心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS BL【Body Lightening(ボディ ライトニング)】体験記@

<<   作成日時 : 2007/04/07 13:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 1

画像
はじめに経緯から記しておこうと思う。
BL【Body Lightening(ボディ ライトニング)】。多くの方にとって聞き慣れない言葉だと思うが、私がはじめて知ったのは、今年の1月半ばであった。ネットで知り合った友人から

>よかったらここに行って読んでみてください。
>
>今年の目標のヒントになるかもしれません。

と教えていただいたからである。
そのことは、先日
http://ckm35289.at.webry.info/200703/article_8.html で少し触れたが、当時もいろいろとシンクロ現象が起きていて、今最も自分にとって(あるいは、どなたにとっても)必要なことは、「記憶を消す」がキーワードだと確信していた。

実は、そのことについては過去の清算ということで、以前から意識にあった。
それをどこかに書いたのだが見つからず(HPかブログか或いは他で)、確認のためある方のDVDを観たりしていた。
その日、夜明け前のまどろみの中で「過去の記憶を消す⇒ホームページ閉鎖」が出てきていた。
ホームページは、いつ閉じるか時期を計っていたが、その時期がようやく訪れたようだった。
即、目が覚めた段階でホームページを閉じる決意をしたが、紹介されたサイトは背中を押してくれる役割を果たしてくれたように思った。
このことは、ブログにも「記憶を消していく」というタイトルで記しておいた。
http://ckm35289.at.webry.info/200701/article_7.html

紹介されたサイトで先ず目にしたのは、下記の記事であった。

★小出しのヒーリング教室 その22 「慢性病を信じる落とし穴」

これからは、人の「霊化」が進んでいきます。そういう時期なのです。2160年ごとの周期と言えば、良いでしょうか。その為に、病気にしても、薬などの肉体に直接働きかけようとする物質的な療法は効きにくくなっていきます。また、従来の「気巧」的な療法も以前ほど効果を上げなくなっていきます。理由は、人の「霊化」は、「意識の自立」と密接に関係しており、他人の影響(他人の気)をできるかぎり、避けようとするからです。受けた当初は効いても、時間が経つと薄れていくのはそのせいです。

Body Lighteningは、「霊化」の道を共に進む、人類初の療法です(言い切っちゃっていますが)。「自分の気」で自分自身を癒していくのですから、後になればなるほど効いてきます。それは、まるで「自覚すること」のようです。

しかし、この「霊化」の時代にこそ、「いいかげんな情報」に用心しなければなりません。「人が見えないことをいいことに、いい加減な話」をする人(みなさん、気をつけましょうね)も増えているように思うのです(テレビを頭から信じないようにね。ドラマ的な演出に感激するのは勝手ですが)。

病気にしても、食べ物の事にしても、本当の答えを探すのはとても困難です。
たとえば、「食べなきゃ元気にならない」とは誰もが聞く言葉ですが、では、どうして「断食」をすると、食べていた時よりも健康になって、活力も出てくるのか? 今の西洋医学や栄養学では答えられない矛盾なのです。

あくまでも「Body Lightening」 の考え方ですが、「慢性病」というのは、おかしいのです。よく、「私の胃痛は慢性です」とか、「慢性鼻炎なので」、と言う人がいますが、「ずっと治らない」事って、とても不自然なことなのです。


たとえば、子どもの頃に出来た、「火傷の跡」があります。大きくなっても、薄くはなっても、残ったまま。それって、本当はおかしいのですよ。なぜって、皮膚の細胞は、簡単に再生するからです。ケガをしても、傷口が盛り上がって、やがて元通りになっていきます。そのことは誰もが知っている事実です。
では、何故、火傷の跡は消えないのか? 火傷した皮膚は、「死んだ皮膚」のはずですよね。とすれば、大人になっても死んだまま、ということになるではありませんか。でも、ちゃんと皮膚呼吸もしているし、汗もかく。とすれば、「生きて」いるのです。なのに、元通りに再生しない。
それは、皮膚を包んでいるオーラ(正確には、皮膚を形成している鋳型)に、「火傷の記憶」が刻印されたままになっているからです。ちょうど、白い紙に黒点を付けて、それを何枚もコピーしても、どの紙にも同じ黒点が写るように。
ならば、その「火傷の記憶」を消せば良いのです。「記憶」が無くなれば、皮膚は普通に再生されていきます。
でも、どうやって? 現代医学では、皮膚の移植やレーザーで切除するしか方法がありません。でも、Body Lightening の考え方で言うと、「皮膚のオーラに刻印された火傷の磁気記憶」を消せば良いのです。どうやって? それは、施術の秘密ですが。

同様に、「慢性」という症状も、一種の「記憶」のようなものです。自然治癒力とは、「正しい状態に戻っていく力」の事を言うのです。そこには、「いつまでも治らない、慢性」という概念は当てはまりません。今まで、当然のように、また、仕方がないと思っていた「慢性ですから」は、間違った、不自然な考えであったことを、まず自覚することから始めていただきたいと思います。
曰く、喘息は治らない、リウマチは治らない、アトピーは治らない、花粉症は治らない、それは、「おかしいのだ!」と。そして、治った人が居たら、「その人は特別な人」と思う癖、すべての人間は、同等な能力を秘めています。「自分にはない」と思わされてきた、その「フィールド」が一番の問題なのだと思います。

ただし、人は、すべて同じではありません。生きてきた歴史、食べてきたもの、選んできた生き方、皆、違います。従って、喘息等、同じ症状ではあっても、治癒していく速度も、きっかけも、プロセス(課程)も、皆、違っていて当たり前なのです。その事は、理解してください。でも、どんな人も、病気になったのなら、治ることも当たり前のように可能なのです。


これを読んで、私は直ぐに納得した。
自立をテーマにしてきた私は、何かに「依存」すること(されること)を何よりも避けたかったし、それ故に医者から出される薬にしても常習性を恐れた。
何よりも、自然治癒力、自己免疫力を高め健康回復に努めたかった。けれど処方される薬は免疫抑制剤だったりもした。病気の原因が自己免疫の誤作動で自分を攻撃するのだから、それを抑制するためというのは、理屈上では理解するところだがそれでは根本的治療にはならず、薬への依存性は益々高まっていくことになる。
それでも薬効は期待できず、ステロイド服用に移行していった・・・これでは益々自立は遠のいてしまう・・・
画像
それが嫌だったので、薬を絶つことに一度失敗して止む無く服用していた薬を再度絶つべく、一大決心をして昨秋から再チャレンジしていた私だった。
薬は、活火山に蓋をしているようなもので、その蓋を外すわけだから押さえていたマグマが一気に噴出し、それはそれは大変な状況になる・・・溶岩がドロドロと山肌を焦がしていくのと同じだ・・・
それでも、浄化浄化と思い、溶岩が全部出切るのを耐えてきた。体に現われたダメージも大きかったが甘んじるしかない・・・・

浄化には
 ミネラルウォーター1日2リットル目標(なかなか飲めないときもある)
 天然塩(加熱処理していないもの)
 菜食(ヴィーガン、ローフードなど)
を取り入れた。
勿論、心のお掃除は言うまでもない。

まあ、そういう状況の中でも素晴らしい出会いというのはあって、浄化は進んでいった。
そうした中で、BL【Body Lightening(ボディ ライトニング)】にも出合ったのだ。

さあ、あとは受けるか受けないか決めればよいことだったが、いろいろ予定があったりしてしばらく先送りにした。その間にもサイトに行っては「小出しのヒーリング教室」を読ませていただき、BLとは何かを学ばせていただいた。(つづく)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
BL【Body Lightening(ボディ ライトニング)】体験記A
BL【Body Lightening(ボディ ライトニング)】体験記@にある ...続きを見る
自由気ままに
2007/04/08 21:59
夢の中で・・・
3月9日施術2回目。 前回に引き続きリラックスできて心地よいひと時であった。 ...続きを見る
自由気ままに
2007/04/13 01:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに古い記事を読んで下さりありがとうございます。
私も当時を懐かしく思い出しながら読み返しました。
これも、気持玉をくださったおかげです。<(_ _)>

リンク先の修正ができておらず過去のブログのままで読みづらいかと思いますが、お赦しくださいませ。
氣楽
2014/08/25 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BL【Body Lightening(ボディ ライトニング)】体験記@ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる