心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らなくていいの?本当のことを・・・

<<   作成日時 : 2007/07/06 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

年々地球温暖化は進み、水不足、旱魃による環境悪化は想像を絶するものがあり、地球規模で起こる食糧難はもうすぐ目の前に来ている。けれどそういうことを知らない人たちが圧倒的多数を占めているのが現実だろうか?また、知ったとしても信じたくないのか目を逸らす人も大勢いる。

これは決して脅しでも不安を煽るものでもない。真実を知らない限り誰だって問題意識を持たないし、何をどうしたらよいのか考えることすらできない。
この地球はまだまだ二者択一の世界。既に新しい世界に移行し始めているのにその残像の世界で彷徨っているかのようにも見える。滅びか栄えか。人類がそのどちらを選ぶかで地球の運命は決まる・・・

私の素晴らしい友人たちは、問題意識を持って日々行動し自分にできることから始めている。

そのひとりが、「現実を知ることから始めよう」とひとつの映像を紹介していた。
『地球を貪り食う』
解説:ポールマッカートニー

是非最後までご覧いただきたい。


また、別の友人からは

友達から「面白いよ〜 考えるきっかけになるよ〜」と
オススメいただいた本です 今日から読み始めるので
まだ私の感想はお伝えできませんが・・・(笑)


「Plan B」 レスター・ブラウン
http://www.asahi.com/sympo/kankyo/kicho.html
エコはエコでも ノミーとロジーでは大きく違いますな


地球と生きているモノ全てに優しい調和の星になることを祈りつつ.....
今日も一日 何が起きるか 楽しんじゃいましょう〜♪


と、メールをいただいた。
プランAが駄目ならそれに替わるものに方向転換しようということだが、ここでも現実をはっきりと示している。ただ、私はこの本を全部読んだわけではないのでBのプランが良いのかどうかは分からない。既に読まれた方のコメントの中に

●JT生命誌研究館
館長
中村桂子様
 初めから終わりまで一気に読みました。いつものことながら、データに基づいた分析と問題提起は、説得力があります。プランB。これしかないという気持ちが逆にこちらをBにさせたのでしょう。プランBについて、不足はリーダーシップはその通り。「そこでリーダーになれるのはアメリカしかない。」というところで、ひっかかります。意味はわかりますが、今はまったく逆を向いているアメリカはいつそうなるのでしょう。おっしゃるように時間がありません。

というのを見つけたからだ。


先ずは現実を知ること。そしてそれを受け容れることで初めて「では、どうしたらよいのか?」「どうすべきか?」対策や方法を具体的に考えられるようになる。

その一歩を先ず始めよう。
そして、足元からできることをしていこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「地球を貪り喰う」はとてもなつかしかった。あの頃、わたしはある中学校で環境問題を考えるクラブを作ろうとしていた。アースクラブって名前にしてなんと50名くらいの生徒が押しかけた。わたしたちの一番の危機意識は原発だった。生徒が説明者になって、勉強会がもたれた。冊子も作った。朝、学校の玄関ではアルミ缶と牛乳パックを集められた。生徒がせっせとアルミ缶を潰した。わたしも靴を何足も履きつぶした(?)。文化祭で牛乳パックから作った葉書が売られた。....あの映像を見ていたら、そんな時をまざまざと思い出していた。ほんとうに、人類はこの地球にほんのちょこっとお邪魔しているだけの存在なのに、こんなに地球を使い潰していいの?気楽さんも頑張っていますね。
ののはな
2007/07/07 23:12
ののはなさん、こんばんは♪

アースクラブ。素晴らしいですねぇ。ののはなさんのような先生に教えてもらった生徒さんは幸せですね。
いくつになっても記憶に残る先生というのは、生徒と共にあっていかに愛を注いでくれたか、輝いていたかでしょうか。やはり伝わるものはハートですね。
後々の人生にも先生の影響は大きいですものね。
これからも未来の大人たちのためにがんばってくださいね。*^-^*
氣楽
2007/07/08 23:08
そうですね、気楽さん!
わたしは組合活動なんかより、子どもの心に種を蒔いていく方が地道だけれど確かだと思っています。子どもが安心して暮らせる空間を創りたい。これが夢ですね。子どもには学校で駆け込み寺はなかなかないのです。
気楽さんもほんとうに素敵なブログを作っていらっしゃいます!
ののはな
2007/07/10 21:49
ののはなさん、こんばんは♪

お返事遅くなってごめんなさい。<(_ _)>
ののはなさんの夢、是非是非実現、そして拡大していってくださいね♪
子どもに駆け込み寺が必要な現状が一日も早く改善できるよう祈ります。

私のブログ、褒めてくださりありがとうございます♪光栄です。*^-^*
氣楽
2007/07/14 20:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知らなくていいの?本当のことを・・・ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる