心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽も生きている!!

<<   作成日時 : 2012/05/18 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は思い切って入浴する。落下事故の慣れないヘルパーさんだけど、「習うより慣れよ」だから、少しずつでもコツを覚えてもらうしかない。私も体調次第だから入れそうな時には思い切ってお願いする。
狭い浴槽ではあるが、浮力を活かして体を動かすには最高の場所であり、入浴はリハビリも兼ねたリラックスタイムだ。まだ十分ではないが前回より一歩前進かな。*^-^*

何をするにしても「中心」を念頭において、中心を合わせていくこと。これがキーワード。秘訣である。着替えの時もそう。そういうことを実践で身につけてもらうことが一番だ。

入浴中に雷の音が聞こえた。入る時は晴れていたのでまさかと思ったが、出てみると外は真っ暗で雷が大きな音をさせて轟いている。風も強く雨も勢いよく降ってきた。凄いなあと思っていたが、しばらくすると何事もなかったかのように太陽がにっこり顔を出した。雨上がりはとても気持がよい。

ということで、太陽に関するニュースを記しておこう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120517-00000003-mai-soci
<太陽>大規模爆発が発生の可能性 京大教授ら突き止める
毎日新聞 5月17日(木)2時0分配信

 太陽の表面で起こる爆発現象「太陽フレア」について、地球に大きな被害をもたらすほどの大規模爆発(スーパーフレア)が今後、発生する可能性があることを、京都大の柴田一成教授(太陽・宇宙プラズマ物理学)らの研究グループが衛星の観測データから突き止めた。17日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

【一体何が…太陽にスーパーフレアが起きた場合の想像図】
http://mainichi.jp/graph/2012/05/17/20120517k0000m040120000c/002.html?inb=yt

 グループは、過去最大級の太陽フレアの100〜1000倍のエネルギーを放出するものを「スーパーフレア」と定義。米国の惑星探査衛星「ケプラー」が09年に観測した約8万3000個の恒星の明るさの変化に関するデータを解析し、148個の恒星で365回のスーパーフレアがあったことを確認した。

 これまで恒星のすぐ近くに高温の巨大なガス惑星(ホットジュピター)がなければスーパーフレアは起きないと考えられ、太陽にはこうした惑星がないことから、スーパーフレアは起きないとされてきた。しかし、今回確認した148個の恒星にはホットジュピターは存在せず、柴田教授は「太陽で全く起きないと言えなくなった」としている。

 太陽フレアはしばしば観測され、エックス線が増加するため、地球に通信障害などの影響が出ることがある。仮にスーパーフレアが起きれば大量の放射線や磁気嵐が地球上に降り注ぎ、人体の被ばくや地球規模の停電など大きな影響が出る恐れがある。柴田教授は「過去に起きた形跡がないかを調べるとともに、予測が可能かも探りたい」と話している。【五十嵐和大】



太陽:磁場が「4重極構造」に…地球、一時的に寒くなる?
毎日新聞 2012年04月20日 20時56分(最終更新 04月21日 01時09分)

太陽北極の磁場が反転し、北極と南極がN極、赤道付近がS極になる「4重極構造」に変化しつつある=国立天文台提供
拡大写真( http://mainichi.jp/graph/2012/04/21/20120421k0000m040072000c/001.html

これまでの太陽の磁場構造。南極がN極、北極がS極の「2重極構造」=国立天文台提供
拡大写真(http://mainichi.jp/graph/2012/04/21/20120421k0000m040072000c/002.html

太陽の北極と南極にN極、赤道付近に二つのS極が形成される「4重極構造」が現れつつあることが、国立天文台などの研究チームの観測で分かった。現在は2極だが、地球が寒冷化した約300年前にも4重極構造だったとみられる。当時の太陽活動の特徴とも一致することから、温暖化の一時的な抑制につながる可能性があるという。

 研究チームは、太陽観測衛星「ひので」で太陽の極付近を観測。08年の北極はS極だったが、11年にはS極に混じってN極が出現した。北極と南極は同時に反転するとされてきたが、南極はN極のままだった。このため、北極ではS極からN極に反転し、4重極構造に変化する過程にあると結論付けた。今年5月ごろには完全に反転するとみられるが、理由は分かっていない。

 過去の太陽の観測結果を調べたところ、黒点の増減周期や磁場構造が、地球が寒冷期だった17〜18世紀と酷似していた。常田佐久・同天文台教授(太陽物理学)は「反転の影響で、地球が寒冷化する可能性がある」と分析する。【鳥井真平】
.

宇宙天気予報を見ていると太陽の活動が活発であることはよくわかるが・・・といっても実のところ地球の気象予報のようなわけにはいかず、地図もないからよくわからない。(>_<)
宇宙天気予報  http://swc.nict.go.jp/forecast/
宇宙天気ニュース http://swnews.jp/
が、しかし、太陽風とか磁気嵐とか、地球も影響を受けていることは確かだ。

地球が影響を受けるのは宇宙に浮かぶ衛星が大きいのだと思う。
以前から聞いている話では、衛星が太陽風や磁気嵐で動かなくなったりすれば、カーナビとかインターネットや衛星中継で情報伝達されているすべてのことの電気系統は全く用をなさなくなる。

今、原発問題を含め電力不足が問われているが、電気エネルギーの時代は既に終末を迎えているのかも。
次世代エネルギーは、電気ではなく磁気エネルギーだそうだ。
磁気エネルギーといえば○ップエレキバン?(うふっ!冗談冗談。<(_ _)> )
でもね、地球だって磁場があるからこそ生きているわけだから、進化した地球人たちは資源争いなどせずに、磁気エネルギーをうまく活用するのだろなと、想像するとやはり未来は明るいね(想像=創造)。まあ、産みの苦しみはあるだろうけど・・・

先見の明ある地球人たちよ、原発は全ては廃炉とし、始末もできない核のごみをこれ以上増やさないようにしよう!(^O^)/

とりあえず、個人でできる節電や、企業も自家発電対策を始めたり、電力会社に頼らない意識改革は既に始まっていることを頼もしく思う今日この頃である。\(^o^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
入浴できたのですね。
季節が進み寒さがなくなっています。
太陽や磁気、磁場と共にあるのに何も知らないでままです。
いつもありがとうございます。
飯倉片町梅子
2012/05/19 00:20
梅子さん
おはようございます♪
爽やかな朝で気持がいいですね。
お風呂に入れるってなんて贅沢なことでしょう♪*^-^*

そうそう、最近またトマトバジルのパンを焼き始めました。
久しぶりでとても美味しいです。
その内に無添加手作りパンでランチしましょうね〜♪(^O^)v
氣楽
2012/05/19 11:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
太陽も生きている!! 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる