心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 春雷

<<   作成日時 : 2012/04/17 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像

ゴロゴロと大きな音が頭上で鳴り響く。カミナリだと思い静かに目を開ける。時計を見ると3時を過ぎていた。
更に、目を閉じて雷鳴に耳を澄ます。
植物たちはカミナリさんからエネルギーをもらって生き生きするに違いない。私もだ。*^-^*

ヘルパーさんが帰った後、昼食もとらずベッドへ横たわる。しばらくテレビを見ていたがいつの間にか眠っていた。
どんなに体調が悪くても、ヘルパーさんが来る時は、その時間までに起きて鍵を開けなければならないし、帰るときまでは起きていて、また鍵を閉めなければならない。
鍵を閉めてひとりになると、正直ほっとする。*^-^* 無理して起きた分疲れも出るし痛みも強くなって動けなくなるし、車椅子に乗っていること自体が苦痛になる。
無理して起きずに、あと数時間横になっていられたら、きっと体調ももっとよくなるのだろうけど、ヘルパーさんを頼んでいる以上はそうもいかない。


入浴介護で事故を起こし10日余り、せっかく回復に向かっていたのにお陰でまたまた後退。痛み止めの薬も強めの物に変えた。ネットで見ると中枢神経薬で痛みをブロックするらしいが、副作用も強そう・・・
まあ、長いこと飲む気はないが、今は少しでも体の負担を軽減し安静を保つことを第一にしている。

浴槽に入れる時、ヘルパーさんにはくれぐれも手を離さないで欲しい。事前にちゃんと言ったのに、落下して一番痛みのある左股関節を強打。翌日になっても息苦しくて起きていられなかったが、その後は一進一退。先週金曜の在宅医療で、入院を勧められる始末だ。
医師は入院すれば何もしないでも食事の心配もないし、看護も行き届き安静にしていられるからということなのだろうが、実際問題としてそうはいかない。
自宅が何と言っても一番療養に適しているのは間違いない。要は医療関係者が傍に居るか居ないかの違いでしかない。

ひとりは気楽で、自由だから、居心地満点。家に居るからこそ不自由なりになんでもできる。
入院したら、ベッド以外に自由に動き回れるスペースもないし、何もできずに寝ているしかない。確かに安静は保てるが、全てに於いて人の手を借りることになってしまう。そして、検査と治療と称しての薬漬けが待っている。
一度入院したらいつ退院できるか分からない。
亡夫もそうだったように、私にとっても我が家こそ最善最良の病院である。

こんな状態でも、ヘルパーさんにしてもらうことは時間の関係もあるが、必要最小限でよい。できることは時間がかかっても自分ですることがリハビリにもなり、現状維持と回復につながるというものだ。
すべて、あるがままでよい。
私、ほんとうに束縛されるのが嫌になっているようだ。*^-^*

夕方になってようやく起き出して水分補給。お腹もすいていたので、ご飯をレンジでチンして食事の支度。早や夕飯にし、鎮痛剤もしっかり飲む。
無理せず、安静を保てばきっとあと少しで回復すると信じている。
まあねえ、段々畑のようにゆっくり緩やかに下ってはいるのだろけど、どのような状態のときも安定期はあるので、何も心配しなくてもそれなりに馴染んでうまく対応していけるのよね。

人間の可能性って本当に計り知れないというのが実感。
知識はいくら詰め込んでも詰め込んだだけなら役に立たないが、知恵に変えることができたら、ふふふ*^-^*「吾輩の辞書に不可能はない」という世界になるようだ。
だから、人生は楽しいのかもね。
世の中の流れについていけないが、誰しもが自分の人生をいきていくこと。それでよいのだと思う。

今日は、石原都知事が尖閣諸島を都が買う交渉をしているとびっくり発表。
民主党の仙石氏が「集団自殺・・・」発言をして物議を醸したり、枝野経産相の発言もいろいろ問題ありで、今の国政そのものが国難そのものと思うが、なかなかブログに記すこともできずにいる。
それも良しである。*^-^*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中心感覚を身につけよう♪
「春雷」について 薬を変えてから4,5日目(先週)に首や背中にかゆみと湿疹が現れ始めた。かゆいが、幸か不幸か手が届かないので掻くことができない。頭痛もしていたし・・・ ...続きを見る
心のまま大らかに
2012/04/24 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気楽さん こんばんは
どんな時も前向きな気楽さんを感じます。

>できることは時間がかかっても自分ですることがリハビリにもなり、現状維持と回復につながるというものだ。

確かにその通りですが、強い意思を持って毎日生活されているのでしょうね。
何かお手伝いできればいいのですが、何もできず、むしろ気楽さんの後姿で学ばせていただいております。
住み慣れた家が一番落着きますよね。入院せずに自宅で療養が続けられるように祈ってます。
お大事にね。
ひまわり
2012/04/20 22:57
ひまわりさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
先週はブログにも書いたように薬の副作用が出て、更に厳しかったですが、今は少しずつ回復傾向にありますからご安心くださいね。*^-^*

>強い意思を持って毎日生活されているのでしょうね。
いえいえ、そういう意識もなくなったからこそ楽に暮らせているように思うんですよ。しっかりしなくちゃとかがんばらなくちゃという自分に対する叱咤激励も一切無縁になってしまって、楽な方へ楽な方へと選択することだけのようです。入院は苦そのものでしかなく、自宅療養は楽ですし楽しいので、自由に過ごしたいだけなのですけれどね。そういう私の生き方を理解してくれるひとが増えると私はもっと楽になると思います。*^-^*
在宅医療の先生はどうなのかしらね。理解しにくいのかもしれません。^^;

いつもありがとうございます。
氣楽
2012/04/24 20:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春雷 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる