心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 形になった想いをどう受け止める?

<<   作成日時 : 2007/05/27 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
求不得苦ならぬ不求得喜」について
人の想いが形となって、その形になったものに対して感動や感謝の想いが湧いて、更なる形が現われていく。すべては人の想念の現れである。では、人の想いである形をどう受け止めたらよいのだろうか?

例えば今回の場合、CD制作に当たってほんの少しお手伝いをさせていただこうという想いが寄付という形になった。また、私の想いに共鳴した方々の想いが更なる寄付につながった。
誰も、何も、見返りなど求めてもいないし、期待もしていない。それは真実である。

それに対し、寄付を受けた側も全く予想もしない展開に驚きながらも、支援者の真心を受け止め悦んで下さった。そして、文章にもあるように、

そのように多くの方が動いてくださっていることに驚きました。
感謝の気持ちをどのようにお伝えしたらよいのでしょう。
どうぞ、皆様に御礼と感謝の気持ちをお伝えいただけますでしょうか?

今回のCDは、多くの方とともに作り上げていくという素晴らしい喜びを頂きました。
皆様の温かい想いが込められた、愛溢れる作品となることと確信しております。


と、なんとか感謝の気持ちを現わしたいと思われた。その結果として

ご支援頂いた金額分のCDを送らせて頂きたいと思っております。

となった。
これを受け、寄付させていただいた側も予想外の展開に驚き悦んだ。有(在)り難いことと感謝した。

ところで、このように予想外の展開、とりわけ寄付に対する感謝とお礼という想いが形となって返ってくることについて、どのように受け止めたらよいだろうか?

当然、寄付させていただいた側は、ただ寄付しただけでそれが役立ててもらえればそれだけで嬉しいし、素晴らしいCDの完成だけを楽しみにしている。それ以上に何かを期待するということは一切ない。
だからと言って、上記厚意を「そんなつもりはありませんから送ってくれなくて結構です」と無碍に断って果たしてよいものだろうか?

私が「求不得苦ならぬ不求得喜」として

>結果はすべて神様にお任せ。これは、何にでも言えることで今回も同様です。
>結果は求めずとも喜びとなって返ってくるのですね。
>求めても得られないから苦しいのであって、求めないのに思いがけず得られたときの喜びは一入です。
>結果は神様からの贈り物なのでしょうね。*^-^*


としたのは、何も形となって返ってくるCDを指して「不求得喜(求めずとも得られる喜び)」と言ったのではない。しかしながら、形となったものには想いが込められているのも事実である。だから、結果は神様からの贈り物と素直に受け止めた。形が形を生むのではなく、想いが想いを生み出した結果の形だからこそ、その形も大事にしなければと思った。

想い(真心)が根底にあるからこそ、形となったCDは今後多くの人々や施設や学校等にも渡っていき、本来の目的(多くの人に聴いていただきたい、聴かせてあげたい)を達成することができる。だから、お返しとして送られてくる予定のCDに対しては、その目的を達成すべくご縁ある方にプレゼントするなりして広くお伝えすればよいのではないだろうか。
こうやって神様からいくらでも新たなお役をいただくということが、真の神様からの贈り物なのだと思う。素直にその心、想いを受け取れば。


と、今回のことを通じて友人らと語り合い、確認しあったことでもある。
想いを形にすることも大事だが、形から相手の想いを汲み取ることも大事なことなのね。そして想いから想いへと想いを生かしていくこともとても大事なこと。素直さと謙虚さが自分の傲慢さをお掃除してくれる唯一の方法のようだ。すべてに感謝あるのみである。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
形になった想いをどう受け止める? 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる