心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人の話すことばがわからないときがあった」について

<<   作成日時 : 2005/03/13 23:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
人の話すことばがわからないときがあった」について
素晴らしいですね・・・
とても共感を覚えます。
きっとみんな誰もが心に闇の部分を持っているのでしょうね。今のところは・・・
で、ひどい状態が続くと神経の糸が切れて適応障害など引き起こすのだと思います。

確かに、今の精神医学の発展は昔の比ではないのかもしれません。
しかし、薬物投与によって症状を押さえる対症療法でしかない現代医学の大きな欠点は、人を物としか見ていない点にあると思います。
そのために、手に負えなくなると精神科の場合は閉じ込めたり、薬物によって押さえ込むことになり、さらに悪循環を繰り返しているのではないでしょうか。
それは、現代医学の闇の部分だと思います。

さて、これをどう乗り越えたらよいのでしょうか・・・
閉じ込めるのではなく、押さえ込むのではなく、開放・解放でなければ闇に光が射すことはないでしょうね。
では、誰が開放し解放するのでしょうか?
それは体験者であり、それを超えた者が道標になる以外にないのではないでしょうか。
そしてそれは体験者のみならず、誰もが否定されない社会を作ることだと思います。
否定しない、否定されない社会を作る以外に、解放はないと見るのが正しいように思います。
それを今この時から、あなたから、私から始めましょう。
誰もが苦しまないでいい社会を・・・
意識は現象化します。そのことを信頼してまず始めの一歩は自分からだと思います。

始めましょう!みんなが「まず自分から」と意識しましょう。それだけでも世の中は変わりますね。
みんなの意識で、誰もが否定されない住み心地の良い社会を!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わたしもだれもが否定されない社会をつくることを実践してゆきたいと思います。
泪のしずく
2005/03/14 03:13
すんばらしかとですぅ〜っ!ほんとですね。わだすも共感します。
だども、ほんとにこうやってブログさ書ぐってことは、ええごとだと思うなんし。
chiho
2005/03/14 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「人の話すことばがわからないときがあった」について 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる