心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 某メルマガのコラム 【 「負け犬」について 】から

<<   作成日時 : 2005/02/28 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

最近よく「負け犬」という言葉を耳にするが、某メルマガのコラムにもあったので少し記しておこうと思う。          
このコラムは「老年精神医学、精神分析学(特に自己心理学)、集団精神療法学を専門としているW先生」の話を元に書かれている。

以下、抜粋文(一部分)
============================================================================
国勢調査(2000年)によると、
わが国の30代前半女性の未婚率は26.6パーセント。
1990年から2倍に増加したそうです。
そういった30代未婚女性たちを「負け犬」と、
あたかも企業間競争の「勝ち組」「負け組」のように
白黒をつけて物差しをする時代になってきました。
━━━━------------------------------------------------------------━━━━
      女性が「負け犬」になる理由はストライクゾーンの狭さです
━━━━------------------------------------------------------------━━━━
結婚できない30代独身の女性は皆一様に「出会いのなさ」を理由にあげます。
この「出会いのなさ」の原因とは、次の通りです。
女性に関しては、残念ながら
ストライクゾーンが狭くなってしまうからなのです。
これは、女性特有と言っていいかもしれません。
男性は、女性と同じように「出会いがない」とは思っていますが、
いい女性は皆結婚してしまっているとは思っていない。
つまり、男性は自分より年下の若い女性も恋愛対象に見ることができるので、
ストライクゾーンは狭まれないのです。

女性の「いい男が残っていない」という考えは、
自分より年下の男性を恋愛対象から
抜かしてしまうという理由によるものです。
こうすると、女性の方が深刻になってしまうのです。

出会いのなさを嘆き、負けたくないというのが
多くの「負け犬」たちの声です。
いい女になったのに、「いい人と全然出会えない」
「見てくれるところが悪い」「いい女・いい男は皆結婚している」
というように感じています。
━━━━------------------------------------------------------------━━━━
           「負け犬」からの「一発逆転法」とは
━━━━------------------------------------------------------------━━━━
私はこのように白黒つけること自体、
あまり好ましいことではないと思います。
しかし、ここであえて、負け組にカテゴライズされた女性たちのために
「一発逆転法」として挙げるのが「玉の輿」です。
============================================================================

と言っている。
こういうことをある程度(?)名のある方が書かれると、みんな何の抵抗もなく「ふ〜ん、そうなんだ」とばかりに、受け入れてしまうから恐ろしいものだ。
実際、世の中の風潮というのは、誰が最初に言い出したのかは知らないがこんなものなのだ。

おかしいと思うのは、「私はこのように白黒つけること自体、あまり好ましいことではないと思います。」と言いながら、文章の始めから「白黒をつけて物差しをする時代になってきました。」と決め付けての発言なのだ。ああ、これが精神医学を専門にしている方の言葉だというのだから実に嘆かわしい。
しかも、一発逆転法なども伝授しようとされているのだから・・・

そもそも勝ち負けで語る問題ではないはずだ。
統計的には確かに、「出会いのなさ」というのはあるだろうが、一生独身という人があってもいいではないか。それは統計的なことばかりでなく、その人が設定してきている問題だともいえるのだから。
すべてを善い悪い、勝ち負け、損得というような価値判断でレッテルを貼る時代は終わっているのだ。

独身=負け犬。そんな風に人を傷つけるのはもうやめにしようではないか。自分や人を貶めるのもやめようではないか。
既婚者は勝ちですか?離婚者は負けですか?死別者は負けですか?
そんなおかしな価値判断に惑わされずに、堂々と生きていけばいいのでは?

私の友人に所謂「バツイチ」という人がいる。
私は、「バツイチではなくマルイチだね。ひとつの過程を卒業できたのだからおめでとう」と言ってあげる。これは慰めでもなんでもない。事実なのだ。

独身であることは、まだまだ「独身」というテーマがあるのだし、独身でなければできないこともある。
その人の人生の中で、何をテーマにして生まれてきたのか?そこが問題なのだ。
たとえば、結婚することを設定してこなかった人は、どんなに足掻いても結婚というご縁はないかもしれないではないか。それを世間並みにとばかりに焦っても苦しいばかりだ。
ここはひとつ、じっくりと自分にとっての人生は、何をテーマとして持ってきたのか思い出してみよう。
大丈夫。人生に勝ち負けは決してないのだから。勝ちではなく「克ち」なのだ。
すべては己を克服すること、超えることがテーマであって、人に勝つことでは決してないのである。

それぞれの人生においての薔薇色にも、さまざまな色の薔薇色があるのである。
それを認め合おう。それを祝福しよう。競争社会はもう終わったよ。
みんなで仲良く、助け合って、分かち合って、支え合って、共存共栄の社会。もう始まっているよ。
そう思いませんか?*^-^*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「某メルマガのコラム 【 「負け犬」について 】から」について
「某メルマガのコラム 【 「負け犬」について 】から」について むむっ、これは私も黙っていられませんぞ。*^^* TVや雑誌などでもよく「負け犬」という言葉が目に付きました。 その都度、「それは違うよ〜!」と雑誌やTVに向かって一人でいるときもつびやいてます。  「自由気ままに」さんも書いてらっしゃるけれど、同じように、ひとそれぞれ目的があるのだから「負け犬」は違うと思います。  私も独身。 「まだ結婚してないの?」 「する気になったらね。」 「どうしてしないの?」 「やる... ...続きを見る
BRONZE〜音のある風景〜by Ch...
2005/03/01 01:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
某メルマガのコラム 【 「負け犬」について 】から 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる