心のまま大らかに

アクセスカウンタ

zoom RSS 言霊・音霊を聴く・・・

<<   作成日時 : 2007/07/21 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
しばらくブログもお休み状態で、私の体調を気づかってくださる方から、メールやお電話等いただいていた。早い時は夜7時8時でも横になってしまうことがあって、電話はつながりにくく余計な心配をおかけしてしまいごめんなさいです。<(_ _)>

その間にも、大きな気づきをいただき、私はゆっくりペースながらお掃除を進めています。
どっち道、医師からは入院を勧められていた体なので自宅療養という意味からすれば、無理して何かをしなければならないということではなく、健康回復が第一優先の年としての位置付けである。ゆっくり焦らずマイペースの日々。むしろそういう環境を与えられていることに感謝である。

スピンが速くなればなるほど中心にいれば振り回されなくなっていく。あの独楽の心棒と同じだ。
心棒は辛抱に通じる。やがてそれは神棒となってつながっていく・・

以下、久々に書いたmixi日記より転載
読み、聴き合って2007年07月19日11:13

今朝は、珍しく体が熱っぽく寝坊してしまった。
目が覚めたら8時半。体が重たくしばらくじっと目を閉じていたが、ゆっくりベッドから抜け出して窓を開ける。

ひんやりとした清らかな氣が心地よい。
近くの保育園から元気な子どもたちのはしゃぐ声。そして野鳥たちの鳴き声。車の走る音。住民がゴミを捨てに来る音。
日常の平安な時を感じる。


あっ!
今、ミーンミンミンミーと蝉の声が聴こえてきた。初蝉だ。
静かに静かに時が流れている・・・

今朝も何通か嬉しいメールをいただいてニコニコしてしまう。

テーブルには、いつも「天の日月の神」をコピーしたA4の束。
誰に頼まれたわけでもなく、読みたいから読ませていただく。
声に出して読むのがいつのときも心地が良い。
すると、私の周りになんだかいっぱい集まってきて気持ちよさそうに聴いている気配を感じる・・・
私は、読んで聞かせるように心を込めて朗読する。
それを、私自身も一緒に聴かせてもらって、ひとつひとつの細胞に染み渡っていくのを感じていく。
なんともいえない至福の時である。

染み渡った言霊は、やがてコピーを見なくてもその時々に必要な言葉として心に浮かんでくる。それを独り言のように声にするときもある。そして頷く。

「読み聞かせ」とは、誰かに聞かせてあげるだけではなく、同時に自身も聴かせていただくことなのだと実感する。

だから、誰かに頼まれて読ませていただくのではなく、自身が聞きたいから読ませていただくことなのだと思う。
言うなれば、私にせがまれて私が私に読み聞かせているということである。
そして、私という存在の仲間たちがそれに同調して、同じ思いで聞きたいから聞きにやって来るということなのだろう。
最高の至福の時を共有し合って、私が悦びの中に居る。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お元気なご様子、なによりですね〜。
うさぎ
2007/07/21 20:15
うさぎさん、こんにちは♪

お元気でしたか?
私のほうはなんと言ったらよいか・・・
全ては成るように成るのでしょうからお任せでしょうか。*^-^*
努力だけでは超えられない領域ってあるのでしょうね。
流れるままに流れている感じです。

いやー、本当に不思議なんですよ。元気なのか元気でないのか。(笑)

梅雨が明けると猛暑とか。うさぎさんもどうぞお元気でお過ごしくださいね。(^O^)v
氣楽
2007/07/22 19:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
言霊・音霊を聴く・・・ 心のまま大らかに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる