に書かれていて参考になると思うので、一読されることをお勧めする。

私はいつ逝くのか?
状態は良かったり悪かったり波はあるけれど、そう遠くはないように思えたり、まだまだと思えたり、(^_-)-☆
まあ、いずれにしても自宅で、ひとり、のんびり、ゆったり、穏やかに、逝くつもりだ。
きっと心地よくて、にっこり微笑んでね、御体さんに「ありがとう」と感謝しながら抜け出ていくんだと思うのね。
もうそういう姿、過程が見えているから、何も心配していないの。(^O^)v

でも、これも不思議なのだけど、当たり前に今をしっかり生きて(遊んでいる)自分がいてね。だから、生き方は逝き方であって、生と死は表裏一体というか、メビウスの輪のように思えたりもする。
そして、螺旋を描きながら、どこまでも飛翔していくような感覚イメージに包まれていく。楽しきかなである。

人生ってほんとうに素晴らしい!!
ありがとう♪ ありがとう♪ ありがとう♪ \(^o^)/  \(^o^)/  \(^o^)/ 




「平穏死」 10の条件 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか?
ブックマン社
長尾 和宏

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「平穏死」 10の条件 胃ろう、抗がん剤、延命治療いつやめますか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
番組を途中から視ました。
病院で管と計器につながれて逝くのが普通のようになっています。
記憶にある昭和30年代後半は、がんでも、老衰でも、脳内出血でも自宅で見送っていました。
誰のための医療か?ですね。
これから変わるでしょうね。選べるのが当たり前になりますように。
飯倉片町梅子
2012/09/05 23:32
昔は「畳の上」(=自宅)で死ぬのが当たり前だったのですよね。
病院を死に場所とする今の医療は、よくよく考えてみると要らぬことをして患者を苦しめ、延命どころか命を縮めていることって沢山あると思いますね。
夫の時は、幸いにして主治医が「抗がん剤は命を縮めるので私はしません。医師として何もしてあげられずすみません。」と頭を下げられたのですよ。
その後別の医師が医療ミスしたり、いろいろありましたが、奇跡的にも1年間自宅で穏やかに過ごしました。
在宅医療の先生は入院を勧めましたが、入院のリスクは認めていました。
今でも入院させず自宅で看取れたことは本当によかったと思っています。*^-^*
氣楽
2012/09/06 23:17
レイバン メガネさん
ご訪問ありがとうございます。
トラックバックですが、レイバン メガネさんのサイトをクリックしますとウィルスを検出しますので、ウィルスチェックをしてみたらいかがでしょうか?
今の状態でのトラックバックはご遠慮願いたいと思います。
よろしくお願いいたします。<(_ _)>
氣楽
2013/07/06 09:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平穏死(自然死)の条件 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる