心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発に頼らなくても大丈夫な実例♪

<<   作成日時 : 2011/04/21 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マイミクのガイアの風さんの日記からご紹介させていただきます。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1709184381&owner_id=1322589
mixiが読めない方は、以下です。どうぞご覧ください。


原発はいらない、キューバのエネルギー事情 2011年04月20日14:03

マイミクの知人「猫コラム」さんのブログからです。


社会主義国キューバのちょっと興味深い取り組みについて紹介します。

-----------------------------------------------------------

1992年、キューバ・シンコフエーゴス湾に面した原子力発電所の建設がストップしました。

ソビエト連邦の全面的な協力の下、建設が進められた原子力発電所は、ソビエト連邦の崩壊とキューバの経済危機により、資金の調達が不可能となり、完成間近で白紙撤回となりました。


エネルギー政策の転換

お金不足やアメリカの経済封鎖で、石油や石炭などのエネルギー源の輸入ができない、ないない尽くしのキューバで原子力に頼らない新たなエネルギー計画が持ち上がります。

それは、地域で利用可能なバイオマス、水力、ソーラー、風力といった持続可能なエネルギー資源の開発です。


サトウキビの副産物から発電

キューバの主要産業は、サトウキビ栽培です。

サトウキビから砂糖を取り出した時、大量のガラがでます。サトウキビのガラのことをバガスと言います。

このバガスを発電に使用できないか?

近年注目されているバイオマスエネルギーの一例ですが、キューバのバガス利用状況は、郡を抜いています。

サトウキビから砂糖をとる製糖工場のほぼ100%がバガスによる発電で全エネルギーをまかない、

キューバ全体の電力エネルギーのなんと30%をまかなうまでに成長しているとのことです。

バイオマスエネルギーの占める割合がここまで高い国はキューバ以外にはないように思われます。


送電線の届かない山奥は水力、風力、ソーラー、なんでもござれ

キューバは医療大国、どんな小さな村でも診療所があり、また電気が使える状況です。

それには、無理に町から送電線をひくことをせず、水力、風力、ソーラー、とその場にある資源を有効に活用しているからです。

キューバのカストロがゲリラ戦を展開したシエラ・マエストロ山脈にある村では、キューバでは少ない山村という特徴を生かし、水力発電によって、全電力をまかなっているとのこと。

キューバでは貿易風が卓越していて、毎年一定の方向から一定量の風が吹きます。

これを利用した風力発電利用も海岸沿いの各都市では一般的なようです。

キューバの農村に行くと、農家の屋根に太陽電池が輝くのが見られます。

僻地は、太陽で発電。

電気量が天気に左右されるという不都合はあるものの、なかなか好調なようです。

自然のエネルギーは、田舎ほど効率がいいエネルギーになるようです。


薪は今でも重要な燃料源

世界のほとんどの地域では、今でも薪が貴重な燃料源です。

キューバでも、暖房、煮炊き、などなど、都市ガスが不足しがちな近年では、薪が主要な燃料源となっているようです。

日本でも近年、薪ストーブなどで薪のよさが見直されてきています。

薪ストーブ、薪での煮炊き。
風情があって環境にも優しくいいですね。

ただ一つ、現代において、薪はとても手に入れるのが難しいという問題があります。

原料となる木ですが、

キューバではおもしろい試みが行われています。

地区の住民が必要だと思えば、どこでも木を植える申請をし、許可が下りればどこでも木を植えていい。

土地所有ができない社会主義国独特の制度ですが、この制度のおかげで、町は森に包まれ、燃料の薪も至るところで生産できます。

かつて武蔵野を覆った雑木林に通じるものがありますね。


エネルギー問題は、やる気で解決できる

電力会社は危険な原子力発電所の必要性を強調しますが、代替エネルギーの問題は、一般の人が考えているより進んでいます。

石油がなくなれば原始生活に戻るという考えは、もう古い。

世界各地で新たな試みが行われています。

日本も危険な原発に頼らず、もっと自然でクリーンなエネルギー源づくりに取り組んでほしいものです。


素晴らしいですね。
日本では火力発電の運転をセーブして、その分を原発に回しているわけですから、水力と火力で今でも原発なしで十分やっていけるわけですが、国及び原発推進派の人たちの、なんとか原発を維持したい思いが強く、「計画停電」だとか節電の呼びかけ等、夏場に向けて恐怖心を煽った宣伝活動を盛んに行っています。

みんな、原発がないと停電が起こったりして、原始生活に戻るような不安があって、原発は必要と思い込まされているのです。

でも、キューバのような実例もあることですし、もっと楽観的に受け止めてみてはいかがでしょう。

大丈夫、大丈夫。
原子力に代わるクリーンエネルギーの開発は、まだ日の目を見ない状況にありますが、案外開発されているように思います。

一方的なものは何ひとつとしてないと思いますし、今回のことも大きな代償を払って国民ひとりひとりに、問いかけられていることってあると思います。だから、未曾有の非常事態からも私たちは、たくさんの気づきをいただいていると思います。

明るい未来を創造するには、
安全、安心であること、生態系を壊さないことが基本ですね。*^-^*

いつもありがとうございます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
原発に頼らなくても大丈夫な実例♪ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる