心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS あるがままを生きていこう!

<<   作成日時 : 2005/02/22 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

だれだってほんとうは正直に生きてみたいんだ」について

本当にそうですね。誰からも拘束されず、
自分の思うとおりに生きられたらどんなにか幸せでしょうか。
でも、元を辿れば、拘束しているのは人でも社会でもなくて
自分だということに気づくと思います。
あと少しですね・・・

以下は、何年か前に書いた詩です。


     ★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆


                     あるがままでいいのよ 
 

                あるがまま、あるがままっていうけれど
                    何故、あるがままでいいの?
 
               それはね、歩まなければならない道だから
                     10人いたら、10人の
                    100人いたら、100人の
                       人生があるの

                  人生とは、人が生きると書くでしょ
                  そう、人が生きていく道を人生とね
                  その人その人の生きる道があるのね
  
                   生きていく道の途中の出来事が
                  いろいろなことに気づかせてくれる
                  いろいろなことを思い出させてくれる

              気づくために必要な道が人それぞれに違うのね
                人それぞれに人生のシナリオが違うわけ
               だから、みなそれぞれにあるがままでいいの
                    人と比べることも、競うことも
                      本当は要らないのよ

                  でも、その「要らない」ということに
                         気づくために
                  人と比べたり、競ってみたりしたの
                    全ては体験して気づくのね

                    それは、ひとりの体験として
                        又は、集団として
                  延々と体験を受け継いできた私たち
                       だから、思い出してと

                       あなたのあるがまま
                         私のあるがまま
                  互いが受け容れることができれば
                      心は微笑んでいられる
                     心は平らかで揺らがない

                  あるがままとわがままは違うけれど
               相手のわがままも、受け止めることができる
            相手が、気づくまで見守ってあげることができるでしょ

                       きっと、あなたは私で
                   私はあなただということにも気づくわ
                  そして、あなたも私も元はひとつとね
                   あるがままは本当に奥深いですね


     ★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆.〇★◇。*☆



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 あちゃちゃちゃちゃ。「自由気ままに」さんの言葉が、びしびし響く今日この頃です。「拘束してるのは実は自分」はい、おっしゃるとおりです。確かに、今までの人生、「要らない」と気付く為の、「あるがまま」になる為の、大切なものでした。人生に乾杯!
びーらぶ
2005/02/23 11:02
びーらぶさん、ありがとう♪
「あるがままを受け容れる」って、本当は簡単だけど難しいんですよね。
簡単とは、意地を張らず「降参!無駄な抵抗はしません!」と白旗をあげること。自分を丸ごと認めてあげること。
難しいとは、「分かっちゃいるけど・・・」の世界にどっぷりで、抜けたくない自分がいるから・・・
でも、否定する必要もなく、ゆっくり、マイペースでいいんですね。*^-^*
人生に乾杯! (*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪
自由気ままに
2005/02/23 13:18
コメントありがとうございました。
わたしもいまだにもがいておりますが一筋の光が見てきています。
ぼちぼちいこう。これが今の自分の合言葉です。
死ぬまでに書き残したいこと
2005/02/23 19:35
よかったよかった。まじめに冗談ですが・・・*^-^*
人間一度はどん底味わうのもいいものですよ。
たとえば、海やプールなどで溺れかけているとしましょうか。
海底、プールの底に足が着けば、底を蹴り上げて浮き上がってくることができますよね。ところが中途半端に水中のど真ん中で足をバタバタやっても力尽きて溺れ死んでしまうこともあるんですね。また、足が着くにもかかわらず着かないと思い込んでバタバタやっていることもありますね。
人生もこれと似ていると思いません? 体験者は語るです。*^-^*
慌てなければ、大概のことは対応できるようになっているんですね。
ですので、楽しくp(*^-^*)q がんばっ♪
自由気ままに
2005/02/23 21:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あるがままを生きていこう! 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる