心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「引き寄せの法則」について

<<   作成日時 : 2007/07/08 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

引き寄せの法則」について
とおこさん、こんにちは。問題提起してしてくださったのでトラックバックさせていただきますね。
引き寄せの法則。さてなんだろう?と思って検索してみたら、私も既に友人のミクシイで紹介されていた「シークレット」という映像のことだと遅ればせながら知りました。*^-^*
私がいかに情報に疎く、マイペースであるか再確認してしまいました。

友人が紹介していたものは、


これを観た時、私は「そうそう、その通りね」と全く疑問を持たなかったし、美しい映像と音楽も心地よかったし、字幕メッセージに頷きながら『多くの人が毎朝この映像に在るような気持ちで一日を始めたならばいいのにな、世の中変わっていくよね』と思ったものでした。
この映像を観る限り「引き寄せの法則」という言葉はなかったですし、そういうのには余り関心を持たないのでそれで終ってしまったのですね。

大体、私の人生の歩み方というのは(もちろんどなたもそうなのでしょうが)、自分がプログラムした通りに、体験学習し気づきを重ねて不要になったものをいかに棄ててシンプルになっていくかのゲームを楽しむことにあります。
なので、元々前以て虎の巻的なものとは縁が薄く、見逃し気味なのでしょう。勿論ガイドがまったく無いわけではなく、たとえば「苦集滅道」のように「苦はないのに苦しいのは集めたからだよ。それが嫌なら苦を滅する道を歩めばよいんだよ」というようなヒントはいくらでも受け取っています。それを現実のものとして受け取るために行動し歩んできています。

で、今回の場合調べていくと、引き寄せの法則について詳しく述べている映像もありました。
http://jimaku.in/w/_b1GKGWJbE8/ae1POlJjQMK
とても分かり易かったです。

おそらくとおこさんの疑問は払拭されるのでは?と思います。

>なんかおかしい。思考の現実化を強調しすぎている。
これは、思考(集合意識)が現象化されて今という社会を創り出しているわけですから、何を想うかで望むことを引き寄せ現実のものとすることは真実だと思いますね。

>当たり前のことだけど。
>おかしいのは種をまかずに果を もらおうとしてること。
>想念が種だとしても果とのバランスがとれていない気がする。

それはきっと、何もしないで「果」を得ようとしているについてであって、もしそうならということですね。
おっしゃるように種は想念だと思います。何を想うかが種であって、植えられた種がどう育って実るか?花を咲かせるか?は別問題です。
腑に落ちないのは、誰もが同じ「果」を得ると思い込んでしまったからではないでしょうか?

>原因があって結果があるのに。
因と果の間には縁がありますから、想念がどのような縁を結ぶかですね。どのような縁を生じるかで果報が現われます。

>欲しいものを想念で すでに手にいれたように
> 感謝で思い続けて手にいれるのって 大きい落とし穴みたいな気がする。

映像を観る限り、私にはそのように言っているとは思えないですが・・・
ただ、感じることはそのように勘違いする人もいるかもしれませんね。まだそれに沿ってやっていないのですから・・・*^-^*

私は「引き寄せの法則」という言葉は知りませんでしたが、ここで言っていることは既に知っていますから体験していますし今も進行形としてあります。
誰もがやったら分かると思いますが、想念で引き寄せるのは願望を達成させるための情報(縁)です。それを活かして結果に結び付けられるかどうかはどう行動するかですね。
現実化させるには何かしら動かなければならないでしょう 。おそらく、私の経験からすれば法則に沿っていれば努力するというのではなく、楽しんでやっているという状態にあると思います。
おっしゃるように、この三次元世界に生まれてきたということは、体験するためであり、「果」を受け取るためなのでしょう。
この「果」も、過去の結果としての「果」と、やがて来る未来の「果」を作り出すという意味がありますね。
喩え今どんな状況であっても私たちは「今ここから」新しい「果」を作り出すことができるのだと思います。

もし、「そんな馬鹿な」と思われる方にはそれに見合った「果」が、「その通りだ」と思われた方にもそれに見合った「果」が現象化するための縁が生じることでしょう。

時間が加速化している現代は、想った事が現象として現われるのも速くなっていますね。

>なんだかここに生まれた意味がないようで。
今生は、新しい「果」を創ることを最大の目的として生れて来ているのではないでしょうか?

>エネルギーってプラス マイナスゼロだよね。
ゼロ思考にも書いたように、体験からしてプラスマイナスを超えたところにはプラスのエネルギーだけのように感じます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
氣楽さん トラックバックありがとうございました。
わたしもはじめはわくわくしてみていました。そのときはなんの疑問もわきませんでした。むしろ時代だなと思ってみていました。



でもそれをやってる人を見てたらなんか違う気がして。

なんていえばいいかスピリチュアルなテクニックに頼るより一つ一つ現実を生きる。
精神世界に逃げないで生きる。そのほうがわたしには合ってるそう思ったので
もやもやした気持ちを書いたのです。
選択はそれぞれなので。わたしの場合はまだ軽くなれないのかも。しっかり3次元を、こつこつと山登りするように自分のカルマと向き合っていきます。

とおこ
2007/07/08 23:22
とおこさん、こんばんは。
>むしろ時代だなと思ってみていました。
そうですね。私もそのように感じました。

とおこさんがおっしゃりたいことは、この三次元の現実と精神世界とをバラバラにしないで、足元をしっかりということですね。
それは私も同感です。急がば回れの通り、地道にコツコツですよね。
過去のカルマもすべて受け容れ、明るい未来も同時に創っていきましょうね。
もう逃げる余裕などないのですからしっかり向き合うことが大事だと思います。私も因果はしっかり受け取っていますよ*^-^*
その上で、明るい未来を創っていきたいと思って日々過ごさせていただいています。あの映像に近い形でイメージしています。
氣楽
2007/07/09 00:37
「ザ・シークレット」の映像に示された内容は、これまでの世の中では確かに「シークレット」だったのですが、「ザ」は余計でしょうね。
最後の一厘は示されていませんから。(笑)

氣楽さんがおっしゃるように、内容的には何の問題もないようですが、結局はそれを受け取る人が「我欲(身欲)」を持てば問題が生じるように感じます。

「心」をスミキラせていれば、いわゆる平凡な生活をしていても十分なのだろうと思います。
その中に喜びが見出せますからね。

いつもありがとうございます。<(_ _)>
有我
2007/07/09 13:37
有我さん、こんにちは♪

>最後の一厘は示されていませんから。(笑)

*^-^*
はい、そのようですね。

内容的には、もう10年以上も前から言われていることですよね。ラムサも語っていましたし、「神との対話」等々を読まれている方は理解しているのではないかと思います。

それを今、こういう形で出されていることについては時代の要請に応えたものともいえると思いますが、人間は安易に流され易いので何もしないで得られると勘違いすると、危ないですね。受け取り方ひとつで結果も変わりますね。

確かに、一見問題がないように見えますが、他の映像を見ていろいろ感じるものもありました。
こういうものは作者の意図を越えてひとり歩きするものですから、生かせるかどうかも受け手側ですね。

確かに、特別なことがなくても日常の中が大事ですね。

いつもどうもありがとうございます。(^人^)感謝です♪
氣楽
2007/07/09 19:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「引き寄せの法則」について 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる