心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS CopyRight(C)

<<   作成日時 : 2007/04/22 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

ネット社会において、不思議に思っていたことのひとつに「CopyRight(C)****All Rights Reserved」の決まり文句があった。今や誰でもが簡単に開設できるホームページやメールマガジン、ブログ等。一体その中のどれだけが「著作権」を必要とするのか?と。

斯くいう私もホームページを開設していたころは、ホームページの性質上ひとり歩きされては困るのと、あくまでも個人の体験に基づいた情報発信だったので、トップページの一番下に小さく「このサイトに掲載されている文章の著作権は開設者にあります。無断引用・転載を禁じます。」と入れた。その頃、何も知らない全くの初心者だった私は「CopyRight(C)****All Rights Reserved」と入れるのが常識というか習わしと聞かされていた。
「ふーん、そんなものか」と思ったものの、横文字に堅苦しさを感じて日本語にしたが、正しく伝えてくれるなら、引用も転載も構わないと思っていた。
但し、「文責」については各自がしっかり持つことは当然のこととして捉えていた。

しかし、著作権を主張しすぎると「窮屈な社会」になっていくこと、それは時代に逆行していくことになるのではないかと常々思っていた。
私のこのブログに書いているものは、すべてオリジナルであるが(引用・転載はあるにせよ)、自分の体験から気づいたことなども、シンクロ現象などいくらでもあって、自分だけのものなどあるわけがないと思う。
現に、外側の情報を全く知らず、私の内側から出てきたものでも同じようなことを本に発表されている方がいらしたり、「○○さんも言っている」ということはいくらでもあった。
私たちは「百匹目の猿」現象を目指しているのだから、それは当然のことであって、誰が初めに言ったかなど何の意味も持たないし、著作権などはお金社会が生み出したもので、本来は必要のないことなのだと思う。すべては共有財産。
まあ、それを生業にしている方はとりあえず別にしてもである。


ところで、そんな私の思いを見事に実行に移してくれた素晴らしい友がいた。
勿論、そんな話は今までに一度もしたことがない。まさにシンクロとしかいいようがない。
その人は、とっても素敵なメールマガジン「シンクロの種★なないろの風」を毎朝発行しているいのうえはるこさん。
他分野において多くの知識・情報を持ち、実践も伴ってとても躍動的である友を私は尊敬している。

3日前のメルマガのあとがきに

   今日、この下にあるお決まりの文章の、ある部分を直しました(^^)

   文法的にはちょっと変、、かもしれません(^^;)
  

   最初にこのメルマガを始めたときと今では、

   少し気持ちが変わってきているのでした。


   ・・・・なんのことだかわかりませんね、これでは(^^;)

  (つづく)

とあったが、「ええっ!!どこのこと?!」と分からなかった。翌日、


   (昨日の続きです)

  お決まりの文章とは、これでした。
    ↓
  CopyRight(C) 2006-2007, Haruko Inoue, All Rights Reserved.

  これを、変えました(英文としては、おかしいかも)
    ↓
  Free 2006-, Haruko Inoue, All Rights Released.


  CopyRight(C)というのは、著作権のことです。

  無料のメールマガジンとはいえ、
  文を書いた責任もあるし、まあ自分が書いているわけだから、、と
  つけていました。

  しかし、このCopyRightの文章は、
  「全ての権利は、わたしにある」という意味です。

  メルマガを書き始めた当初は、それに違和感はなかったのですが、
  最近は、この言葉を書いているのが、恥ずかしくなってきてしまい
  ました(^^;)

  というのも、このメルマガのどこを見ても、

    「自ら生み出したものが一つもない! ガーーーン!」

  と思ったからです(^^;)


  暦は、ホゼ博士の研究結果ですし、
  さらに突き詰めれば、
  暦の、その絶妙なリズムを作っているのは、個人ではなく、この世界
  全体を包む偉大な何か、、です。

  シンクロ話は、
  読者の皆さまや周囲の方々に教えていただいたことばかりであり、
  それが自分のところに届けられたのは、それこそシンクロ、
  何かが、そこへわたしの顔を向けてくれた、のです。


  わたしたち人間は、何一つ生み出すことなんてできません。

  「遺伝子オンで生きる」の著者、村上和雄先生は、
  「わたしたちは、大腸菌一つ作れない」とおっしゃっておられます。

  生み出すどころか、
  反対に、与えられっぱなし、、、かもしれません。


  ・・・というわけで、

  小さなメルマガに書いてある、小さなCopyRight(C)ではありましたが、
  それを放棄しようと思います。

  あ、しかし、文責は放棄しません(^^)
  (それは学びなので)


  内容を転用したい、とメールでご連絡くださる方が時々いらっしゃり、
  本当にうれしい限りです(*^_^*)

  「え〜〜、こんなん使ってくれるの〜〜!?」という感じですが、
  ありがとうございます<(_ _)>

  どうぞ断りなく、また、ご遠慮なく、ご自由にお使いください<(_ _)>

  ただ、その下の英文にありますように、

  13の月の暦に関する内容はホゼ博士、そして、キンのキーワードは
  柳瀬宏秀氏の著作でありますので、
  ご配慮をおねがいいたします。 <(_ _)>

  ・・・

  ちょこっとのことですが、大げさでしたね(^^;)

  でも、、一事が万事、、でもあります。

  一つずつ、少しずつ、「わたしの」を手放していきたいな (^^)

☆★☆ 今日もあなたに、
    たくさんの幸せシンクロの種が届きますように ☆★☆

おお、なんて素敵なんでしょうか!!
私は「うん、うん、そうなのよねえ」ととても嬉しくて感激した。ハルさーん、うれしいよー♪(^O^)vと。

そして、今朝、


   (昨日のつづきです)

  CopyRight(C)  を Free にして、
  一つずつ、少しずつ、「わたしの」を手放していきたい (^^)

  と、昨日書きました。

  わたしが手に入れたもの、わたしが作ったもの、わたしだけのもの、・・

  そういう思いを手放す、、ということは、
  別の見方をすると、

    「わたしを広げる」

  ということでもありますね(^^)

  「わたし」という認識している自分を、もっと広げてしまって、
  たとえば家族全体を一つの「わたし」と思えれば、
  家族内で、
  「わたしのもの」「いや、これはわたしのもの」、という取り合いは
  なくなります(^^)

  テレビドラマによくある、ドロドロの遺産相続劇は、
  家族のお互いを自分とは別のものと認識しているから、
  兄弟を「わたし」だと認識できないから、、おきるのかもしれません。

  家族を「わたし」と認識できたら、

  次は、友だちを「わたし」と認識し、
  近所の人たちを「わたし」と認識し、・・・・

  そうやって、「わたし」を広くしていくことが、同時に
  小さいわたし、を手放すことになるのかもしれません。


  あ、、、、

  これを「インラケチ」というのか〜〜〜 (^.^)

☆★☆ 今日もあなたに、
    たくさんの幸せシンクロの種が届きますように ☆★☆

と。
素晴らしい!!
ほんとうにそうよね。*^-^*
こうやって、意識を広げていくと純粋に「オリジナル」なものって一体どこにあるのだろう?って思う。
この世の中で、「私のもの」など何一つないんですものね。強いて言うならば「体験」だけが自分のものと言えるかもしれない。しかし、それとて厳密に言えば共有財産なのだろうから「私」を主張できるものはないのでしょうね。*^-^*

ハルさーん、素晴らしい発想と実行
「Free 2006-, Haruko Inoue, All Rights Released.」
ありがとう!!
これは、すべてに言えますね♪*^-^*
インラケチ!!(私はあなたであなたは私)



いのうえはるこさんのメルマガ「「シンクロの種★なないろの風」はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000190749/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ!
思いに共感してくださって、本当にうれしい!
ありがとうございます。
メルマガのご紹介までしていただき、感謝感激です。
これからもたくさん学びあっていきたいです。
インラケチ!
ハル
2007/04/30 08:00
ハルさん、
(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O^*)ワーー!

はーい、シンクロしていましたよ。
私も、いつか著作権について書きたいなって思っていたので、もうにっこりでした。*^-^*

ハルさん、波動がどんどん柔らかくなっていますね。とっても気持ちの良い波動でうれしくなります!!
いつもいつもありがとうね♪(^O^)v
氣楽
2007/04/30 14:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CopyRight(C)  心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる