心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 競輪場でライブ♪

<<   作成日時 : 2012/07/04 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

お友達が昨日、イザナギTaROさんのライブを聴きに競輪場へ出かけられた。
イザナギTaROさんは、以前にもこのブログで紹介させていただいたが、男性ボーカルでありながら、声域を自由に歌う(カウンターテノールのハイトーンと実声のWボイス)世界的にも稀なスタイルのシンガー。ジャンルはクロスオーバーで、歌謡曲からポップス、ミュージカル、アリアまで幅広い。

普通に考えて、そうしたアーティストが競輪場で歌うというのは考えにくいところだが、競輪場のどういう場所で歌うのか?また、歌う曲は?と興味深かった。

実際にライブ途中でもメールで

ずっと歌い続けたタロ−さんは、休憩中です。
入場時に知らないおじさまが、特別席の券を2枚持っていてタダで入れてくれました。
一般席は100円ですけど。
ミュージカルの歌をたくさん歌ってくれました。
一時半頃の最終ステージまで、楽しみます。


2レースが終わりました。3周位するみたいですが、ゴールシーンがわかりません。大きな地震がありました。



後1回です。
短いステージですがアヴェマリアを歌ってくれました。
競輪のお客さんがアヴェマリアのCDを買ってくれました。
うれしいです。


帰ります。みなさん喜んでくれて、最後アンコールの声が上がってふるさとを歌ってくれました。
CDもほとんど完売で、盛り上がってうれしかったです。


と、知らせてくれたのだが、やはり現場に行ってみなければ分からないことも多々ある。

今日になって、お友達がメールでその様子をタローさんがブログに掲載していることを教えてくれた。


http://ameblo.jp/asknom/entry-11293429277.html
http://ameblo.jp/asknom/entry-11293865729.html
今日は西武園(競輪場)でのパフォーマンスなので
朝6:00に家をでて8:00入りでした。
道路は大渋滞のルート17とか16で 家から3時間。

こうした競輪場や競艇場でのパーフォマンスは 
きっと アーティストのほとんどは なかなかやりたがらない
かもしれません。
血気盛んなどちらかといえば硬派なお客様が多い印象もあって
実際そういうお客様いらしゃいますが・・・ 
そんな場所でクラシカルスタイルのアーティストは 
まず やらないし、いかないでしょうね。

そこを僕の場合は出演をお願いして いくのです。
なぜかといえば 歌うところ 人との縁が必ず できるからです。
ということで 行きました。

歌う場所= 仮設ステージは 投票券を購入する横あたりで、
お客様の入退場げートから入って30メートルぐらいのところの 
広い通路の空間。 半分野外でも屋根あり。

PAをやさし〜い 西武園のスタッフさんといっしょにセット!

西武園のお客さんゲートの開門は 9:45で1Rの出走は
10:55です。
まず1回目の パフォーマンス つまり ステージは
この間にしました。 場内アナウンスや投票券の購入中はできません。
さて
お客さんが開門で入ってきました。歌い始めます。

こういった場所にいいなあと思うものを曲選していきました
・・・が・・・・実は それは見事にくつがえされることに
気づきます。

今日は 平日。
それに 朝だけに 重い〜〜感じが漂っています・・ 

仮設ステージ前を通り過ぎて投票券売り場へ向かう人人人、 

きっと若手のバンドさんとかであると
ここは僕等の場所でない 出来ないなと 
たじろいでしまう瞬間です。

それが どっこい!! が やがて訪れます。

僕の場合はお一人ファンのお顔がみえてホッと。
ありがとう

以下省略〜ブログへどうぞ〜


ブログを読んで、なるほどなあと納得。
文中の

>僕の場合はお一人ファンのお顔がみえてホッと。
>ありがとう

は、勿論お友達のことだとすぐに分かる。素晴らしい!!*^-^*

どんなところでもご縁が生じる。ご縁を結びに行く。
ここでなければ、あそこでなければ、歌えないというのではない。
きっと、心がボーダレスで人を判断するということがない方なのでしょうね。
競輪場に来る人は○○な人という、勝手な決め付けがないから敢えてそうした場所を選んだのかもしれない。
条件付けがないのは、どんな環境であってもひとつになれることを知っているということかもしれない。

そして、本当に素晴らしい反応で、その一瞬一瞬、一曲一曲に、心と心が結ばれていく。
なんて素晴らしいのだろう!! いいね、いいね♪(^O^)v

今の時代、いつなんどきどんな災害が起きるかわからない。被災して心が闇に閉ざされてしまうことだってあるだろう。
アーティストたちは、自分の持てる才能で、難なくその闇を光で照らし、生きる勇気を与えることができるのだ。

そんなことを思わせてくれる素晴らしいライブであった。
現場に居合わせることのできない私でも、タローさんのブログを読んでどんなに素晴らしいライブであったか理解できる。

お友達が心から喜んでいるのも伝わってくる。
よかったね〜♪ おめでとう〜♪♪ d(⌒o⌒)b♪おめでとう〜♪♪ d(⌒o⌒)b♪おめでとう〜♪♪ d(⌒o⌒)b♪


  註:クロスオーバー
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「競輪場でライブ♪」について
「競輪場でライブ♪」について ...続きを見る
てがみ
2012/07/21 01:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
競輪場でライブ♪ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる