心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと、こわ〜い話

<<   作成日時 : 2005/04/07 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

画像
桜が満開である。
空気が暖かい。ついこの間まで肌寒かったのが嘘のように、まるで初夏のようだ。

私は某大学病院の内科へ定期的に通院している。
今日は、予約外だったので、診察券を出してから2時間ばかりしてようやく名前を呼ばれた。
内科は、ほとんど問診で薬の処方で終わる。

私に処方されている薬のひとつについて、説明があった。
「もう報道なんかで知っていると思うけれど、この薬に問題があって死者が133(?)名出ているんですよね」
「はあ、そうなんですか。それは知りませんでした」
と、A4の紙にその薬の副作用などが書かれた説明書兼承諾書の提示があった。
それを見ながら、服用している患者数と死者の割合からすればこれぐらいは仕方がないがという。
「まあ、全員に合うわけではないですからね。副作用もありますよね」と私。
「あなたには、もう少し使いたいんだが、どうですか?いや、あなたの場合は何かあっても、直ぐに電話してくれれば、私が対処できますからね。いつでも電話してくださいよ」
「*^-^*  はい、薬飲むのも命懸けですね。あ、承諾のサインが必要なのですね?いいですよ、ここですね。はい」
とまあ、こんな会話であった。
私は笑いながら会話していたが、133名という数字の重みを感じていた。
確かに、何十万人もの患者が服用していての133名なのだから、その確率は低くて大したことではないのかもしれない。しかし、そのひとりになった場合の命の重みは?その人に対して仕方がないといえるのだろうか?

昨年、私は新薬による点滴療法を受けることになった。それは劇的に効くものであったが、そのあとに副作用が出て急遽取りやめになった。
数か月後、副作用を抑える抗アレルギー剤を前もって飲んでからすれば、何とかできるからと説得されて、再度点滴療法を受けることにした。ベッドのそばには酸素ボンベやら解毒剤などが用意されていた。血圧が急に下がることもあるということで看護師が30分おきに血圧を測りにくる。
呼び出しのブザーも手元に置かれて、何かあったら直ぐに呼ぶようにと先生。
「大丈夫ですよ」というと、「血圧が急激に下がったら、声が出なくなることもあるんだから」という。
「ああそれで酸素ボンベなんですね」
確かに、点滴を終えて最後に測ったときには血圧は下がっていた。そして微熱が出ていた。
自宅に帰って、それからが大変な毎日だった。体のあちこちにアレルギーが出て身体が膨れ上がった。表面上もきついが、内臓が腫れるとかなりきつい。けれど、私は病院に行かず、水を飲んだりして解毒に努めた。
2か月後の予約日、当然先生は続行を諦めた。少し深刻な顔をして。そして、抗アレルギー剤と、新たな副作用が出ないように、まだ病気になっていないにもかかわらず、罹っていない病気の薬まで出してくれた。
血圧は点滴をしているときは下がるのだが、そのあとは毎月測るごとにどんどん上がっていき、最高血圧が178までになっていった。
私は、黙ってもらってきたが、結局飲まなかった。

そして、今日の診察日であった。
血圧は152まで下がっていた。検査の結果は2〜3日後に出るが、多分大丈夫のはずだ。
医者の言うまま薬を飲んでいたら、私は生きてはいけない。
いつ逝ってもいいけれど、もう少しやることが残っているから、
先生ごめんね。今はちょっと付き合えないの。*^-^*
医者と縁を切るわけにはいかないが、言いなりになって薬漬けになるのは、御免被ります。*^-^*


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ちょっと、こわ〜い話」について
「ちょっと、こわ〜い話」について 今日はゆっくりとお風呂につかり、これを読みました。 関東に、BRONZEの過程を見つづけてくれ、応援してくれている「自由きままに」さんの生きる姿も知って欲しいと思い、トラックバックさせていただきました。  いつも関東ライブを欠かさず見に来てくれて、本当にありがとうございます。肉体的には本当に、言葉で表現できぬほどのものがあるかと思いますが、それを乗り越えながら、他へは全くそのかけらも見せない「自由きままに」さん、本当に姿での実証であります。  かとい... ...続きを見る
BRONZE〜音のある風景〜by Ch...
2005/04/09 01:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
うふ、びーらぶさんも私と同じ感覚なんですね。私もね、病院は元気な時に行く所だと思っています。体調の悪いときは家で休んでいるのが一番ですね。何故なら病院だから。*^-^*
あそこは当然いろんな患者さんがいて、みんな元気がないわけですよね。「気」(エネルギー)が弱っている人ばかりで、それに同調するともっと消耗するわけです。私は元気な時に行ってエネルギーを分けてあげたいと思っているんですね。先生も「あなたは明るいからもっている」なんていいますけれど、私を見てほっとするみたいですよ。沢山の患者を診て疲れますものね。変な話ですが本当の話です。*^-^*
希望
2005/04/11 08:59
こんにちは!自由気まま様お久しぶりです東京の桜もう散り始めている頃でしょうか。渋谷エッグマンライブでは、体調くずされたようですが、その後大丈夫かな〜〜思っておりました千帆ちゃんからの繋がりでBRONZEにとて自由気まま様は、なくてはならない、お人で御座いますお体だけは無理をせず大事に大切になさって下さい(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪
お医者様のお話出ていますが!私も病院に元!勤務しておりました(事務関係ですが)それぞれの病院で勿論違いがありますが、医師とゆう事で、なんとまあ〜こんなに偉いんでしょう(偉ぶる)!なんて自分勝手なんでしょう?と思う事毎日でした、勤務場所でしたら、医師の好き嫌いは解りますが、なかなか自己中が多すぎて一緒に仕事する側としては大変なもの…思い出あります、ですから他の病院に診察に行きますと色々ことが見えかくれしてスタッフの頑張りを、つい目で追ってしまい「お疲れさん」て声をかけたくなったりします( ´∇` ) もっと患者さんにしたわれる
医師が…スッタッフとうまくやれる医師がほしい日本ですね。
のっぴーです(・。・)
2005/04/11 14:35
のっぴーさん、こんにちは♪
ご心配おかけしてすみません。<(_ _)>
今日は雨で花冷えの一日ですが、桜はまだまだがんばって散らないでいてくれています。でも寒そうで可哀想ですね。

>(^人^) オ・ネ・ガ・イ♪

うふっ、爆笑しつつも、はいお願いされちゃいますね。*^-^*
私の担当医は、地位的には結構お偉い方なのですが、ざっくばらんな方で偉ぶらないところがいいですね。患者思いの優しい方だと思いますが、現代医学の限界でしょうか。何しろ内科医は薬の処方しかないのですものね。「何かあったら直ぐ言ってください」とは言ってくれるのですが、言ってもそれ以上の薬がないので無視されてしまうんですよ。*^-^*
効く薬がないとお手上げですから、気持ちも分かり気の毒ですね。*^-^*
私は、病人という意識がないのでお気楽モードですから、それだけは先生孝行だと思うのですけれどね。*^-^*

自由気ままに
2005/04/11 18:45
改めて、又ここに来ています、やはり私、千帆さんと同じニオイします!だとすれば大変な年数と時間と精神的にも体力的にも苦痛な想いなさってきてますよね!(最上谷さんのホウムページにコメント・前橋ドクターに手紙で〜)以前私が勤務していた頃そのような患者さんも沢山いましたから。週二回又病院に私足を運ぶことになりました、最上谷さんとお会いすることに〜。ですから情報もらえるかと。(手紙&コメントでは私の名前だしても問題有りませんですから…カキソエテオキマス)でわ又
   あ〜それから!このこめんと削除されて良いですから…いや、していただきましょうか。  宜しくです


のっぴーです(・。・)
2005/04/22 18:43
のっぴーさん、こんばんは♪
いろいろとお気遣いありがとうございます。
少し、勉強してみたいと思っています。いろいろとお世話になるかもしれませんが、お心遣いに感謝しています。<(_ _)>    
自由気ままに
2005/04/23 01:05
私もできること、協力するべ〜!迎えにいくべ、運転してけるがらな。い〜ちゃんとおいでね〜ぬわんちって。
chiho
2005/04/23 23:08
リターン押したらいっちゃいました。甘えてけれ〜*^0^*
あれ?
2005/04/23 23:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょっと、こわ〜い話 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる