心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS それぞれの旅立ちの日

<<   作成日時 : 2005/03/31 02:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
明日で職場を去るひとが4人」について
泪のしずくさん、お仕事お疲れ様でした。
泪のしずくさんを含めて4人の方が職場を後にし、新たな人生の船出をなさるのですね。
*定年退職で職場を去るひと
 長い間、お勤めお疲れ様でした。これからはご自分とご
 家族のために十分に楽しんでくださいね。

*家族の介護のため職場を去るひと
 介護は決して辛いものではなく、家族が家族の介護をす
 ることは普通のこと、当たり前のこととしてきっと受け止
 められていらっしゃると思いますが、そのお気持ちがあ
 ればどんなに大変なことでも、できると思います。
 どうぞ大切なご家族のために愛を注いで差し上げてくださいますように。

*新たに勉強をするため職場を去るひと
 これからの日本は、団塊の世代が高齢化し、益々介護を必要とする人が増加していくと思います。
 介護はどうあるべきか?質の高い福祉になるようにどうかがんばってくださいますように。

*新しい家族という職場を求めたわたしというひと
 泪のしずくさんの福祉に対する真心と熱意が、きっと新しい職場でも反映されると思います。
 「新しい家族」。とても響きのよい言葉ですね。
 そういうお気持ちで、臨まれる姿勢に人としての温かさを感じます。
 「介護侍として修行の道に出たわたし」。修行という気構え、覚悟がおありなら、多少の人間関係に
 ついても、へこたれるものではありませんね。*^-^*
 大丈夫、きっとうまく行きます。全ては順調な船出となりますよ。
 尤も、私などが保証しても何の保証にもなりませんが「全て順調」という太鼓判だけは押して差し
 上げられます。はい、「ペタン」とね。*^-^*

職場を去るに当たって、いろいろ去来するものがあるでしょうが、『もうわたしのこころのなかの送別会は終わっている』ということは、もう既に新たな人生に向かって気持ちの上では漕ぎ出していらっしゃるんですね。現象から見ればきっと「去る」ではなく「行く」なのでしょう。
どの方の旅立ちもそれぞれに素晴らしいものと思います。

本当に早いもので、あっという間に1年の4分の1が過ぎてしまいました。
年度末というのは、12月の年末とはまた違って、気持ちの上でも何かと変化がありますね。
風は、北風から春風へ、そして初夏のそよ風へと、人生においても追い風が吹き始めていますね。
今年は桜の開花が少し遅いようですが、きっとそれぞれの船出のお祝いに合わせようと、足踏みしていてくれるのでしょう。4月になったら桜前線も一気に北上することでしょうね。*^-^*


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございます。
今日は定年退職の人と最後の仕事をします。
わたしの尊敬する先輩であり溌剌とした女性です。
今日は感謝感謝の一日となりそうです。
泪のしずく
2005/03/31 05:03
今日は、送別会でお得意の喉をご披露でしょうか。*^-^*
希望
2005/03/31 16:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
それぞれの旅立ちの日 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる