心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS お金の使い道

<<   作成日時 : 2012/03/13 17:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

3月10日 東京大空襲から67年
3月11日 東日本大震災から1年
3月12日 長野県北部地震より1年
そして今日は、新潟県上越市で雪どけ水が原因とみられる地滑りが続き、住宅など11棟が壊れる など被害が広がっているとニュース。3月は何かと災害の多い日が続く。

報道はほとんどが11日の東日本大震災と福島原発事故を大々的にとりあげていたが、それも局所的に集中していたように思う。

11日には、アメリカ軍の「トモダチ作戦」の記録を紹介したものに感動を覚えたし、いつか来るであろう東京の直下型地震災害についての報道もとても興味深く観た。(テレビ朝日)
東日本大震災は東北地方だけでなく、関東でも多くの地域で被災した人たちがおられるが、そちらはあまり報道されなかった。
また、12日の長野県北部地震にいたっては、ニュースに流れるだけで特集などは見受けられなかった。
報道の偏りは視聴者の関心を集められるかどうかによるものと思うが、長野も復旧復興にまだまだ時間がかかるそうだ。

ところで、今日の某掲示板の投稿を何気にのぞいてみたら

寄付総額8億に 氷室京介
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120313-00000055-spnannex-ent

集めた寄付金でパンダを呼びたい近藤真彦
http://www.j-cast.com/2012/01/31120657.html?p=all

なんか、人間性とか人間の器ってものを考えさせられました。
この二人、歳もそう変わらないのに、この差はなんでしょうか。
ファンじゃなかったけど、氷室さんて本当の意味でかっこいい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120313-00000055-spnannex-ent の内容
支援は続く…氷室京介、新たに2億円超寄付!総額8億円超スポニチアネックス 3月13日(火)7時2分配信

 歌手の氷室京介(51)が、東日本大震災で被災した子供たちを支援するため、新たに2億1136万4422円を寄付した。14日発売の新曲「IF YOU WANT」から発生する著作権料も全額、寄付金に充てる方針。このCDなどの特典映像は、映画監督の三池崇史氏(51)が手掛けた。

 所属レコード会社によると、寄付の内訳は、昨年6月に東京ドームで行ったチャリティーライブのDVD販売による収益金1億5964万2481円と同公演グッズの通信販売、震災後に立ち上げたインターネット基金で集まった5172万1941円。岩手、宮城、福島の震災遺児孤児を支援する各県の団体などに寄付した。

 昨年3月11日の震災発生後から、これまでの寄付総額は8億8058万5362円となった。新曲の著作権料も全額、JASRACが設立した復興支援基金に拠出する。


氷室京介さんとはどんな人物なのか?どんな歌を歌っているのか?よく知らなかったが、


マッチが5年で約50億円を全額負担表明したそうだが、パンダを中国から借りるにも裏ではお金が動いているのかと、むしろそちらの方に驚いた。借りる費用だけではなく施設や飼育費等々維持費も相当かかる。

http://www.j-cast.com/2012/01/31120657.html?p=all の内容
「仙台にパンダ呼ぶため募金したんじゃない!」 ジャニーズ事務所の「復興支援」に批判2012/1/31 19:26

ジャニーズ事務所が震災復興支援で集めた募金を仙台のパンダ誘致に回すと明かしたところ、ネット上などで批判が相次いでいる。パンダに金を出せば、本当に復興支援になるのだろうか。

発案者は、ジャニーズ事務所の社長候補ともされるマッチこと歌手の近藤真彦さん(47)だった。

マッチが5年で約50億円を全額負担表明
真彦さんがスポーツ紙各紙に明かしたところによると、2011年夏に仙台市立八木山動物公園のパンダ誘致計画が被災者からの批判もあってとん挫したことを知った。そこで、事務所の復興支援プロジェクト「Marching J」の募金をファンらの目に見える形で使えると考え、誘致資金に回せないかと提案した。そして、水面下で中国などと交渉するとともに、12月22日には野田佳彦首相に直談判した。野田首相も前向きな姿勢を示し、25日の日中首脳会談でパンダのつがいを貸与する方向になった。

ただ、パンダを呼ぶのには多額のお金がかかる。1頭年約4000万円のリース代のほか、中国からの輸送費約5000万円、飼育舎建設費、えさ代、人件費などと負担しないといけない。それでも、ジャニーズ事務所は、5年で50億円ほどもかかるという費用をすべてまかなうというのだ。募金で足りない分は、関連4社からの寄付金を充てるとしている。

こうした募金の使い方について、ネット上では、疑問がいくつも出ている。「復興に使うと言って金を集めて、パンダに使うってのは使用目的を詐称してる」「中国に金が流れるだけじゃねーか」「被災者の為になる事に使えよ・・」などだ。また、所属のSMAPが11年9月16日に北京コンサートをしていたことから、「次は嵐を呼んで貰えるようにする為の作戦」といったうがった見方まであるようだ。

もっとも、「パンダを仙台に送ろうって話だから十分復興支援だろ」「ジャニオタがそれで良ければ構わん」と指摘する向きはある。

パンダ来日は、5年ほどもかかる可能性
仙台市にも、募金したという人から意見が来ている。

メール数十件のほか電話も数件来ており、「パンダを呼ぶために募金したんじゃない!」などと、ほとんどが誘致に反対だという。

仙台市の建設局次長は、取材に対し、反対意見について、「ジャニーズ事務所への意見ですので、私どもではコメントしようがありません」と話す。事務所が中国との関係強化に利用しているのではとの指摘には、「どんなお気持ちでやっているのか私どもでは分かりません」として、コメントするのを避けた。

ジャニーズの援助表明については、「ありがたく受け入れたい」として、辞退することは考えていないとしている。

5年で50億円かかるという誘致費用について、建設局次長は、「そんなにかからないのでは」とした。レンタル料が5年で4億円弱、飼育舎建設費が3〜4億円と合計で7〜8億円にしかならないからだという。

入園者について、市では、初年度の入園者が現在より倍増して約100万人になり、市内で50億円の経済効果があると試算している。

ただ、パンダのつがいを2011年4月から公開している上野動物園では、入園者数は、倍増した1972年の初飼育時に比べ、1.5倍ほどに留まっている。仙台市で、それほどの経済効果があるのかは未知数だ。

さらに、仙台市にパンダが来るのは、飼育舎完成が間に合わないため12年中は難しく、場合によっては5年ほどかかるともいうのだ。それは、神戸市立王子動物園もパンダ来日までに5年かかったからだ。

これで本当に震災復興支援になるのかなどをジャニーズ事務所に取材しようとしたところ、事務所では、宣伝部の担当者が不在だということで話が聞けなかった。


義捐金の扱い方、捉え方もそれぞれだが、寄付した人たちの思いが生かされなくては、目的を果たしたことにはならないのは明らか。
まあ、パンダについては震災復興支援で集めた募金は使わないことになったらしいが、いろいろあるものだなと溜息。


今、原発の建設・運転にともない自治体に入ってくる、国からの「交付金」で過疎化した村や町が潤っているというのは現実に遠く、実際には莫大な赤字を抱えているという。何故かというと交付金の使い道が箱モノに限定されているからだそうだ。
小さな町や村に立派すぎるほどの公共施設を建てたはいいが、その後の集客が芳しくなく、収入が建物の維持費の10分の1ほどで、毎年赤字分をその村や町が負担しなくてはならないからだ。
そんなことは初めから分かっているだろうに、目先のお金には誰もが弱いということか。

もうお金に縛られ、振り回されての社会構造から脱出しないとね。*^-^*

上記、氷室京介さんに拍手を送りたい。そしてそのお金が本当に生かされるように願うばかりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
気持玉、ありがとうございます。<(_ _)>
氣楽
2012/03/26 17:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お金の使い道 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる