心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS すべては借り物、仮の物

<<   作成日時 : 2005/06/04 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
「闘わずに、白旗を揚げちゃおう♪」について」について
chihoさん、トラックバックありがとうございます。
10代のときの部活の話やその後の話など、結構似ている所があって、お互いに、決して弱音を吐かない性分だったようですね。*^-^*
そして、典型的な自滅型(勿論、今は違いますけれどね)。楽な道と茨の道のどちらかを選ばなければならない分岐路に立つと、必ず、茨の道を選ぶタイプですね。しかも、それを「苦」とも思わず、当たり前のように選んでしまう。もし、仲間たちと役割分担があったとするなら、必ず仲間には楽な道を譲り、自分は茨の道を選んでしまうのも共通点かもしれません。それは、別に格好良く見せようと言うのではなく、性分なのですね。そういう設定をしているだけのことですが、その中での学びはかなり濃密な気がします。

病気は、確かに痛いし、苦しいし、辛いですよね。
でも、その病気を通して、肉体を通して、大きな大きな気づきを得たあなたに、心から「おめでとう!」と言いたいです。
よくやった!ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪ です。*^-^*

> そこで、私は自分が勘違いしていたことに気がつきました。

そうなんです!勘違いはよくあることなんですね。*^-^*
以心伝心というか、シンクロというか、ひとりの「気づき」は果てしなく伝播するものなのだと実感します。
つい先日も友人と話していたのですが、大いなる勘違いに気づくと本当に目から鱗が落ちるように視界が広がりますね。

> そう思った時に、「生かされている」と凄く実感として感じました。
> 肉体も、私のものであるけれど、それだけじゃない気がしたのです。
>「この肉体を、借してもらってる」みたいな・・・。
>変な奴、と思われるかもしれません(笑)

いいえ、変な奴ではなくて、全くその通りです。

>今回このように体を痛めなかったら
>私も「感じる」ことはできなかったのだと思います。

そうかもしれませんね。いずれ気づくとしても、まだまだずっと先だったかもしれません。だからこそ「病気よありがとう」なんですね。こんなに早く、それが言えるあなたは、素晴らしいです!*^-^*

私もね、いつも思うんですよ。
私にとって、何が私のものなのか?と。
この肉体も、魂のお洋服であって、私自身が作ったものではなく、両親の肉体から分けてもらったものです。
また、肉体を構成している細胞自身も、この世に生を受けた時の細胞ではなく、新陳代謝して生まれ変わっているんですね。全てがバトンタッチされて新しい細胞に受け継がれて、維持されているんです。
そして、肉体を維持するためのエネルギーとしての食糧(料)は、すべて私たちの血や肉に変わり、生かされています。米も野菜も肉や魚も、口に入れてしまえば、みんな形を変えて肉体の一部になっているんですね。けれど、その消化吸収は、私の意思で行われているのではなく、みな自動的に行われています。私たちの意思は口に入れ飲み込む所までです。あとの処理は、一体誰がやっているのでしょう?・・・
斯くして、米も野菜も肉(あまり食べない)や魚も、肉体の私と一体になるんですね。すべてが生かされています。

また、こうも思うんですよ。
今、住んでいる家は誰のもの?食器は?箪笥は?テレビや冷蔵庫などの電化製品は?パソコンは?衣類は?・・・生活空間にあるすべての道具は誰のもの?と。確かに所有者は私かもしれません。決して盗んできたのではなく、お金を出して買ってきたのですから。*^-^*
でも、それで私のものと言えるのだろうか?と。
いいえ。それらは肉体の私が生きていくために貸し与えられているものであって、真実私のものではないと。それらはこの世における道具であって、借り物なのだと実感します。

そう思うと、私のものなど何一つないんですね。本当に借りているんです。
肉体を脱いでこの世を去るときに、持って行ける物だけが私のものなんですね。一体何があるでしょうか?周りを見渡してみても、持っていける物など、何一つとしてないんですね。この肉体でさえ、置いていくんですから・・・

私は、賃金を稼ぐような仕事は一切していません。にもかかわらず、今までどおりの生活を、何一つ不自由なく維持できていることは、奇跡としか言いようがありません。かと言って、一生困らないだけの貯蓄があるわけではなく、それでも一切の不安もなく、平安に暮らせている。本当に有り難いことです。本当に、すべては循環しているとしか思えないです。どう考えてみても、私が自分の力で生きているというのはあり得ません。生かされているとしか思えないです。
「遊ばせてくれている」。これが実感です。
だから、いのちは決して粗末には出来ませんね。
そのときが来るまでに、また、いつ訪れてもいいように、やるべきことをやり切っておきたいですね。
それは、年齢に一切関係ないですね。若くして逝く人もいるのですから。*^-^*

>「あらら、痛いってことは、無理かけちゃった、ごめんね^^」って本当にいえますね。

*^-^*  気が楽になって、気が軽くなりますでしょ? これからが楽しみです。
あ、でも、くれぐれもお身体は大切にね。なんといっても生身ですからね。love love です♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「すべては借り物、仮の物」について
「すべては借り物、仮の物」について 自由きままにさん、トラックバックありがとうございます^^ 実は今日仕事しながらも、まとまってないな〜、書き直さなきゃいけないかな〜なんて時々思っていました(笑)トラックバックしていただきましたので、まとまりましたね^^  「自滅型」本当にそうでしたね笑、しかも「嘆き」や「苦」なんてあったのだろうか?という感じではなかったですか?とんでもないハードワークやってるんですが、本人は「ケロッ」として何とも思ってなかったり・・・(笑)だから、あれれ?体が変だ... ...続きを見る
BRONZE〜音のある風景〜by Ch...
2005/06/04 20:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログ初挑戦です、よろしくお願いします。
(注:代理chiho)笑
一言のあいさつで失礼いたします(笑)
風ののり三郎
2005/06/06 03:36
風ののり三郎さん、おはようございます♪
ブログ開設花束♪(⌒ー⌒)o∠★:゚*' おめでとうございます♪
chihoさん、お手伝いお疲れ様でした。ゆっくり休んでね。

のり三郎さん、これからゆっくりやったらいいですね。ブログは、公開して気に入らなかったり、誤字が見つかったりしたら、いつでも再編集できるんですから、何も怖がらず遊び感覚で楽しんでくださいね。
ブログ仲間が増えてとても嬉しいです♪

「風」は私も大好きです。*^-^*
「小高い丘の上から」、風が吹き降りてくるんですね。時に激しく?、時にやさしく、爽やかに。
今朝の東京は、やさしく頬を撫でるように、とっても爽やかで気持ちいいですよ。 *^-^*
これからは風を感じる時、のり三郎さんがそこにいることを感じるでしょうね。いつも一緒です。*^-^*
自由気ままに
2005/06/06 08:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
すべては借り物、仮の物 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる