心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「「の」組 「ね」組」について

<<   作成日時 : 2007/03/01 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

「の」組 「ね」組」について
とおこさん、素敵な夢をご覧になられたのですね。

>在るがままに生きていけばいい。
>そう思ってきたがそろそろこの体験を卒業して喜びに生きたかった。


そうなんですよね・・・
「あるがまま」にもやはり意味があって、どう捉えるかで微妙な違いがあるように感じます。
その微妙なところというのは、とおこさんの気づきのように「神から分離している」ということなのだと思います。

今まで(20世紀後半〜今に至るまで)「あるがままでいいのよ」と精神世界では言われ続けてきました。
「あるがまま」を受け容れるということは、今も基本にあるのは確かです。
私も、ひとに「あるがままでいいのよ」と今まで語ってきました。

しかし、「あるがまま」でいいのは一体いつまでなのだろうか?と心の奥底で呟く声が聞えてきます。そのことを語らずに本当に「あるがままでいい」と言うことはいいの?と・・・

それには何故あるがままでいいのかはっきり自覚しているのかどうかがポイントだと思います。
こういうことは、今まで語られてこなかったですし、あるがままを受け容れることで今の自分を否定せずに済むわけですから、ある意味で解放につながっていったのも事実ですね。
私自身は心の奥底で「とりあえず」「当面は」という含みのある言葉として「あるがまま」を捉えていたように思います。

物事には順番があって、「あるがまま」が語られる前は、否定的な物の見方が主流だったのですね。
例えば、今何か問題を抱えているという場合、問題を生じることそのものが悪いことのように解釈し人生そのものを否定してしまうということがありました。つまり現状否定、自己否定です。
優劣、善悪に代表されるような分離意識の世界での価値判断によるものでした。

しかし、自己否定からの出発では何も生まれず、起きている問題そのものの必然性も理解し難く、人生の意味も、楽しみ方も分からないままです。
そこで一歩進んで(進化して)分離から統合の時代へ入ってくると、「あるがまま」が唱えられるようになったのだと思います。

今あるのはすべて必然。善い悪いではなく因果であって、因・縁・果・報の現われなのだから、否定できるものはなく、すべて受け容れるべきものとしてあるという意味での「あるがまま」。
更には、自分の人生というのは自分で選んでいるということ。自分が書いたシナリオ通りに現象を引き寄せ体験学習しているということ。
だから、あるがままを受け容れるしかない。
ということは、早く課題をクリアして卒業することが前提にあるということです。

そのことを忘れていると、いつまでも「あるがまま」で、何故その現象が起きているのかに気づかない。すべてが気づきのためにあり、気づきは知識を智慧に変え目覚めへと導く。
そういうことが、今までのエネルギーの中で行われていたように思います。

けれどこのあるがままを卒業するには、自分だけでは起こり得ないことは誰もが経験済みなのです。
そう、自分だけでは・・・

神とつながる。
神と分離していては、本来の喜びに生きることはできない・・・
気づいているか否かはべつとしても、喜びの中にいるときは上と繋がっているように思います。

神というと、即宗教と直結して無神論者といわれる人たちは否定してしまうのでしょうが、それは偏見であり、思い込みであり、勘違いだと思います。

私たちは、自分の力で生きているのではなく、生かされている存在だということを根本におかなければ何も分かっていないことになります。
生かされているということが分かれば、生かしてくれているものと繋がらない限り、真の喜びは湧いてはこないのだということにも気づくと思います。
繋がることは「あるがまま」を卒業することなのですね。無条件、理屈抜きにです。

とおこさん、私も「神との分離」を解き、ひとつにつながって本来の姿に戻っていきたいと思っていますよ。*^-^*

・・・・・・ああ、こんな文章でどこまで伝えられているでしょうか・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
氣楽様 こんにちは 氣楽様の解説のとおりだと思います。

本当に不思議な夢でした。わたしは「の」の巻きと「ね」
の巻きになにが書いてあるかも覚えていなかったので 起きてすぐに読みました。夢で指摘されたことに唖然としました。
あれから少したって今試すようにわたしの周りにいろいろなことが起こります。
問題が起きないと自分の持つ怖れや執着が見えないわたしはその体験を引き寄せているみたいです。今までの自己の保身のための指針の全てを捨て脱皮して神に全てを委ねながら生きれるか?。。。。。。。まだできません。
わたしは今『宇宙心』という本を読んでいます。神について 悟りについて。
つかめそうでつかめない。
追いかけて 追いかけてをしています。

とおこ
2007/03/02 17:39
とおこさん、こんばんは♪

さすが、神さまとつながっていますね。*^-^*
誰もがまだ学びの世界に住んでいるのですから、残っている課題をクリアするために宿題もいただきますね。

宿題を解いていく楽しみを思いっきり味わいましょうね。*^-^*
「の」の巻と「ね」の巻は、身近に感じられて何度も拝聴しています。

最新の「み」の巻
http://blogs.yahoo.co.jp/hihumikamihito/45174181.html
こちらも本当にグッドタイミングですね。*^-^*

>つかめそうでつかめない
案外放したら手のひらに乗っているかもしれませんね?*^-^*
氣楽
2007/03/02 23:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「「の」組 「ね」組」について 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる