心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 猛暑・渇水

<<   作成日時 : 2007/06/12 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

昨日は、どこのテレビニュースでも「ラニーニャ現象」に触れていた。既に旱魃・渇水については【「ゆで蛙」に危機迫る!】に掲載したが、ネットニュースでは、

梅雨短く、夏は猛暑・渇水…気象庁がラニーニャ観測 (読売新聞)

 気象庁は11日、ペルー沖の太平洋でラニーニャ現象が発生しているとみられる、と発表した。

 海面水温の低下が続く現象で、これが起きた年の日本は、梅雨明けが早くなるうえ、夏場には気温が高めで少雨となる傾向がある。

 このため同庁は、この夏の猛暑と渇水への注意を呼びかけている。

 ラニーニャ現象は、太平洋の中央部より東側の赤道付近で、海面水温が平年より0・5度以上低くなる現象。同じ海域の海面水温が上がるエルニーニョ現象と同様、世界規模で異常気象の原因となることで知られ、1949年以降では今回で13回目の観測となる。

 ラニーニャ現象が発生すると、太平洋の西側では逆に水温が高くなって水蒸気の発生が活発になるため、日本付近では夏場に太平洋高気圧の勢力が一層強まる。それに伴い、晴天が続いて雨が少なく、猛暑になることが多い。特に今年は3〜5月の降水量が少なかったため、夏場は渇水の恐れがあるという。[ 2007年6月11日22時58分 ]


<ラニーニャ現象>東太平洋赤道域で発生 日本の夏は猛暑か (毎日新聞)
 気象庁は11日、赤道付近の海面水温が平年基準と比べて0.5度以上低くなる「ラニーニャ現象」が、5月から発生しているとみられると発表した。同庁は同現象により今年の夏は平年より暑くなる可能性が高いとしている。

 ラニーニャ現象は、太平洋上の赤道域で日付変更線付近から南米・ペルー沿岸にかけての広い海域で起きている。5月の海面水温は、1977〜2006年までの平均水温を示す基準値より0.7度低く、10月ごろまで1度から1.5度低い状態で推移すると見込まれる。

 過去の統計では、ラニーニャ現象が夏に発生すると、日本の気温が平年より高温になる確率が8割以上という。この傾向からすれば、今年は同現象の影響で日本の南海岸にある太平洋高気圧が勢力を広げ、梅雨明けが早く、夏は暑くなる可能性が高い。

 前回のラニーニャ現象は05年秋から06年春にかけて起きた。同じ海域の海面水温が逆に0.5度以上高くなるのがエルニーニョ現象。【鈴木梢】
[毎日新聞6月11日] [ 2007年6月11日19時41分 ]


ラニーニャ発生、夏は暑い傾向=降水量は多めか−秋まで続く可能性・気象庁 (時事通信)
 気象庁は11日、太平洋赤道域の海面水温が中部から東部にかけて低くなる「ラニーニャ現象」が5月から発生しているとみられると発表した。10月ごろまで続く可能性が高い。同現象が発生した夏は太平洋高気圧が強くなり、東・西日本で気温が平年並みか高く、東・西日本の太平洋側と南西諸島で降水量が平年並みか多くなるという。

 九州南部以外の本州では梅雨入りが遅れているが、これは「太平洋高気圧が不活発な時期に当たり、梅雨前線の押し上げが弱い」(高橋俊二予報官)ためで、今後は同前線が順調に北上する見込み。ラニーニャ現象の際は、梅雨期に降水量が多く、梅雨明けは早い傾向がある。

 ただし、気象庁は同日、「西日本の少雨に関する全般気象情報」も発表しており、西日本では当面、水や農作物の管理に注意する必要がある。 [時事通信社][ 2007年6月11日16時23分 ]

等々でも詳しく紹介されている。

>このため同庁は、この夏の猛暑と渇水への注意を呼びかけている。(読売新聞記事)

とあるが、さて、どのように注意したらよいのだろうか?いたずらに「大変だ、大変だ」と騒いでも何にもならない。
因みに「天の日月の神 『ゆ』の巻」では、


・・・・・・・・・・前文省略・・・・・・・・・・・・・・・・・

人民よ、早よう目覚めよ。いよいよ大変わり致すぞ。
苦しむなよ。喜び御変わりなされよ。神、御頼み申すのぞ。
体、大事になされ。己のもので無いぞ。友、作れ。人も獣虫けら草木各々御魂あるのじゃ。
大事な御用持ちて生まれておるのじゃ。人民、もう殺すでないぞ。壊すでないぞ。
草木無くなれば、みな死ぬぞ。獣無くなれば、淋しくなるぞ。目に見えん虫、判らん病はやるぞ。
食べものいよいよ無くなるぞ。100日雨降るぞ。100日日照となるぞ。
100日喰うや飲まずとならんよういたされよ。
いよいよそなたら因縁だけのことせねばならん時となりたぞ。
反省させてもらえる時頂けたのじゃ。うれしたのしじゃな。
誠学ばせて頂ける時頂けたのじゃ。金要らん世となるのじゃ。
どうじゃ。これで判りたかのう。
神とは、因縁学ばせるうれしたのしこわいこわい命育む御仕組みぞ。
霊人、いつまでも神じゃと申して好き勝手致されるなよ。ややこしいこと、もう要らんぞ。
そなたらもそれだけの因縁解消致さねば苦しむぞ。そなたらの世界も変わりておろうに。
元々無い世界、元に戻すのじゃ。要らん念でもの生みなさるなよ。あとの掃除大変でありますぞ。
厳しく映るお方、それだけ御魂曇りて居るのじゃ。
この神示、まがものと申し好き放題申すお方、それぞれ己の因果に苦しみ掃除洗濯させて頂けますぞ。
吐き出せよ。己の汚れ吐き出せよ。何処までも己綺麗になるまで改心なされ。
気が済んだら、笑えよ。感謝して頭下げて参れ。いつでも待ちて居るぞ。
魔物となりて居る人民、みなみな何処までもこの神苦しめるぞ。とことんまで苦しめて改心させるぞ。
これがこの方の愛じゃ。何処までも苦しめて泣かせ笑わせますぞ。
いつまでも古いしきたり要らんぞ。何もかも只で暮らせるぞ。うれしたのしと暮らせるぞ。
誠の日月の民となりて、地、喜び暮らす神人となるぞ。
これ、ひふみ誠のはじめ。いよいよじゃな。
いよいよじゃな。はじまりはじまり。笑い御暮らし下されよ。

天の日月の神、いよいよ終り近づくぞ。

縁ある者、笑い集いお暮らしくだされ。助けおうて、田畑耕せ。天地に生きてくだされよ。

2007年6月6日 天の日月の神 艮金神 うるうしのはじまり


とある。
何が起きても、人間の集合意識が作り出した結果としてあるのだから、それぞれ因縁解消致し、掃除をすることが最優先課題である。
そして、
「100日喰うや飲まずとならんよういたされよ。」とあるように、そのときが来て大騒ぎすることのないよう「備え有れば憂い無し」ということだろうか。
この「備え」も水と塩と米が基本。
少食に心がければ食糧を大量に買い込む必要もなく、執着を手放す良いチャンスになると思う。その分、多くの人々に行き渡ることになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猛暑・渇水 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる